久々のメカスコです。

AUGVAPE様よりご提供いただきました。
ありがとうございます!

■あけまーす!
augvape-massmods-s2-mod-08_081503

■中身はMOD本体とワランティーカード。
augvape-massmods-s2-mod-08_084613

■こちらの面にはMASS MODSのロゴが。
augvape-massmods-s2-mod-08_084634

■反対側にはスコンクするための窓。この窓の形とかも全体のデザインに合わせられててオシャレ。
augvape-massmods-s2-mod-08_084650

■トップ。コンタクトは510スプリングローデッド。Oリングが仕込まれているので、リキッドでベッチャベチャになるのが軽減されます。あとアトマのおしりに傷がつきにくいと思う。
augvape-massmods-s2-mod-08_084724

■ファイアボタンはこんな感じ。
augvape-massmods-s2-mod-08_084804

■背中にはAugvapeのロゴ。
augvape-massmods-s2-mod-08_084832

■パネルは両面外れます。
augvape-massmods-s2-mod-08_084940

■アルミ製。そこそこ厚みがあって、重量もそれなりに。
augvape-massmods-s2-mod-08_085002

■裏面。マグネット式です。
augvape-massmods-s2-mod-08_085016

■中身を見ていきましょう。
augvape-massmods-s2-mod-08_085100

■下部には基盤が。基盤の裏面にMOSFETが仕込まれてるぽいです。
augvape-massmods-s2-mod-08_085108

■こんな感じ。ファイアボタンから伸びる青いリードは基盤のほうに行ってます。
augvape-massmods-s2-mod-08_085119

■裏から見るとこんな感じ。電池の向き、分かりやすくなってます。
augvape-massmods-s2-mod-08_085130

■コンタクトもファイアボタンもスパナで外せそうなんですが、
augvape-massmods-s2-mod-08_085224

■基盤が外せなさそう。万一やらかした時とか自分で交換できると良いんですけどね。ちょっと改造すればできそうだけど、そのへんは自己責任って事になっちゃいますからね。ムムム。
augvape-massmods-s2-mod-08_085435

■ボトル。上部が受け皿みたいになってます。
augvape-massmods-s2-mod-08_085523

■バラすとこんな感じ。
augvape-massmods-s2-mod-08_085604

■リキチャするよん。
augvape-massmods-s2-mod-08_094539

■バッテリーのハウジングがけっこうシビアなので、こういう風にテープ巻くとかリボン挟むとかしないと取り出しづらいのです。
augvape-massmods-s2-mod-08_090143

■AUGVAPEのTemplar RDA。ちょっと似合いますね。なんだろう。段差が良いのかな。それで言うとMASS MODS のAxial RDAを乗せたい所存。持ってないけど。
augvape-massmods-s2-mod-08_090258

■Recurve。黒金はハデで良いっすよね。
augvape-massmods-s2-mod-08_090429

■黒だと締まりますね。
augvape-massmods-s2-mod-08_090637

■独特だけどいやらしくないシェイプ。
augvape-massmods-s2-mod-08_090648

Passage。ドリチだけ白とかも良いかも。
augvape-massmods-s2-mod-08_091138

※メカニカルMODは十分な知識のもと自己責任で楽しみましょう。

[AUGVAPE ✕ MASS MODS S2 squonk mod の仕様]
サイズ:80 * 50 * 27mm
重量:113g(サイドパネルなしだと62g)
リキッド容量:8.5ml
バッテリー:18650シングル

MASS MODSとのコラボモデル。
もともとMASS MODSが作ってたCS1っていうハイエンドのメカスコがあって、そのデザインを踏襲してAUGVAPEが量産、ってことらしいです。
量産することで価格も大幅に抑えられています。

元になったMASS MODSのCS1は、LEDが付いてたりとかいろいろ違うところあるんですが、お値段$200。ちょっと買えない値段ですよね。
一方、今回のS2はざっと見たところ国内で6千円前後。
この値段でこのクオリティなら、コスパ高いと思います。
ロックは付いてないので、持ち歩くときはバッテリーを外しましょう。

艶消しの質感、対角線に設けられたシェイプがオシャレです。
ファイアボタンのヘアライン加工も綺麗。

ボディがプラでサイドカバーが金属製なのに、パット見の質感はけっこうマッチしてて良いなと思いました。
個人的にはサイドカバーもプラで良かったのに……と思いますが、そこはそれ、この製品のコンセプトですよって事だと思います。

いや、やっぱプラ製のカバー売って欲しいっすね。
そのほうが軽いしさ。

口金部分にOリングが仕込まれてるのはめっちゃ良いっすね。
アトマのおしりがリキッドまみれになるのも軽減されるし、傷もつきにくくなると思う。

サイドカバーにある程度厚みがあるので、ちょっとだけハメづらいですね。
慣れれば平気なんだけど。
内側の角を、ほんの少し丸めてあげれば楽に着脱できそうな気がしますけど、そこまで求めるのは酷ですかね。
ボディとサイドカバーはそこそこ良いクリアランスでカタつかずぴたっとハマるんですが、多少の隙間は有る模様。

ファイアボタンはストロークの少ないプチプチした押し心地。

全バラシしてメンテナンスってのが簡単に出来ないのは悩ましいところ。
かといってレギュレーテッドでもないし、なんならロックも無い。
ドルスコは徹底的にメンテナンスできたんですけどね。

バッテリーケースに余裕が無くて、電池によっては入らないんじゃない?という疑惑が出てますが、手持ちのSony、Samsungは問題無かったです。
取り出すときはちょっと苦労しました。ドルスコは掌にトントンと当てると電池が出てきてくれたんですが、S1はピッタリなので、リボンかテープ必須。っていうか最初からリボンつけといて欲しい。

あとバッテリー残量を知らせてくれるLEDとかも無いので、ミストの出方が弱くなったなと感じたらバッテリー交換。
使いすぎると過放電でバッテリー再起不能なのでご注意ください。

で、

プロテクションが付いてるかどうかがネックになると思うんですけどね。

This Mod is unregulated with no limit on what it will fire(similar to a mechanical). 

このMODは制限無しのアンレギュレーテッド(メカニカルっぽいやつ)だよ。

Please use Ohms Law to safely build depending on your batteries capabilities. 

オームの法則を理解して、バッテリーのキャパに応じた安全なビルドで使ってね。

って書かれてることから察するにプロテクションは付いてないんじゃないだろうか。
AUGVAPEにメールで確認したら「逆差し保護とか短絡保護とか付いてるよ!」とのことでした。
でも、ためしにバッテリー逆指ししたら通電しっぱなし(MOSFETの挙動としては正常)になったし、ホントかなぁっていう気がしてます。
他のレビューを見ると短絡保護は付いてる、とのことでしたが、MASS MODSの公式ページには記述無いので、ここではハッキリとは書けないです。(スミマセン……)
コンタクトに接続するタイプのリフィルボトルを使う場合は電池抜いておきましょう。
新しい情報があったら追記していきます。

MOSFETをスイッチに使ってるので、フルメカニカルでは無いですが、安全に関する部分はフルメカニカルと変わらない、と今のところは捉えておいたほうが良さそう。

全体的な高級感、精度を考えるとコスパ高いと思いました。
なんせデザインがカッコイイんですよね……。

そんな感じでーす!

AUGVAPE公式ページは→こちら!

MASS MODS公式ページは→こちら!
 


その他のAUGVAPE製品のレビューは→こちら! 

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!