人それぞれ、いろんなニーがあったっていい。

Sourcemore様からご提供いただきました。
ありがとうございます!

■オサレなパッケージ。開けまーす!
asmodus-anani-mtl-rta-22_001227

■裏面にコピー防止のやつ。
asmodus-anani-mtl-rta-22_001247

■中身はこんな感じ。RTA本体とマニュアル、付属品袋。
asmodus-anani-mtl-rta-22_001949

■マニュアルは英語。
asmodus-anani-mtl-rta-22_002022

■付属品。プラスドライバー、Oリングの予備、ワイヤー固定ネジの予備、鬼コイル。
asmodus-anani-mtl-rta-22_002349

■今回は抵抗値高めの鬼コイルです。
asmodus-anani-mtl-rta-22_002530

■綺麗なスペースド。
asmodus-anani-mtl-rta-22_002711

■じゃん。ウルテムウルテムしてる。
asmodus-anani-mtl-rta-22_003231

■立ち姿。金属パーツのところが少し張り出してるのです。
asmodus-anani-mtl-rta-22_003159

■バラしました。
asmodus-anani-mtl-rta-22_003626

■ドリチ。内径は細め。ストレート。
asmodus-anani-mtl-rta-22_003653

■510です。
asmodus-anani-mtl-rta-22_003714

■キャップ。510ドリチが刺さるようになってます。
asmodus-anani-mtl-rta-22_003749

■裏側。このパーツがチムニー上部とスレッドで接続します。リキチャのときはこのパーツを外す感じ。
asmodus-anani-mtl-rta-22_003805

■タンク。外側だけヌルテカなウルテムです。
asmodus-anani-mtl-rta-22_003829

■斜めの穴が3本、通ってます。これリキチャ穴です。なんで斜めになってるのか。強度的な工夫なのか、単にオシャレぶってるだけなのか。
asmodus-anani-mtl-rta-22_003954

■こうするとわかりやすいですかね。3つのリキチャ穴。
asmodus-anani-mtl-rta-22_004037

■チャンバー&チムニーパーツ。上部のスレッドがタンク部分と接続します。
なので、タンク内にリキッド残ってる状態でもデッキにアクセス可能。
asmodus-anani-mtl-rta-22_004415

■裏側。
asmodus-anani-mtl-rta-22_004448

■さてさて、デッキ。
センターボトムのシングルコア。
そして底部外周に吸気口が1発というシンプルな構成。
asmodus-anani-mtl-rta-22_004706

■センターボトムのエアフローディフューザーはスレッドで外れます。が、外さないほうがいいと思う。
asmodus-anani-mtl-rta-24_175001

■上から覗き込むとこんな感じ。
ウィック足を収めるスペースの底にジュースホールが2連で設けられています。
asmodus-anani-mtl-rta-22_004758

■デッキの外周が少しすり鉢状になってるの、伝わりますでしょうか。
2本のOリングに挟まれた部分です。っていうかタンクの底になる部分。
ここがすり鉢状になってることで、タンク内のリキッドが無駄なく最後まで消費される、っていう事なんだろうと思います。
正直なところ、旧来の構造とそう差は無いと思う。GTAみたいにちょっとデッキの位置が高いので、供給過多とか漏れとかに強い……かもしれない。
asmodus-anani-mtl-rta-22_004840

■この角度のほうが分かりやすいですかね。すり鉢状。
asmodus-anani-mtl-rta-22_004955

■このアトマの最大の弱点、ワイヤーホール。
太いワイヤーであれば、この形が活きてくるんだけど、細いワイヤーだと足が逃げるんです。
asmodus-anani-mtl-rta-22_005127

■おしり。ポジピンは見た感じ圧入っぽいし中がどういう構造になってるのか分からんので、メカには乗せたくない所存。
asmodus-anani-mtl-rta-22_010106

■突出もそんな無いです。
asmodus-anani-mtl-rta-22_010123

■プリメイドの鬼コイル。1.24Ω。
asmodus-anani-mtl-rta-22_010026

■ウィック足は梳かずにモフらせて詰めていく感じ。
asmodus-anani-mtl-rta-22_012146

■組み上げてドリチ部分をひねると、こう外れるので、
asmodus-anani-mtl-rta-22_012545

■こんな感じでリキチャ。
asmodus-anani-mtl-rta-22_012447

■見た目ゴツいのでBOXに合います。
asmodus-anani-mtl-rta-22_012912

■アトマがちょっと重いので、軽いMODに合わせてみました。
asmodus-anani-mtl-rta-24_171450


[asMODus Anani MTL RTA の仕様]
タンク部の外径は24mm。
金属部分の最大径が25.5mmほどあります。
高さ:37.5mm(コンタクト除く)
ドリチ内径:2.6mm
チムニー内径:1.9mm
チャンバー内径:13mm

カラバリは Black / Gold / SS Blasting / SS Brushed の4種類。
個人的にはGoldが一番いいかな。
手元にあるのはBlastingのほうだと思う。多分。

名前がちょっとエッチだなと感じた人は心が綺麗じゃないか、もしくは直腸が綺麗な人だと思います。

見た目がそこはかとなくハイエンド感あるんですが、提供元のSourcemoreでは$17.90(レビュー時点での値段)と、けっこうお安め。
全体的にゴツっとしたデザインもアスモ的でいい感じです。
なんか微妙に重いのはちょっと気になりました。

asMODus公式サイトの説明によると、ニコチンソルトを意識して作ったとのこと。
ポジピンが圧入っぽいのが気にはなったんですが、これも公式によるとレギュレーテッドMOD前提って書いてあったからそういう事なんだと思う。
ある程度、使われるシーンを絞って設計した感じっすよね。
金属部分のパーツがちょっと張り出してて最大外径が25.5mm(実測)ぐらいになってるんだけど、デザイン的にアクセントになってて僕は好き。
パタンと倒した時にタンク部分が机の面に当たらないってのもメリットだと思うし。
ステルスMOD愛用者は、この張り出した部分にご注意ください。

構造的には一般的なボトムエアフローなんですが、リングによるエアフローコントロールが無いです。
こういう男前な設計、良いと思います。

ビルド、けっこう面倒でした。
デッキの形としてはスタンダードなんだけど、ワイヤーホールの構造がイケてなくて、細いワイヤーだとワイヤー足が逃げてっちゃうんですよね。
ワイヤーホールの大きさに対して、ネジのお尻がキューティーハニーかよ!ってぐらい小さいんすよ。

なので、ワイヤー足が逃げないように指で抑えつつネジを締め込んでいく感じ。
28ゲージぐらいならネジの頭にU字に絡ませてもいいかもしれんけど、ワイヤー挟むには微妙にネジの頭が小さいんすよね……。

エアフローディフューザーが付いてる状態でも重すぎないMTL。
リアタバより少し軽い感じ。
チューチューのMTLが好き!っていう人は、やや軽く感じると思う。
ディフューザーを外してみたんだけど、そんなに大きくは変わらない。
あとディフューザー外すと伝い漏れ耐性が激減するのでお勧めしません。
元に戻すの超めんどくさいし。

で、味はもう、美味しいですよそりゃ。
エバポレーション部が狭くてチムニーが細いっていう定番の感じです。

欲を言えば22mmバージョンが欲しかったなって。
まぁでもテクで22mmしか乗らないようなMODなんて最近あんまり無いからいっか。
いや、やっぱ古いMODでも楽しみたいですよね。Two Subとかさ。
そんなこと無いか。どうだろう。
あ、iPicoがあるか。やっぱ22mm欲しいすね。

コンセプトがはっきりしてるし、デザインも素敵だし、構造的にユニークな部分もあってさ。
なんていうか、主張とか個性がきちんと有る感じ。
見た目が良いしさ。
運用の幅は狭いし、ビルドしづらいんだけど、個人的にはこういうの嫌いじゃないです。
っていうかむしろ大スキピオ。

そんな感じでーす!

商品ページは→こちら
[asMODus ANANI MTL RTA]
asmodus-anani-mtl-rta-24_171450



その他のasMODus製品のレビューは→こちら!


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!