シェイプは抜群に素敵。

AUGVAPE様よりご提供いただきました。
ありがとうございます!

■あけまーす。
augvape-aio-031

■コピー防止スクラッチ。
augvape-aio-033

■じゃん。AIO本体とUSBケーブル、コイルが2つ。そして説明書。
augvape-aio-034

■コイル。同じものが2つ付いてます。
augvape-aio-038

■お尻に穴がないタイプ。
augvape-aio-039

■0.6Ωです。
augvape-aio-042

■ジュースホールは2発。コットン露出してる位置がちょっとズラされてるんですが、供給バランスを考えてわざとやってるんだと思う。
augvape-aio-043

■編んでないタイプのメッシュコイル。
augvape-aio-041

■さて本体。パールホワイトで可愛いのです。
板ずりした後の角が丸くなったオクラみたいな形。
augvape-aio-044

■銀色部分がエアフローコントロール。エアフローは全開全閉で止まるタイプの無断階。
その下に縦長の窓。リキッド残量がわかるようになってます。
augvape-aio-045

■背中にUSBポートとLEDの小さな穴。
augvape-aio-046

■おしり。
augvape-aio-049

■ファイアボタンはダイヤ型。
augvape-aio-050

■ドリチは510。
augvape-aio-052

■なので、手持ちの510ドリチと交換可能です。
augvape-aio-063

■銀色部分を回すと外れます。
augvape-aio-051

■外れた銀色パーツにコイルを付けるとこういう感じ。
augvape-aio-054

■MOD側。分かりやすいようにタンクにティッシュを詰めました。
窓の真ん中あたりに黒い線、これがリキッド入れる時のMAXラインです。これを超えてリキッド入れると、コイルを収めた時に溢れます。
窓の下端にも黒い線があります。これがMINライン。リキッドの水面がここを下回ったら、リキッドチャージしてねって意味です。
augvape-aio-057

■タンクの底に接点が見えます。ここにリキッドをドバドバ入れるのは最初抵抗があると思いますが、
augvape-aio-056

■ドバドバ入れます。MAXの線を超えないように。
augvape-aio-058

■サイズ感こんな感じ。
augvape-aio-060

[AUGVAPE AIO の仕様]
サイズ:117.5*24.5mm
タンク容量:2.0ml
抵抗値範囲:0.2Ωを超えるもの
出力ワッテージ:30W
電圧範囲:3.3-4.2V
待機電流:10μA未満
材質:亜鉛合金
充電時間:3時間以下
バッテリー容量:1500mAh
重量:112.5g
USB:DC / 5V
カットオフ:5秒
LED:赤/青
プロテクション:過放電保護・アトマイザー短絡保護・過電流保護

使い方はAIOらしくシンプル。5クリックでON/OFF、ファイアボタンを押しながら吸うだけ。
コイルのインストールはたまに見るぶら下げ式ですね。
使う前にコイルに直接、数滴リキッドを垂らすとイガらずハッピー。
細身にしては1500mAhと多めのバッテリー容量。
タンク容量は2mlと少なめだけどAIOってそういうもの。
トップ吸気のぶら下げ式なので放置している間にエアホールからリキッドダダ漏れ、という事故がないのは良いところです。

金属ボディですがパールホワイトの塗装が柔らかな質感をかもしだしていて優しい印象。
やや長めのドリップチップは咥え心地グッドです。
胴太シェイプなので握った時にしっくりきますね。
ファイアボタンもちょうどいい位置に来てます。
ボタンの押し心地は浅め。しっかりしたクリック感のあるタイプじゃなくてソフトな感じ。押し方によって通電しない、みたいな安っぽさは無いです。
LEDがUSBポートの下に付いていて、ファイアボタンがビカビカしないのは個人的にはプラスポイント。
多くのAIOがそうであるようにMODとタンクが一体になってるので、メンテ時はアルコールで拭くぐらいですね。じゃぶじゃぶ水洗いはできないです。

味はですね、基本おいしい。
0.6Ωであのメッシュは良いバランスなんだと思う。
変なコットン臭もなく一発目からちゃんと美味しいです。

チェーンしてるとタンク部分からファイアボタンあたりがほんのり熱くなるが支障は無い程度。
ただし、チェーン時のミスト温度はけっこう高く、こちらはちょっと気になりました。ややイガり気味っぽい味になってくるんすよね。
見た感じ、コイルの表面積少なそうでしたもんね。
立ち上がりが若干「良すぎる」ような印象です。
ミスト量はそこそこ。多くも少なくもないです。

あと、数時間放置でジュルジュルになっちゃいましたね。逆さにして振るとか、ドリップチップにティッシュ当ててエアホールから息を吹き込むとかすれば解消できますが、うーん。
ぶら下げコイルってこの現象、起きやすいですよね。

POD SYSTEMがこれだけ流行ってる中でこのAIOを買う積極的な理由ってのはデザインとランニングコストぐらいじゃないでしょうか。
デザインと持ち心地、サイズ感は絶妙ですよ。

そんな感じでーす!

公式サイトは→
コチラ!
[AUGVAPE]

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!