黄色と黒は勇気のしるし、って言うよねー。
coilart_mage_gta_4586

 


CoilART様よりご提供いただきました。
ありがとうございます!

ご提供いただきましたっていうか、無言で送られてきました。
このCoilART社の窓口の人がですね、ゴリッゴリの営業で。
目的達成のためには何だってやるぜ、っていうタイプなんですよね。
諦めない心とかハードな交渉力とか。部下に欲しい。


■開けまーす。
coilart_mage_gta_4585

■中身はこんなかんじ。vapeリングの色はランダムらしい。
coilart_mage_gta_4590

■説明書。
coilart_mage_gta_4591

■青と赤のOリングはオシャレ用ですね。デフォで黒のリングが付いてます。
今日は人とか顔とかできなかったので花です。
coilart_mage_gta_4592

■24ミリですー。
coilart_mage_gta_4593

■エアホールコントロールは無段階。全閉全開で止まります。
硬すぎずユルすぎず。精度良いです。
coilart_mage_gta_4594

■バラします。
coilart_mage_gta_4595

■トップキャップ一体型ドリチ。タンク部分にスレッドで固定します。
coilart_mage_gta_4596

■裏から見たところ。
coilart_mage_gta_4597

■タンク部分です。チャンバーとトップパーツ一体型です。
coilart_mage_gta_4598

■裏から。良いテーパーですね。
coilart_mage_gta_4599

■デッキ。エアホールの出口、デカめですね。
coilart_mage_gta_4600

■視点を変えて。イモネジのお尻と壁でワイヤーを挟んで固定する方式ですね。
ワイヤー固定位置をこう、互い違いにしてることでワイヤーの足を曲げて調整しなくて済むようになってます。
同時にイモネジの頭が出るスペースに余裕があり、より太いワイヤーに対応出来るようになってます。
coilart_mage_gta_4601

■真横から。
coilart_mage_gta_4603

■上から。
coilart_mage_gta_4602

■おしり。
coilart_mage_gta_4604


■いまだかつて無いほど自己主張の強いポジティブピン。
coilart_mage_gta_4605

■クラプトン一発でモクっといきます。
coilart_mage_gta_4607

■GTAなのでウィック多めでいきます。
今回はこの量で漏れてないです!
チャンバーをセットするときはウィックをリキッドで濡らしてから。
ウィックホールにきちんと収めてからチャンバー締めないと、コットンがスレッドに巻き込まれてギャーってなります。
coilart_mage_gta_4608

■ガラスチューブにOリング貼り付いてます。
これをゆっくりやさしく剥がして、デッキパーツ、トップパーツそれぞれの溝にセットします。
coilart_mage_gta_4609

■24ミリです。背が高すぎないので収まりいいですね。
coilart_mage_gta_4611

■ひょっとして…と思ってMAGE RTAのドリチを付けてみるじゃん?ほら、付くじゃん?
てことは510の手持ちのドリチ使えるじゃん?
付けちゃえばよかったのに…と思ったけどそういう事じゃないんだろうね。うん。
coilart_mage_gta_4618


ある日突然サンプルが届くスタイル。

全体的に加工精度良いですね。
ドリチは独自形状で、交換不可です。思い切ったなぁ、って感じ。 
Oリングデフォ入れて3色つけてくるのはデザインを軽んじないCoilartらしさ。

デッキ形状が面白いですね。
コイルスペースも広いしワイヤー固定もやりやすいです。
コイルの足を曲げる処理を省けるのはGoodですよね。
一方で余った足をうまくツラでカットしないとチャンバーに接触してショートする可能性があります。
サペミニもそうでしたけどね。
というわけなのでビルド難易度はまぁまぁ。

ワイヤー固定部分は3ミリまでひらく。ゴツいっすね。
エアホール出口は5ミリ弱なので、タイトドローでじんわり味重視みたいな思想では無い。
しっかりしたミスト量で味を楽しむものだと思う。

ウィックホール4ミリぐらいあるので、やっぱ大きめコイルかなっていう印象。
なので内径3.5ミリでクラプトン巻いてみました。 

タンク容量は3mlなので、クラプトンでパカパカチェーンしてると、結構あっという間です。 

エアホールは10*1ミリぐらいのが3発。無段階。回りっぱなしにはならず、全閉全開で止まる構造。
ポジピンは、いまだかつて無いほどガッツリ出てる。ハイブリッドいけますね。24ミリのハイブリッド接続チューブ持ってればって前提がアレですけども。 

吸ってみると、たっぷりミストでブワッとリッチな味わい。
SirenよりはRDTA寄りの味わいでした。
漏れやすそうな構造ですが、コットンの量さえ間違えなければ漏れません。(当たり前だけど)
画像のウィック量で組んで、3日ほど放置しましたが漏れませんでした。

エアフローコントロールリングも軽すぎず重すぎず、気持ち良く回ります。

交換不可能なドリチ、太いです。
チムニーの内径が6ミリぐらい。そこからテーパーで10ミリぐらいに広がってるすり鉢タイプなんだけど、外径が無駄にデカい気がするんだよね。一番細くなってる所で11ミリありますね。

たっぷりミストで濃厚おいしい!系が好きな人はいいんじゃないでしょうか。


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!