まだまだ有ったエアフローピン交換ギミック。

Cthulhu MOD様よりご提供いただきました。
ありがとうございます!

■クトゥルフおなじみの缶パッケージ。
cthulhu-artemis-mtl-rta-01

■ラベルもオサレっすね。
cthulhu-artemis-mtl-rta-02

■コピー防止スクラッチ。
cthulhu-artemis-mtl-rta-03

■SNSフォローしてね的なカードと、マニュアル。マニュアルは日本語対応!
cthulhu-artemis-mtl-rta-04

■そもそも、ほとんど絵なので心配無用です。
cthulhu-artemis-mtl-rta-05

■付属品。ドライバー、Oリングの予備、エアフロー調整パーツ、ワイヤー固定ネジの予備。
cthulhu-artemis-mtl-rta-06

■付属品袋に入ってたエアフローピン。
cthulhu-artemis-mtl-rta-07

■小さいパーツですが、表面はローレットで回しやすくなってます。
cthulhu-artemis-mtl-rta-08

■じゃじゃん。
cthulhu-artemis-mtl-rta-09

■スペアのドリチ。スモークです。
cthulhu-artemis-mtl-rta-10

■こんな感じで、先に行くほど広がってるタイプ。
cthulhu-artemis-mtl-rta-11

■おしり。
cthulhu-artemis-mtl-rta-12

■スペアのタンクチューブ。こちらもスモークで合わせられるようになってます。
cthulhu-artemis-mtl-rta-13

■さて本体。
cthulhu-artemis-mtl-rta-14

■こんな感じ。全体的に細かいヘアライン仕上げ。デフォではSSの長ドリチが付いてます。
cthulhu-artemis-mtl-rta-15

■トップキャップがグイっと絞られててアクセントになってます。
cthulhu-artemis-mtl-rta-62

■ドリチをタンクチューブを交換すると、こんな感じ。
cthulhu-artemis-mtl-rta-17

■スモークも格好いいっすね。
cthulhu-artemis-mtl-rta-18

■エアホールは0.8mm, 1.2mm, 1.6mm, 2.0mm, 2.7mmの6段階。 
cthulhu-artemis-mtl-rta-19

■一番デカいエアホールは、ちょい横長になってます。
cthulhu-artemis-mtl-rta-20

■トップキャップを外すとこんな感じ。
cthulhu-artemis-mtl-rta-21

■ボトムを外すとこんな感じ。ここまでは普通にRTAの構造っすね。
cthulhu-artemis-mtl-rta-22

■で、エアフローコントロールのところを時計回りに回すと、こう外れるんすね。
逆ネジになってるんです。
cthulhu-artemis-mtl-rta-23

■ポジティブコンタクトピンとエアフロー調整パーツが合体したもの。
cthulhu-artemis-mtl-rta-24

■スレッドになってて、こんな感じに手で外せます。デッキを露出させることなくエアフローピンを交換できるギミック、マジで便利です。
cthulhu-artemis-mtl-rta-25

■バラすとこんな感じ。
cthulhu-artemis-mtl-rta-26

■SSの長ドリチ。
cthulhu-artemis-mtl-rta-27

■おしり。
cthulhu-artemis-mtl-rta-28

■下部にローレットが入ってます。
cthulhu-artemis-mtl-rta-29

■キャップ。
cthulhu-artemis-mtl-rta-30

■裏側。すり鉢状になってます。
cthulhu-artemis-mtl-rta-31

■上部パーツ。
cthulhu-artemis-mtl-rta-32

■六角ナットで留まってるように見えますね。
ラジペンで外そうとしたんですがちょっと無理でした。
丁度いいサイズの六角レンチがあれば外せるかも。
cthulhu-artemis-mtl-rta-33

■裏返すとこんな感じ。
cthulhu-artemis-mtl-rta-34

■チャンバー部分の天井はドーム状になってます。
cthulhu-artemis-mtl-rta-35

■デフォルトのタンクチューブ。フロストホワイト。
cthulhu-artemis-mtl-rta-36

■デッキ。シングルコイル前提ですね。
cthulhu-artemis-mtl-rta-38

■こんな感じ。
cthulhu-artemis-mtl-rta-42

■ネジの頭でワイヤーを留めるタイプ。
cthulhu-artemis-mtl-rta-39

■デッキの底がタンク部の底よりも少し高くなってる構造です。
cthulhu-artemis-mtl-rta-41

■裏側はこんな感じ。
cthulhu-artemis-mtl-rta-40

■エアフローコントロールリングが付いてる底パーツ、と、コンタクトピン。
cthulhu-artemis-mtl-rta-43

■エアフローコントロールリングは外せます。
cthulhu-artemis-mtl-rta-44

■エアホールは一発。
cthulhu-artemis-mtl-rta-45

■裏側はこんな感じ。
cthulhu-artemis-mtl-rta-46

■デッキの裏側からコンタクトピンをハメて底のパーツを固定するとこんな感じ。
cthulhu-artemis-mtl-rta-47

■エアフローの金色パーツが見えてますね。
cthulhu-artemis-mtl-rta-48

■コンタクトピン付けた後のおしり。
cthulhu-artemis-mtl-rta-50

■カンタル28ゲージスペースド、内径2.5mmで1.15Ωでした。
cthulhu-artemis-mtl-rta-52

■ウィッキング。ちょっと足が長すぎだけど細かいことは気にしない!
コットンホールも内径2.5mmのビルドで丁度いいぐらいになってました。
cthulhu-artemis-mtl-rta-53

■WYEと。
cthulhu-artemis-mtl-rta-54

■URUSさんと。
cthulhu-artemis-mtl-rta-55

■で、iStick Picoですよ。22mmですからね。
cthulhu-artemis-mtl-rta-56

■ちゃんとスキマ。
cthulhu-artemis-mtl-rta-57

■で、で、Hastur MODですよ。Cthulhuコンボ。
cthulhu-artemis-mtl-rta-58

■うん、きれいです。
cthulhu-artemis-mtl-rta-59


[Cthulhu ARTEMIS MTL RTA の仕様]
外径:22mm
リキッド容量:2.4ml
高さ:35mm(ドリップチップ除く)
重量:53g

エアフローコントロールリングのサイズは0.8mm, 1.2mm, 1.6mm, 2.0mm, 2.7mmの5段階。
付け替え式のエアフローピンの内径は1.0mm, 1.4mm, 1.8mm, 2.0mmの4段階で、ピンなしにすると2.7mm。

1.0mmのエアフローピンにすると、マジで重いMTLになりますね。
個人的には1.4mmのエアフローピンが丁度いい具合でした。
2.0mmのエアフローピンにしてコントロールリングを全開にすると「これはMTLか?」ってぐらいには軽くなります。
調整のレンジが広く取られてるので、好みのドロー感が見つかると思います。

MTL用のNiクラプトンでも組んでみたんですが、ピンを1.8mmにしてコントロールリングのほうで絞るといい感じでした。
コイルのボリュームや抵抗値が変わってもエアフローピンでエアの当たり方を変えられるので、シングル前提ながらビルドの幅は広いと思います。

細かい点なんですが、MODに載せる時、エアフローコントロールリング部分を持ったほうがよいです。
一番下のパーツが逆ネジなので。
あともう一点、コンタクトがネジ固定式じゃないので、テクで使うほうが良いと思います。

見た目なんですけどね。
格好いいっすよねー。
直線的なシェイプなんですけど、トップキャップのサイドが絞られてて、見た目のインパクトは十分。
ドリチの下部とトップキャップ上部、エアフローコントロールリング、3箇所に細かいローレットが入ってます。
Cthulhuの製品って基本的にはシンプルで大人っぽいテクスチャーなんですけど、今回のARTEMISはローレットが綺麗で、ほんのちょっとキラキラ感。
アルテミスって女神様ですもんね。

公式に「より良いフレーバーとスロートヒットのための新しいドーム形状」って書いてありました。
確かにヒット感は強いです。
ミスト量自体はメッシュPODとかで吸ったほうが多いはずなのに、このRTAで吸った時のほうがヒット感がだんぜん強い。
あと香りが強く立ってくる感じがありますね。
特にお茶系のリキッドで香りの広がりを感じました。
PODとかでは表現しきれないニュアンスとか香りとかって有るじゃないですか。
そういうリキッドの真価をきちんと出せるポテンシャルがあると思います。

コイルを固定するためのポストが非対称に配されていて、ビルドめっちゃ楽です。
MTL用クラプトンもきちんと美味しかったんですけど、個人的には単線で組んだ時の味わいがめっちゃ好みでした。
ARTEMISの良いところは、26ゲージぐらいで組んでもエアフローピンで対応出来るところだと思います。
0.8Ωぐらいまで下げてかなり軽めのMTLっていう運用もなかなか美味しいんですよ。
リキッドによってベストなビルドが変わってくるのがVAPEの面白いところなんですけど、そういう対応力っていうのが非常に高いMTL RTAでした。

そんな感じでーす!

公式ページは→
こちら!
[Cthulhumod ARTEMIS MTL RTA]
スクリーンショット 2020-09-21 22.27.44



その他のCthulhu製品のレビューは→こちら!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!