入門機としてはかなり良いと思います。
なぜなら簡単で可愛いから!
zoom60_mod_kit_4143


AUGVAPE様よりご提供頂きました。
ありがとうございます!


■可愛いデザインの箱です。MP3プレイヤーとかそういうカジュアルな雰囲気。
zoom60_mod_kit_4141

■コピー防止スクラッチ付いてます。
zoom60_mod_kit_4142

■じゃーん。
zoom60_mod_kit_4143

■内容品はこんな感じ。アトマイザー、スペアのコイル、USBケーブル、Oリングの予備、MOD、説明書です。
zoom60_mod_kit_4145

■Oリング予備。
zoom60_mod_kit_4146

■説明書。初めて使う時はコイルに2,3滴、滴らしておいてね、とかそういう細かい指示もちゃんと書いてあります。
zoom60_mod_kit_4147

■コイルです。ごく普通のバーチカルコイル。
スピットバック防止の網が付いてますね。
初めて電子タバコ吸う人はスピットバック、嫌だもんね。
zoom60_mod_kit_4148

■コイルは1.5オームと0.8オーム。こっちは1.5オームですね。
20Wから40Wで使いましょう。
zoom60_mod_kit_4149

■Zoom Atomizerです。背が低くて可愛いです。
zoom60_mod_kit_4151

■エアホール、2*11ミリぐらい。これが2発あいてます。
無段階調節です。全開なら普通にスカスカっすね。
zoom60_mod_kit_4152

■バラしました。
zoom60_mod_kit_4155

■おしり。
zoom60_mod_kit_4156

■リキチャはトップから。
zoom60_mod_kit_4157

■さて、MODです。いろんなカラバリあるんですがコレはBlack&Whiteです。
zoom60_mod_kit_4158

■USBポート。
zoom60_mod_kit_4159

■ベントホール。
zoom60_mod_kit_4160

■ZOOMのロゴデザインは意見別れると思うけど、攻めの姿勢でポップさを取りに行ってる感じは良いと思います。
zoom60_mod_kit_4161

■510スプリング接続。
zoom60_mod_kit_4162

■ロックのON/OFFは3クリック。個人的には5クリックより3クリックのほうが好きです。
ディスプレイの下にあるのがマイナスボタン、メニューボタン、プラスボタン。
右側の「8」のロゴが入ったでっかいボタンがファイアボタンです。
zoom60_mod_kit_4163

■ビギナーモード。4.3ボルト固定で、ファイアとメニュー以外の操作ができなくなってます。
超簡単。超素敵。このMODで一番感動したポイントです。
zoom60_mod_kit_4181

■メニューに入ってマスターモード→Yesを選択すると、VV、VW、TCその他もろもろのメニューが解放されます。
zoom60_mod_kit_4186

■ビギナーモードに戻したいときはメニューボタンを押し、セッティングから、
zoom60_mod_kit_4187

■ビギナーモードを選択し
zoom60_mod_kit_4188

■Yesを選択するとビギナーモードに戻ります。
zoom60_mod_kit_4189

■ちっちゃいですね。内蔵電池式はこの小ささがたまりません。
背丈はちょうど一緒ぐらい。電池のフタのぶんだけiPicoのほうが背が高いです。
zoom60_mod_kit_4190

■厚みは一緒ぐらい。
zoom60_mod_kit_4191

■奥行きがだいぶ小さいですね。
zoom60_mod_kit_4192


■Zoom Tankについて
背が低くて可愛いです。トップキャップ一体型のドリチは内径が510になってるので、あそこにさらに手持ちのドリチを付けることができます。
とくに大きな特徴の無いタンクなんですが、
・コイルにスピットバック緩和の網が付いてる
・抵抗値は1.5オームと0.8オームと高め
・シンプルな構造
などなど初心者向けの配慮が感じられます。

■Zoom 60 Modについて
ビギナーモード、これがすごいです。
このモードのときには
・ファイア
・メニュー
以外の挙動ができなくなります。
最初に電子タバコ買ったときって色々なメニューがあって、ブ厚い説明書にもうんざりしますよね。
ZOOM60ならそういう煩雑さが無いので、マジ初心者には良いと思います。
リビルドするようになったらVVとVWでいろいろ試せます。

マスターモードになると液晶の明るさなどコンフィグも充実。
動作モードに「Resistance meter」が追加されるのも面白いですね。
このモードのときは液晶にアトマの抵抗値が表示され、ファイアボタンを押す度に抵抗値を再測定するようになります。もちろん実際にファイアは出来ない状態です。
リビルド始めたばかりの人はオームメーター持ってないかもしれないから機能として付けとこうっていう親切心ですかね。
「初めてvapeに触れる人がリビルドやVWに興味を持つまで、僕を使ってね」
プロダクトとしてコンセプトが明確ですね。こういうものづくりの姿勢すごく良いですね。
AUGVAPEのプロダクトは「作りてがやろうしてることがメッセージとして伝わる、わかりやすい」っていう点が好きです。
「Information」メニューの下にはアトマを載せ替えた回数とか、これまでに消費した熱量(ジュール)の累計など色々なカウンターが付いてて、ちょっと面白いです。

このMODは何よりデザインが秀逸です。
常々申し上げておりますが、怪しくないこと。ゴツくないこと。
vape好きな人にとってはアウトロー感とかメカ感とか重要だと思うんすけど、これからって人には親しみやすいデザインってめっちゃ重要だと思います。
僕はSSチューブ好きなんですけどね。

カラバリが豊富です。ティファニーブルーとかブラック&ホワイトとか、ポップなカラーリング。
表面処理もテカテカじゃなくてちょっとマットな質感で可愛いです。
 
液晶のフォントが独特です。部分的に四角いフォントなんだけどガワのデザインに合わせてあるんかなぁ。可愛いです。最初見づらいんですけどね。
 
「ZOOM」のロゴも可愛いし、ファイアボタンも大きくて押しやすいです。
ただ、BOXMODって細い方の面にファイアボタンが有るスタイルがメジャーなので、違和感ある人はあるかも。
NUGGET的なフォルムですが角が丸くなっているだけではなく、狭い方の側面にややアールがついており、手触りが優しくなっています。
ロックのON/OFFが3クリックなのも煩雑じゃなくて好きです。
メニューボタンの有無は賛否両論ありますがあの多すぎるオプションの操作とユーザビリティの両立を考えると正解だと思います。
バッテリー容量は1300mahとやや少なめですが、たとえば会社のデスクなどUSB充電できる環境での使用がいいと思います。
ビルトインバッテリーの場合はこういう時、つらいですね。

基本操作は+-で選択、メニューボタンで決定、メニューボタン長押しでキャンセル。
あと実はコレ、ショートカットキーが用意されてるんです。
メニューボタンを長押しすることで+-ボタンを使わずにモード切り替えができます。

USBポートが側面にあるので、立てた状態で充電可能。
放置してると自動的にロックがかかります。 
こういう細かい部分でUXへの配慮を感じます。

なんか褒め過ぎですね。
悪い部分もあります。結構あります。
どうも温度管理がダメです。Flavor をSoftにしても最初にガッと温度が上がるので熱っついんですよね。
iPicoもそうなんですけど、なんとかならんかなぁこれ。
なので温度管理は無いものと考えたほうがいいと思います。
ビルトインバッテリーで容量が1300mahってのは心許ないですね。
あ!あと、見た目よりは重いです。って言っても155グラムですけど。

まとめると、
・初めてvapeに触れる人。とくに難しいのが嫌な人。
・可愛いもの好きな人。
にはオススメです。

最後に言わせてください。
可愛いは正義!


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします! 

仕入れ等についてはally@augvape.comまでご連絡をー。