人もアトマも見た目で判断しちゃいけませんね。
digiflavor_pilgrim_gta_064

Gearbest様からご提供いただきました。
ありがとうございます!

■しっかりした感じのパッケージです。
digiflavor_pilgrim_gta_058

■中身は付属品袋、ハーフインチ用のトップキャップ、本体に説明書。
digiflavor_pilgrim_gta_060

■付属品こんな感じ。510アダプタに工具、Oリング類にイモネジです。
digiflavor_pilgrim_gta_063

■本体。25ミリです。落ち着いた質感の黒。
digiflavor_pilgrim_gta_064

■エアホールが3つ開いてるのでシングルコイルにも対応してます。
digiflavor_pilgrim_gta_065

■バラすとこんな感じ。
digiflavor_pilgrim_gta_066

■デフォのキャップはドリチ一体型。
digiflavor_pilgrim_gta_067

■裏は真っ平らです。
digiflavor_pilgrim_gta_068

■エアフローコントロールリング一体型のチャンバー。
こいつの構造がすごいユニーク。
digiflavor_pilgrim_gta_069

■横に空いた細長い穴がタンクに繋がってるので、ここからリキチャします。
digiflavor_pilgrim_gta_072

■裏からみるとこう。2重構造になってるんです。
エアホールはビルとビルの間の連絡通路みたいに、この2重構造の中空部分を貫通してる状態。
内側のチャンバー部分の内径が16ミリです。
digiflavor_pilgrim_gta_070

■デッキ&タンク。これも一体型で、バラせません。
白い部分はシングルビルド用のリデューサーです。
digiflavor_pilgrim_gta_073

■リデューサーを外しました。
digiflavor_pilgrim_gta_074

■おしり。
digiflavor_pilgrim_gta_075

■ポジピンはがっつり突出してます。
digiflavor_pilgrim_gta_077

■ポジピンは2重ネジになってますね。
digiflavor_pilgrim_gta_078

■さらにネジを回すとこうなります。
digiflavor_pilgrim_gta_079

■付属のハーフインチ用トップキャップを使えば、手持ちのハーフインチドリチが使えます。
digiflavor_pilgrim_gta_082

■そこにさらに510アダプタをつけると……
digiflavor_pilgrim_gta_083

■手持ちの510ドリチが使えます。
こういう懐の広さは好き。
digiflavor_pilgrim_gta_084

■タンク部分はこれ以上分解できないようになってます。
ナナメの柱で上下のパーツがくっついとるんですね。
digiflavor_pilgrim_gta_086

■チャンバーの内径に合わせたノギスを当てるとこんな感じ。
ビルド時ここからはみ出さないようにしましょう。
digiflavor_pilgrim_gta_087

■いつもの26ゲージカンタルで。
digiflavor_pilgrim_gta_088

■ウィック、これよりやや短めでも良いと思います。
あと、端っこはもうちょっと梳いたほうがいいですね。
digiflavor_pilgrim_gta_090

■リキチャはこの穴から。
digiflavor_pilgrim_gta_092

■フィッティングコーナー!
DRAGと。
digiflavor_pilgrim_gta_093

iStick pico 25と。
digiflavor_pilgrim_gta_094

Tesla WYE 200と。これはイマイチ。
digiflavor_pilgrim_gta_098

Livepor160と。これだ!
digiflavor_pilgrim_gta_099

■ちなみにメカにも。GeekvapeのTsunami Mech Modです。
digiflavor_pilgrim_gta_095

DigiflavorはLynxとかSirenとか、あとPharaohとか、挑戦的な構造でシックな見た目の製品が多いです。

外径25ミリ。GTAって名乗ってますけど構造的にはRDTAですよねコレ。
高さはコンタクトとドリチを抜いて34ミリ。
ドリチが10ミリです。ドリチの内径は8ミリほど。
タンク容量は4ml。
ドリチとタンク部が樹脂製で、全体的に落ち着いた風合いです。
カラバリはSSとブラックの2色。

ワイヤーホールは2ミリの丸型。
エアホールは8*2.5ミリぐらい。
エアホールコントロールリングに穴が3つあるので、シングルコイルのビルドにも対応してます。
コントロールリングは全開全閉で止まるタイプ。

精度は良くて、各パーツがスムーズに回ります。
チャンバー部分、タンク部分ともにバラせないパーツが多いので洗浄は少々面倒です。
タンク部分がバラせないのは、チャンバーを外しても漏れないっていうメリットでもあります。
天井部はドームじゃないですがチムニーに向かう部分が少しテーパーになってます。
チムニー内径が8.5ミリ。
アダプタを組み合わせることでハーフインチにも510にも対応できるので、好きなドリチが選べます。
シングルでも組めるし、外径25ミリのワガママボディを許せるなら、遊び甲斐のあるアトマだと思います。

で、

これね、恐ろしいことに、外径25ミリのRDTAのくせしてチャンバー内径が16ミリなんですよ。
外径22ミリで2重構造を持つCheetahよりも狭いんです。
しかもシングルコイル対応。
見た目に似合わずフレーバーチェイサーじゃないですか。
逆に言うとエイリアンみたいなゴツいコイルは積みにくいんですけども。

26ゲージマイクロデュアル、0.56Ω、エアホール半分ぐらい、30Wで吸ってみました。
くっそうまい。濃い。
くっそうまいですこれ。

ただ、サイドエアフローなのでビルド次第なところあります。
16ミリのチャンバーにビビらず、エアホールに近い位置にコイル置くのがオススメ。
僕は正直ビビりなのでテクで運用しています。

まとめます。
エアフローはサイドのみ、4mlのタンク容量、シングルビルド対応、このあたりにビビっと来て、見た目が気に入るならアリだと思います。

そんな感じでーす!

ショップ提供なのでリンクはります→コチラ!!
にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!