マーリンなの!

AUGVAPE様よりご提供いただきました。
ありがとうございます!

■開けまーす!
augvape-merlin-nano-rta-04_233615

■コピー防止スクラッチ。
augvape-merlin-nano-rta-04_233624

■tada-
augvape-merlin-nano-rta-04_233655

■説明書。英語。だけど絵があるからだいじょうぶー!
augvape-merlin-nano-rta-04_233731

■付属品はT字工具、エアフロー調整パーツが2個、イモネジの予備、プリメイドコイル、あとOリングの予備です。
augvape-merlin-nano-rta-04_234040

■プリメイドコイル。単線。28ゲージぐらいかな。
augvape-merlin-nano-rta-05_011805

■エアフロー調整パーツ。ツメみたいになってるところにウィックが乗るかんじっす。
augvape-merlin-nano-rta-05_011906

■こういう格好。
augvape-merlin-nano-rta-05_011850

■裏からみるとこんな感じ。
augvape-merlin-nano-rta-05_011840

■一つ穴Verと二つ穴Ver。
augvape-merlin-nano-rta-05_011933

■バブルチューブタンク。フロストホワイトです。
augvape-merlin-nano-rta-06_031247

■ビューティーリング。
augvape-merlin-nano-rta-06_031311

■で、本体。
augvape-merlin-nano-rta-06_031345

■微妙ーな隙間があって、ここからエアを取り込む構造です。
augvape-merlin-nano-rta-06_031346

■外径18ミリ。シックなデザインです。
augvape-merlin-nano-rta-06_031412

■バラすとこんな感じ。
augvape-merlin-nano-rta-06_031926

■ドリチ。普通に510。
augvape-merlin-nano-rta-06_032018

■内径は3.7ミリぐらいのストレートです。
augvape-merlin-nano-rta-06_032048

■トップ&チムニーパーツ。チムニー内径は3ミリちょい。
augvape-merlin-nano-rta-06_032105

■ほっそいチムニーにロゴ入ってます。
augvape-merlin-nano-rta-06_032123

■アウターチャンバーパーツ。↑のパーツとこいつでガラスチューブをサンドする構造。
augvape-merlin-nano-rta-06_032139

■裏から見るとこんな感じ。
augvape-merlin-nano-rta-06_032203

■インナーチャンバーパーツ。トップ部にOリングがついてて、↑のパーツの中央の穴と接続します。
augvape-merlin-nano-rta-06_032240

■裏返すとこんな感じ。天井はテーパー。矢印の部分に突起があります。
augvape-merlin-nano-rta-06_032252

■バラすとこんな感じ。チャンバー自体はPEEKで、トップはSSっすね。この2つはOリング接続。
augvape-merlin-nano-rta-06_032313

■デッキ。
augvape-merlin-nano-rta-06_032333

■エアフロー調整パーツはOリングでハマってるだけなので引っ張ると取れます。
augvape-merlin-nano-rta-06_032353

■ポストこんな感じ。
augvape-merlin-nano-rta-06_032440

■ネジを外すとこんな感じ。
augvape-merlin-nano-rta-06_032506

■おしり。
augvape-merlin-nano-rta-06_032540

■ポジピンの突出はこんな感じで少なめ。
augvape-merlin-nano-rta-06_032608

■ポジピンを抜きました。こっから長いですよ。
augvape-merlin-nano-rta-06_032748

■↑の写真の左のパーツを裏からみたところ。外周からエアを取り込んで真ん中の穴から吹き上げる感じっすね。
マイナスのネジが2つ見えてます。これはポストを固定してるネジです。
augvape-merlin-nano-rta-06_032807

■こういう構造。伝わるかな……。向かって左のネジがポジティブポスト、右のネジがネガティブポストを固定しています。
augvape-merlin-nano-rta-06_032852

■2つのネジを外すとこんな感じ。ネジ側にインシュレーターがついてるほうがネガティブ、ポストのお尻が平らなほうがネガティブ、デッキ底面のPEEKは穴が小さい方がネガティブ、と考えるとわかりやすいかも。
augvape-merlin-nano-rta-06_033210

■プリメイドコイル(6巻のほう)を載せてみました。これで0.6Ω。ポスト形状的に、コイルの巻き方向はどっちでもOKです。デッキスペースはめちゃ狭いので、コイルがポストに接触しないように注意です。
augvape-merlin-nano-rta-06_034326

■なんも考えずにコットン通したけど、これはダメだった。ゆるすぎ。
augvape-merlin-nano-rta-06_034817

■チャンバーかぶせるとこんな感じ。
augvape-merlin-nano-rta-06_034842

■ジュースホールこんな感じ。
augvape-merlin-nano-rta-06_034849

■タンク部を組んで裏からみるとこんな感じ。
augvape-merlin-nano-rta-06_035025

■このアトマ、ボトムフィルなんすよ。こんな感じでリキチャします。
augvape-merlin-nano-rta-06_035158

■で、こういう状態にして、がっちゃんこすれば完成。当たり前だけどタンク部をひっくり返すとリキッドだばーってなるので、デッキのほうを逆さにして締め込みます。
augvape-merlin-nano-rta-06_035748

■ウィッキングやりなおし。一回目よりも足を長めにとってみました。これぐらいでも、やや供給過多だった。あとからコットン足して調整しました。
augvape-merlin-nano-rta-06_043323

■で、ウィッキング三回目。VapeCircuitさんのレビューを参考に。まずふつうに通して、
augvape-merlin-nano-rta-06_044840

■足をバンザイさせてチャンバーを通す。
augvape-merlin-nano-rta-06_045239

■足をこれぐらいでカットしてから、ピンセットで足を外側に折り曲げつつチャンバー内に詰めていく感じ。
augvape-merlin-nano-rta-06_045306

■少しギュウギュウ感あって大丈夫かなと思ったんですが、これでちょうどよかった。
augvape-merlin-nano-rta-06_045514

■ビューティーリングをつけてiPicoに。
augvape-merlin-nano-rta-06_232011

■良いじゃない……良いじゃないですか!
augvape-merlin-nano-rta-06_232037

■22ミリのセミメカ、Cuboxに。つまるところコンパクトなMODのほうが合います。
augvape-merlin-nano-rta-06_232124

■バブルタンクにかえてURUSに。まぁ……違いますよね。
augvape-merlin-nano-rta-07_001450

■もともと18ミリでバブルタンクが24ミリなので、すげえ変。面白いけど。
augvape-merlin-nano-rta-07_001534

■Superfine MTL Fused Claptonで組んでみました。内径2.5ミリ。これで1.2Ωでした。
augvape-merlin-nano-rta-07_004455

■写真で見てみると、ちゃんとポストから離れてるけど、実際に組んでるときはけっこう気を使います。
augvape-merlin-nano-rta-07_004510

なんか有名なハイエンドアトマにすんげぇ似てるんですって。
確かに似てる。めっちゃ似てる。まぁでも、敢えて多くは語りませんよ。
ただ、なんとなくMerlinって名前じゃなくても良かったんじゃないのかなっていう。
むしろSALT RTAをあんま推してないのはなんでだよっていう気がしてます。あれも18ミリでしょ。
公式サイトだとOリング青なんですけど、手元にあるのは白っすね。些末なことですけど、初代Merlinファンとしては青Oリングいいなってちょっと思いました。

[AUGVAPE Merlin Nano RTA の仕様]
外径:18ミリ(バブルタンク外径24ミリ)
高さ:51.2ミリ(コンタクト除く) / 36.1ミリ(ドリチとコンタクト除く)
ビューティーリング:18→22ミリ
エアホール調整パーツ:1.0ミリ(一つ穴) / 1.2ミリ(一つ穴) / 1.0ミリ(二つ穴)
リキッド容量:2ml(デフォルト) / 3.5ml(バブルタンク)

別売りで24ミリのビューティーリングもあるみたい。
バブルタンクはPCTG製。
インナーチャンバーがPEEKなのでアトマが熱くなりにくいです。
コンセプトとしてはニコ塩とか濃い目のニコチンリキッドに合うよ、とのこと。

ウィッキング、勘でやった1回目は失敗。ジュルりました。
でもダダ漏れしなかったのはこのアトマの良い所だと思う。

2回目、海外動画を参考に足を長めにとったものの、やや供給過多。詰め物して回避するもなんか違うなと。

で、3回目。VapeCircuitさんのレビューを真似てバンザイウィッキング。
これはドンピシャで上手くいきました。
チャンバーをはめてからウィック足をジュースホールに「詰めていく」感じ。

これ多分なんですけど、ウィック足の長さの問題だけじゃなくてチャンバーとデッキの床の間にコットンが挟まらないのがバンザイウィッキングの利点なのかも。
実際にやってみた感じバンザイ式のほうが簡単だと思うし。

味はね、もうホントにMTL。
エアフローコントロールリングとかはついてなくて、デッキに付ける3種類のパーツだけでエア量を調整します。
1.0ミリシングルのエアホールにするとキツキツのMTL。
豚鼻にすると軽めのMTLっすね。DLは無理。
個人的には「MTLすぎないMTL」が好きなので、豚鼻がピッタリきてます。
MTL Fused Claptonでもきちんと冷やせてるかんじ。
チムニーがそれなりに長いので、その部分でもエアは冷えてってるんだと思う。
PEEK製インナーチャンバーが効いてて、たしかにアトマは熱くなりませんね。

すっきりした上品なデザイン。
デッキとタンクの接続部の隙間からエアを取り込むことで外見的にエアホールが無いのもオシャレです。
トップからリキチャできないのはちょっと不便ですが、MTLアトマなのでそんなにリキチャ頻度が高くないので、それほど問題にはならないと思う。
あとトップ部のパーツが薄くて見た目は素敵すよね。
極狭なエバポーション部で濃いミスト。
これぞMTLってアトマだと思います。

そんな感じでーす!

公式サイトは→こちら!
augvape-merlin-nano-rta-06_031346


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!