超可愛。

Cthulhu MOD様よりご提供いただきました。
ありがとうございます!

■落ち着いた薔薇色の筒。
コピー防止スクラッチ付いてます。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-001

■全体に薔薇のデザインが施されてます。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-002

■こうすると分かりやすいかな。高級感すごい。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-004

■中身はポーチとMOD、説明書。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-005

■説明書は日本語にも対応!
cthulhu-mechanibal-tube-mod-006

■ポーチ、しっかりした作りです。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-007

■小さい輪っかをこうして引っ掛けて使うんすね。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-008

■ポーチはリキッドボトルとMODが入るぐらいのサイズ感。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-047

■さて本題のMOD。ヘアライン加工が非常に細かくて上品です。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-009

■タコさん、ずいぶん可愛らしくなりましたね。
タコさんのところのパーツ高さが9ミリなので、デザインとして邪魔にならない小ささ。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-010

■丸みを帯びたファイアボタン。直径が4.6ミリぐらい。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-011

■おしり。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-012

■コンタクトは510。スプリングローデッドと言っていいかどうか分からないですが、板バネ式です。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-013

■バラすとこんな感じ。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-014

■おしりの部分、バッテリーカバーになる部分です。
こっちがプラスなんですね。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-015

■裏側はこうなってます。丸型のベントホールが2発。
両サイドの半月部分に指の先を入れて回せるようになってます。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-016

■ここから、
cthulhu-mechanibal-tube-mod-034

■このぐらいまで沈みまして、
cthulhu-mechanibal-tube-mod-035

■さらに回していくとこう外れます。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-036

■チューブ部分の下の方。加工精度がめちゃくちゃ高いです。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-017

■反対側から撮るとこんな感じ。
オスネジ部分の内側には白い樹脂素材でインシュレーターが入ってます。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-018

■こう撮ったほうが見易いですかね。
この白い部分がうっすら突出していて、内側の金属部分とバッテリーが接触しないようになってます。
なってますが、バッテリーの皮膜は傷がないかこまめにチェックしましょう。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-019

■チューブ、上半分。こちらは両端ともにオスネジです。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-020

■こちらにもインシュレーターが入ってます。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-022

■チューブをつなげるとこんな感じ。スレッドの精度がすごく良いです。
スレッドのエッジは結構立ってるので、怪我しないように注意です。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-023

■トップ部。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-024

■裏返すとこんな感じでMosfetチップが入ってます。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-025

■2時ぐらいの方向に六角ネジが見えますね。これを外すと、
cthulhu-mechanibal-tube-mod-026

■このように分解できます。左下の小さいヤツがファイアボタン。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-027

■キックのアトマ側はこうなってます。アトマのポジピンと接続する箇所は板バネ式のコンタクトなんですね。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-028

■緩んできたらマイナスドライバーで上げてねっていう事なんですが、上げすぎは注意。金属疲労で折れちゃいますからね。
公式に詳しく書いてるのでご確認ください。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-029

■スイッチ部分はこうなってます。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-030

■ファイアボタン。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-031

■トップ部のパーツを裏から見たところ。
向かって右側に半月型のくぼみがありますね。ここにファイアボタンを置くんですね。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-032

■組み方としては、奥の穴にファイアボタンを置いて、キックをハメて六角のネジで留めるっていう順です。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-033

■バッテリーは18650と18350に対応。プラス極が下にくる形です。
バッテリーカバーのツマミを緩めておいて、バッテリーを入れてバッテリーカバーを付けて、最後にバッテリーカバーのツマミを締めるっていう順ですね。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-037

■Cthulhu Modの1928 RDAと。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-038

■24ミリのMjolnir RDAと。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-040

■サイズ感こんな感じ。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-041

Hastur MTL RDAと。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-043

■MOD上部が斜めにカットされていて、22ミリを乗せたときに違和感が出ないようになっています。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-044

■Bambino RDAです。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-045

■ローハイトRDAとの相性がすごい。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-046

■下半分のチューブを省いて組むと18350対応サイズになります。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-050

■めっちゃくちゃ可愛いやんけ。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-051

※メカニカルMODは十分な知識のもと自己責任で楽しみましょう。

[Cthulhu Tube MOD の仕様]
外径:24mm
高さ:80mm(18650使用時) / 50mm(18350使用時)
重量:本体110g(パッケージ重量:170g)
抵抗値下限:0.1Ω
最大電流量:40A
デュアルMOSFETチップ搭載
プロテクション:アトマイザー短絡保護・バッテリー逆差し保護

すっごい簡単に言うと「24mm対応のハチドリ」みたいな感じなんですが、コスパがすごいんですよコレ。

全体的な加工精度がめっちゃ良い。スレッドも気持ちよくスルスル回ります。

ファイアボタンも適度なクリック感があり押し心地グッドです。
丸い穴に丸い棒を入れてるだけのシンプルな構造ですが、ガタつきも引っかかりもありません。さすがCthulhu MOD。

全体に薄いヘアライン加工が施された表面は落ち着いた風合いで、サラサラした触り心地。
余計な飾りは無いのでどんなアトマにも合うと思います。

一番下のパーツに小さくタコマーク。1928のパッケージの時と比べてずいぶん親しみやすい感じになりましたね。
イカツイのが好み!っていうベイパーが多そうな気がしますが、ここは洒脱と捉えましょう。

アトマイザーと接続するトップ部は斜めにカットが入っているので、22ミリを載せても24ミリを載せても違和感が出ないようになってます。

バッテリーカバー、底部が指でつまんで回せるようになっていて、ここを緩めてやることでロックとして働きます。
が、基本的に持ち歩く時はバッテリー抜きましょう。

水没とか何かしらの事故で基盤がダメになったときに公式でスペアが買えるかどうかってのが気になるところ。
ハチドリの基盤が流用できるんじゃねって一瞬思ったんですが、ネジ位置も違うし無理っぽいですね。
交換手順が公式で書かれてるってことは交換用のチップもちゃんと供給してくれそうな予感はしてます。
漏れたリキッドが510部分から入り込んじゃったらどうしようっていう不安はすっごいあるんだけど、そもそもメカって全部そうだよね。
基盤部分は水洗い出来ないので、ぜひともスペアを発売してほしい所。

18650用で24ミリなのでチューブはそこそこの厚みがあり、手にとるとメカらしい重み。
MOD本体のみで110g。ちなみに18350用にすると75gでした。

基盤を搭載しながら、全長80ミリとかなり短め。
24ミリの外径と相まって、コロンとしたシルエットがたまりません。
手の中に収まるサイズ感で持ち心地もグッドです。

使用に際して注意点があります。
コンタクト部分が板バネっていうか、まぁ板なんですよ。
なので、コンタクトの長いアトマを使った後はこの板がヘコんでる状態になるんすね。
続けてコンタクトの短いアトマを使おうとすると通電しないことがあります。
この場合は板をマイナスドライバーでちょいと持ち上げてやる必要があるんですが、持ち上げすぎると折れちゃうので注意。
公式に説明ページがあるのでリンク貼っておきます。
↓こちら↓

あと、チップのクセなのか、ファイアボタンから指を離しても一瞬通電が続くような感覚があります。ほんの一瞬。
立ち上がりの良し悪しってよく言われるポイントで、このMODに関しても立ち上がりは良いんですが。「立ち下がり」が少し長いようなクセがあるっていうか。
気にしなきゃ気にならないとは思うんですけどね。

公式ショップページ見ると、$35なんですよ。メカチューブとしては、かなり安い部類。
この値段でこの性能と加工精度はコスパすごい。
キックで短絡保護してくれるし24ミリ対応だしシンプルなデザインでどんなアトマにも合うしなので、メカデビュー用に向いてると思います。
だってさ、いきなり5千円以上のモノって買いづらくないですか?
サイドボタンに抵抗が無ければ、買いだと思います。

そんな感じでーす!

公式ページは→コチラ!

(2019/02/19 追記)
交換用チップ、ありました!教えてくれたフォロワーさんありがとうございます!
https://shop.cthulhumod.com/index.php?route=product/product&product_id=98

(2019/02/19 追記)
いきなり壊しちゃいました……。
テーブルの上でバタン、と倒してしまった時に運悪くファイアボタンの面がテーブルに激突した形になり、スイッチ部分のパーツが割れてしまったようです。
24ミリでありチューブ部分の重みがそこそこあるので、倒れた時の衝撃も大きかったんだと思います。
立てて置いておく場合は倒さないようくれぐれも注意です!
cthulhu-mechanibal-tube-mod-164

ついでですが、コンタクト部分の凹み具合。
Mjolnir RDAを乗せて運用したあと、このぐらい凹みます。
cthulhu-mechanibal-tube-mod-166

(2019/03/16 21:25 追記)

新しいチップが届きました!
金属疲労対策として板バネの強度を改善し、またシリコンを置くことでアトマを外した後に元の形に戻るようになってます。

■こんな感じ。
cthulhu-mod-new-chip-01

■で、ミョルニルを根本まで締め込んでしばらく使用、その後の状態がコレ。
たしかに元の形に戻ってますが、板の頭がシリコンパーツにうーっすら食い込んでますね。
完全に元の形に戻るわけではないですが、かなり改善されてると思います。
cthulhu-mod-new-chip-89

■公式の動画はこちら!


(追記箇所ここまで)

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!