コイルの替わりにメッシュを使います。
cthulhu_ceto_rda_034


Cthulhu MOD様よりご提供いただきました。
ありがとうございます!!

■箱が超オシャレです。なんかね、布張りで房が付いてて。
cthulhu_ceto_rda_003

■房の留め方とかオシャレくないすか?
cthulhu_ceto_rda_005

■中身こんな感じ。本体にワランティカードにメッシュに付属品袋。
cthulhu_ceto_rda_007

■付属品袋の中身はこんな感じ。
cthulhu_ceto_rda_008

■BFピン。
cthulhu_ceto_rda_009

■穴空きポール。何に使うのかは後で。
cthulhu_ceto_rda_011

■さて本体。シンプルでカッコイイすね。
cthulhu_ceto_rda_013

■バラすとこんな感じ。
cthulhu_ceto_rda_014

■ウルテムのドリチ。ワイドボアです。
cthulhu_ceto_rda_015

■トップキャップ。
cthulhu_ceto_rda_016

■天井はドーム型。
cthulhu_ceto_rda_017

■ティアドロップ型のエアホール。これが5個開いてます。
cthulhu_ceto_rda_018

■チャンバーチューブ。同様にエアホールが5個。
cthulhu_ceto_rda_020

■特徴的なデッキ。ていうか特徴しか有りません。
cthulhu_ceto_rda_021

■縦クランプ型でネジはプラスネジ。
cthulhu_ceto_rda_022

■ネジをゆるめていくと、ここに隙間が出来るわけです。
そこにメッシュを挟むんですね。
cthulhu_ceto_rda_025

■おしり。ポジピンは調整不可です。
cthulhu_ceto_rda_023

■とはいえ突出してます。
cthulhu_ceto_rda_029

■ポジピン外すとこんな感じ。
cthulhu_ceto_rda_026

■BFピンに換装しました。
cthulhu_ceto_rda_027

■で、そこに「穴空きポール」をくっつけるとこんな感じ。
BF運用時、コットン全体にリキッドが供給されるようにっていう工夫だったんですね。
cthulhu_ceto_rda_028

■メッシュ!
cthulhu_ceto_rda_030

■カット!
cthulhu_ceto_rda_031

■セット!
cthulhu_ceto_rda_033

■ファイア!
ネジ幅に合わせて切ったところ、0.24Ωでした。
低すぎるやんっていう場合はメッシュの幅を小さくしてやればOK。
cthulhu_ceto_rda_034

■太いコットンロールを作って、
cthulhu_ceto_rda_035

■コピー用紙で、
cthulhu_ceto_rda_036

■巻いて挿す!コピー用紙を抜いて、余った部分はカットです。
cthulhu_ceto_rda_037

■コットンとメッシュの間に隙間があるとイガるので、様子見ながらちょこちょこコットン追加していきます。
cthulhu_ceto_rda_039

■単線でも組んでみました。1Ωぐらい。
残念ながらエアホールを1つだけに出来ないので、こういうのはナシかなーって感じでした。
もうちょっと大きなコイルならイケるのかも。
cthulhu_ceto_rda_042

Livepor160と。
cthulhu_ceto_rda_043

DRAGと。
cthulhu_ceto_rda_044

ワイヤーのかわりにメッシュをコイルにする構造。

ジュースウェルは8.2ミリ。
外径は24.6ミリ。高さはコンタクト抜いて39.6ミリ。
ワイヤーホールは1*15。ホールじゃないですけどもね。
エアホールはだいたい3.5*2.5ぐらいのが5発のサイドのみ。
角度の関係で、最低でも2つ穴開いてしまいます。
メッシュ運用時は5発とも開けて全開か半分かみたいな調整すると思う。
ドリチは810接続で10から13ミリに広がってます。

肝心のメッシュコイルですが、コットン臭が出やすいですね。
あとコットン量がすごい多いので、リキッド勿体無いです。
エアホール5発全開でもアトマ熱を結構持ちます。発熱部のボリューム大きいので当然っちゃ当然ですけどね。

美味しいかっていうとうーん、普通。
普通に美味しいですよ。画期的な構造に過度な期待をしすぎてたんだと思う。
ミストは豊富で柔らかくシルキー。
スピットバックも少ないです。
デッキにメッシュを設置する工程それ自体は、それほど難しくないです。
ただ、ホットスポット除去が甘かったりコットンの偏りがあったりすると、イガります。
そういう所も含めてビルドの精度が試される感じ。
自分は太いコットンロールを作って挿し、あとからコットンを追加で詰めて偏りを無くす方法を取りました。

夢のあるデッキですが、シングルコイルには向いてないです。
変態ビルド好きな人はワクワクが止まらないんじゃないでしょうか。

そんな感じでーす!
にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!