個人的にトップ吸気が好きなんです。

Augvape様よりご提供いただきました。
ありがとうございます!

■もうおなじみの筒パッケージ。
augvape-intake-rta_000302

■あけまーす!
augvape-intake-rta_000327

■中身こんな感じ。RTA本体にストレートタイプのガラスチューブ、付属品袋、工具。
augvape-intake-rta_000428

■付属品袋の中身はこんな感じ。Oリングの予備に付け替え用のドリチ、510ドリチ用のアダプタ。
augvape-intake-rta_000539

■付け替えのドリチです。樹脂製。
外径18,5ミリ、内径7.4ミリから14.5ミリぐらいにテーパーで拡がってます。
augvape-intake-rta_000716

■510ドリチを使うときのアダプタ。
augvape-intake-rta_000729

■こんな感じで、手持ちのドリチを510から810に変換するためだけのもの。
augvape-intake-rta_000816

■さてRTA本体。ボディ部マットブラック、デフォルトのドリチはキレイな青のマーブルレジン。
augvape-intake-rta_000901

■エアホールここ、トップ部に開いてます。
ウィッキングしくじっても、立てている限りは漏れません。
augvape-intake-rta_000936

■ストレートタイプのガラスチューブに付け替えるとこんな感じ。
augvape-intake-rta_001133

■バラしました。ガラスチューブが写ってないのは単純にミスですすいません。
augvape-intake-rta_001250

■デフォルトのドリチ。キレイ。
かなり背が低くて露出してる部分の高さは5ミリ。
augvape-intake-rta_001304

■810です。
augvape-intake-rta_001453

■トップキャップ。
augvape-intake-rta_001515

■裏はこう。きっちりシーリングされてます。
augvape-intake-rta_001526

■内側に2箇所、凸が有りますね。
augvape-intake-rta_001646

■トップパーツ&チャンバー。
チムニーの上端に切り欠きがあって、キャップの凸がここに噛み合うようになってます。
トップ吸気構造の都合で一体型になってます。
augvape-intake-rta_001704

■逆さにするとこんな感じ。
augvape-intake-rta_001719

■真ん中の穴がチムニー、両脇にある穴がエアの通り道です。
天井部分は平らになってます。
内側の銀色の部分全体が、独立して回るようになってます。
これによってデッキのパイプとの接続がうまくいくようになってるんですが、詳細は後述。
augvape-intake-rta_001759

■デッキ。煙突みたいな2本の筒がエアの通り道。
augvape-intake-rta_001858

■真上から見るとこんな感じ。デカめのボトムエアフローですね。
ウィックホールもまぁまぁデカめ。
augvape-intake-rta_001912

■ワイヤー固定部分こんな感じ。ワイヤーホールの外側が少し壁になってて、ネジを締め込んだときにコイル足が逃げにくいようになってます。
augvape-intake-rta_001939

■ジュースホールはガツっと大きく開いてます。
augvape-intake-rta_002009

■ポスト間は6.7ミリ。
augvape-intake-rta_002323

■おしり。ポジピンは調整不可。
ネジ山が無いですね。圧入ですよね多分。
augvape-intake-rta_002051

■突出具合は十分っすね。
augvape-intake-rta_002152

■エアホールがデカめなので脳死でヒューズドクラプトン。
これで0.48Ωでした。
augvape-intake-rta_003316

■リキチャはここから。
augvape-intake-rta_005348

URUSと。
augvape-intake-rta_005520

■まぁまぁ背の高いアトマなのでMODもややデカめが似合うと思います。
augvape-intake-rta_005542

高さはコンタクト抜いて45ミリ。
黒い方のドリチに付け替えると1ミリ長くなって46ミリ。
外径24ミリ。胴太のガラスチューブを使うと太い部分で27ミリです。

トップから吸気したエアはチャンバーの天井に開いた穴からデッキの煙突っぽい筒を通り、デッキボトムのデカいエアホールからゴーっと吹き出す構造です。

ヒューズドクラプトン3ミリ内径と、コイルボリューム大きめにしたこともあってドロー感はやや抵抗ありな感じでした。
スッカスカじゃない感じ。個人的に好きな塩梅です。

デッキとチャンバーはスレッド固定。で、デッキの煙突とチャンバー天井の穴がどうやってピタっと合うのか不思議だったんです。
いじくり回してるうちに気づいたんですが、チャンバーの天井部分が独立して回るようになってるんすね。
で、デッキのスレッドとチャンバーのスレッドが噛み合う前に、チャンバーの天井の穴とデッキのパイプがパコっとハマるんです。
何も考えずに普通に回し入れてると、まず穴とパイプがハマる、次にスレッドが噛み合う。
このときチャンバーの天井はパイプとつながった状態で空回りしつつスレッドが締まっていく、という構造なんですね。
なるほどうまいこと考えられてます。

トップキャップは切り欠きの位置をあわせて時計回りに回すと90度で止まって閉まる、という仕組み。
外すときは逆に反時計回りに回すと90度で止まって開きます。
CthulhuのRTAみたいな回りっぱなしのタイプとの使用上の差異はそれほど無いでしょう。
強いて言えば好みの問題っすね。

構造的に、リキッド残った状態でデッキ外すことは不可能では無いですが、トップキャップが軽い力で回っちゃうのであんまり現実的じゃないですね。

チムニーも太めだし、発生したミストをボトムからのエアで根こそぎさらって、そのまま口に、という至って素直な味わい。つまり美味しいです。
何も足さない、何も引かない的な。
ミスト量も多めです。
24ゲージの単線でも組んでみましたが、こちらも美味でした。
エアホールデカいですが、余った部分はコットンで塞がるのであんまり不都合無いようですね。

ウィックホールはデカめの貫通型。
あまり梳かずにほぐしてやる程度でいいと思います。

トップ吸気なので立てている限りは決して漏れません。
ジュルったりはするかもしれないけど。

よしんばジュルれど、漏れぬ。
この安心感がたまりません。トップ吸気バンザイ。

そんな感じでーす!

メーカーからご提供いただいたので公式ページのリンクを貼りたいんですが、公式サイトがクラックされてるらしいので貼りません!

その他のAUGVAPE製品のレビューは→コチラ
にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!