このMage Comboは変身をするたびに面白さがはるかに増す…その変身をあと2回もオレは残している…  その意味がわかるな?
 coilart_mage_combo_6398

Coilart様よりご提供いただきました。
ありがとうございます!

■いつものリゲインカラーです。
箱の裏にコピー防止のやつ付いてます。
coilart_mage_combo_6391

■内箱。
coilart_mage_combo_6392

■中身はこんな感じ。
coilart_mage_combo_6393

■簡単な説明書とアトマ本体、付属品とドライバー、ベイプバンドです。
coilart_mage_combo_6394

■付属品。胴体がRDA用の、なんていうか。底です。
両足がベロデッキ変形用のポスト。口の部分がインシュレーターの予備です。
coilart_mage_combo_6395

■はい、本体。RDTAです。
coilart_mage_combo_6398

■デフォのデッキはクランプワイヤーのやつ。
coilart_mage_combo_6399

■トップキャップはこんなふうにバラせます。
左がチューブ、真ん中がサイドエアフローのコントロールリング。
右がマウスピース。
マウスピースとエアフローコントロールリングはスレッド固定です。
coilart_mage_combo_6419

■クランプワイヤーデッキです。
coilart_mage_combo_6402

■デッキ部分を回すとこうなります。
coilart_mage_combo_6403

■取り外したデッキ部分を裏から見たところ。
ウィックホールが、ガッツリ開いてますね。
coilart_mage_combo_6405

■RDTA時のおしり。ポジピン調整不可です。
coilart_mage_combo_6406

■でもアホみたいに飛び出てます。
coilart_mage_combo_6407

■クランプワイヤーを外すとこうなってます。
バネが入ってて、コイル設置しやすいようになってます。
coilart_mage_combo_6408

■せっかくなのでゴツめで。
クラプトンをツイストしたものをデュアルで。
coilart_mage_combo_6409

■ウィックを通します。
coilart_mage_combo_6410

■ウィック足をタンクに垂らす派、垂らさない派、そして中道の「片方だけ垂らす派」に分かれますが、僕は垂らさない派に転向しました。
裏からピンセットでひっぱって、余分をカットしてからモフらせてます。
coilart_mage_combo_6412

■本来の留め方とはちょっと違うやり方してます。
coilart_mage_combo_6413

■なんと、リキチャするときに、デッキとタンクを分離しなきゃいけません。
不便です。ぶっちゃけ不便です。
coilart_mage_combo_6417

■ゴツめのMODで。
coilart_mage_combo_6416

■さて、謎の底板の出番です。
coilart_mage_combo_6420

■タンクと分離して、この底板をハメると、
coilart_mage_combo_6421

■RDAになります。
coilart_mage_combo_6422

■うん、似合います。
coilart_mage_combo_6423

■さてお次。ポジティブピンを抜きます。
coilart_mage_combo_6424

■すると、ポストが外せます。
coilart_mage_combo_6425

■ベロデッキ用のポストを取り付けますよ。
coilart_mage_combo_6426

■ポジティブポストにインシュレーターを取り付けて、
coilart_mage_combo_6427

■で、ここ。エアホールの内側がちょっと凹んでます。
ここにポストの丸くなってるとこがハマるようになってます。
で、ちょっとカタいです。知恵の輪みたいにうまいことハマるポイントがあるので、気長にやりましょう。
coilart_mage_combo_6428

■ネガティブのポストがハマったところです。
coilart_mage_combo_6429

■で、ポジティブをハメてポジティブピンを締めたところです。
歪んでますね。
coilart_mage_combo_6432

■ナナメってるほうのポストを真横から見た写真。
下のネジが、デッキにやや隠れちゃってます。
coilart_mage_combo_6433

■ナナメってないほうは、こう。
coilart_mage_combo_6434

■同じワイヤーを積んだとこ。
coilart_mage_combo_6436

TailspinMODに。
coilart_mage_combo_6437

KarmaMODに。
coilart_mage_combo_6438


ポストとコンタクトピンのポジティブ部は金メッキされてるそうです。
外径は24ミリ。なので、最近流行りの25ミリメカに乗せると、ちょっと惜しい感あります。

ほんとはコイル足をちょいと曲げて、クランプの片方に揃えて足を挟むのが正しいんだと思いますが、コイルボリュームがすごかったので両方の足を外側に置いちゃいました。
で、その際にクランプのバネが邪魔だったので、取っちゃいました。
クランプを留めてるプラスネジは思ったよりピッチが細かいので、乱暴に扱うとバカになります。
っていうか、なりました。
クランプの片側だけにゴツいワイヤー留めたのも一因だとは思います。

ベロデッキ変形時に片方のポストがナナメになるの、実に残念です。
個体差なのかもしれないけど。
ネジ穴がデッキの縁に隠れちゃって、付属のプラスドライバーでは回せなくなってしまいました。
細いマイナスドライバーで無理やり回しましたが…。
あとそもそもプラスネジは、やめて欲しい。

マウスピースは7ミリから10ミリにテーパーで広がってます。ワイドっすね。
なだらかなラインで、口にフィットしてくれます。
510のドリチは使えません。

エアフローは基本ボトムで、サイド全閉にしてもスッカスカです。
エアフローの出口は6*4ミリ。
デュアル前提でシングル想定はありません。
まあ爆煙機だし、そうだよねって感じ。
サイドは2ミリほどの穴が4連です。

構造上、ボトムエアフローとサイドエアフローが独立しては動きません。
なので、サイドのみ運用ってのが出来ないんですね。
サイドはボトム全開でも足りない場合に補助的に使うものだと思います。
チューブとデッキに切り欠きがあって、回りっぱなしにならないようになってます。

ベロシティ or クランプ × RDTA or RDA という4段変形ですね。
最近、飽きるほど各社からこのタイプがリリースされてます。
「どっちやねん、どういうつもりで作ってんねん」っていう考え方もあるんですが、僕はこのタイプ好きです。
RDA買おうかな、RDTA買おうかなって悩まなくていいし、このタイプってRDAにしたときちょっぴりジュースウェルが深くなるんですよね。
構造上の副次的なものであって、狙ってそうしてるわけじゃないと思うんですが。
これもう完全に個人的な趣味なんですが、RDAが好きなんです。
っていうかガラスチューブが無い方がカッコイイと思ってるんです。
金属至上主義なんです。
なので、リキッド保持量の多いRDAって大歓迎なんすよ。
TailspinKarmaも、そしてこいつもRDAバージョンが好きです。

RDTA時はリキッド保持量が4ml。
リキチャのときにデッキを外さなきゃいけないのは、かなりデメリットだと思います。
「タンクにウィック垂らす派」の人々にとっては特にね。
RDA時でも1〜2ml弱ぐらいは保持してくれそうな気がしますが、ボトムエアフローなのでドバドバ垂らすと普通に漏れます。漏れますっていうか、溢れます。
そういう人は素直にRDTA運用しましょう。

エアフローは無段階で、絞りたいだけ絞れます。
本来的には上下全開スッカスカにして、ゴツいコイル積んで80Wぐらいで「爆★煙!」ってやるためのものだと思いますが、ボトムのみ1ミリぐらい開けて30Wぐらいでまったり吸うのも、これはこれで乙なものです。
味が濃く出るかっていうとそんなことは無いですが。

まとめます。
Coilartのデザインが気になってる人で、他に何も持ってない人にはいいかも。
っていうかそういう人にしかニーズ無い気がします。
RDTAが欲しかったらAzerothのほうが性能良いし、RDAが欲しければRDAも出てるし。
ボトムエアフローのRDTAでCoilartなら…ってかなり限定的だよね。
ちなみにCoilart公式からも買えますが、たぶんショップで買ったほうが安いと思う。

そういうわけなので、いまひとつピンとこない感じでした!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!