爆破ボタンの形してる

Sourcemore様からご提供いただきました。
ありがとうございます!

■あけまーす。
eleaf-istick-pico-baby-002

■コピー防止のやつ。
eleaf-istick-pico-baby-003

■中身こんな感じ。
eleaf-istick-pico-baby-004

■説明書は日本語対応!
eleaf-istick-pico-baby-005

■クリアロの説明書ももちろん日本語対応!
eleaf-istick-pico-baby-006

■付属品袋はスペアのGSコイルとベイプリング、ドリチのOリング(黒)とクリアロのOリング(白)。
eleaf-istick-pico-baby-007

■GSコイル。カンタルで0.75Ωです。小さいのにデキるやつです。
eleaf-istick-pico-baby-008

■コイルのお尻。スレッドが切られてて、ここがベースパーツに接続します。
eleaf-istick-pico-baby-031

■コイルの上部、チムニーに接続するとこですね。シリコンでシーリングされてます。
eleaf-istick-pico-baby-032

■iStick Pico Baby Kitです。
eleaf-istick-pico-baby-009

■写真下手でアレですが、カラーはメタリックグリーン。
eleaf-istick-pico-baby-010

■サイズ感こんな感じ。ちいさい!
eleaf-istick-pico-baby-011

■ファイアするときはこういう感じになります。(ロック解除してないけど)
eleaf-istick-pico-baby-012

■上部から。
eleaf-istick-pico-baby-013

■MODサイドに窓が開いてて、リキッド残量が確認できるようになってます。
eleaf-istick-pico-baby-014

■USBポート。
eleaf-istick-pico-baby-016

■ここ、LEDです。光ります。
eleaf-istick-pico-baby-017

■おしり。
eleaf-istick-pico-baby-018

■アトマを引っ張ると取れます。磁石なんです。
eleaf-istick-pico-baby-019

■アトマを外したところ。
eleaf-istick-pico-baby-020

■引っこ抜いたアトマがこれ。外径16ミリです。
eleaf-istick-pico-baby-021

■おしり。ギザギザ部分を回すと、
eleaf-istick-pico-baby-023

■こう外れるんす。外れたドーナツ状の部品がマグネット。
eleaf-istick-pico-baby-024

■全部バラすとこんな感じ。
eleaf-istick-pico-baby-025

■ドリチ。Oリングが独特です。
eleaf-istick-pico-baby-026

■タンク部分。
eleaf-istick-pico-baby-027

■ドリチが接続するところ。510です。
eleaf-istick-pico-baby-028

■反対側から。真ん中の穴にコイルが接続します。両脇の穴からリキチャします。
eleaf-istick-pico-baby-029

■ベースパーツ。標準的なクリアロのそれ。
eleaf-istick-pico-baby-034

■おしり。圧入式のポジピンですね。ザ・クリアロ。
eleaf-istick-pico-baby-035

■エアフローコントロールがちょっとおもしろい。
穴はこの面のみで、だいぶ横長。
向かって左に横長の穴が1発、向かって右に単発の穴がいくつか開いてます。
eleaf-istick-pico-baby-039

■横長の穴これです。これで全開状態。
eleaf-istick-pico-baby-040

■これで一番小さい状態。単発の穴を1発だけ開けてる状態です。
コントロールリングは全開全閉で止まるタイプ。
eleaf-istick-pico-baby-041

■マグネット。
eleaf-istick-pico-baby-042

■リングのほうかMODのコンタクトのほうか、どっちが磁石なんだ?と思ったらこちらでした。
eleaf-istick-pico-baby-048

■リキチャはこのように。タンクを逆さまにして、ガラスに伝わらせる形で。
eleaf-istick-pico-baby-045

■ファイアボタンを回すとこのように上下します。左がロック状態。
eleaf-istick-pico-baby-050

■リングを使えば付属のクリアロ以外も乗ります。ここがこのKITの画期的なところ。
外径17ミリぐらいまでしか乗らないと思うのでそこは注意です。
eleaf-istick-pico-baby-052

■このように。
eleaf-istick-pico-baby-053

■16.5ミリのFoggerが乗ります。
eleaf-istick-pico-baby-054

■がんばってMODのコンタクト部分を撮ってみました。
磁力でここにくっつくので、やや弱いめのスプリング式になってます。
eleaf-istick-pico-baby-055

サイズ: 41mm*23mm*75mm
タンク部外径: 16.5mm
重量: 112.8g
ジュース容量: 2ml
バッテリー: 1050mAh(内蔵式)
最大出力ワッテージ: 25W
抵抗値範囲: 0.4Ω-3.0Ω
カラバリ: silver, black, greenery, red, blue, purple

カラバリは基本の6色のほか、レインボーとかチェック柄とかいろいろ出てるみたいなので公式ページで確認してみてください。

バッテリー内蔵の極小ステルスキットですね。
AT 45Wってのがあったんですが、実際あれは残念でした。
時期的には同じぐらいだったのかな?確か。
ともあれ今回のPico Babyはあれのダメなところを全部クリアしています。
構造的には似てるんですが、外径さえ合えば510コンタクトのアトマが使えるってのが、このiStick Pico Babyの超素敵なところです。

トップファイアボタンで、16mmのアトマに対応するステルスMODです。17mmぐらいまで乗りそうな気もする。
ワッテージを調整するとかそういう類の機能は付いてなくて、電源ON/OFFそしてファイア!だけのシンプル機能。
LEDはバッテリー残量を示していて、残量が少なくなるほど点滅速度が早くなります。
バッテリーが減ってくるとそれに合わせて電圧もドロップしていきます。
昇圧回路が入ってれば最後まで同じ感じで吸えるんだけど、そうすると急にプツっと切れるんだよね。
LEDでちゃんと確認しなさいよって気もしますが、どちらが良いかは好みだと思う。
バッテリー容量は1050mAhと、このサイズにしては少なくない容量。
コイル抵抗値を考えると十分だと思います。

ファイアボタンのロック機構がめっちゃ面白いですよねコレ。
外周がネジ式のリング状になってて、これを回すとリングがMODにぴったりくっつく形になり、「物理的に押せないよ!」を実現してます。

ファイアボタンの押し心地は「スコ……プチッ」って感じ。何言ってるか分かんないすよね。
なんかね、ロック機構もそうだけどファイアボタンの見た目がメカ的じゃないですか。デッカいボタンで、押す時にストロークがあって。
で、最終的にテクニカルMODのスイッチの感触なんですよね。当たり前っちゃ当たり前なんですけど。

押し始めはバネの反発力を感じながらある程度のストロークがあるメカ的な押し心地。
で、底に付いたなってところで基盤のスイッチを押してる「プチッ」っていう感覚があるんすよ。
最初ちょっと不思議な感覚でしたが、このサイズのトップファイアボタン。たまりません。

さてさて、クリアロの話もしましょう。

僕がvape始めて少し経ったあたりでEleaf TC 40WっていうMODを買ったんですね。
インナーバッテリーで小型なTC搭載の「Pico 40W MOD」とTC対応NiコイルとVW用コイル両方が付属する「GS Tank」っていう今考えても素敵すぎるキットでした。
TCブームだったんすよね当時。
そんときのコイルの規格がGSコイル。
思い入れ補正がメッチャあるんですけど、GS Tankってすげえ朴訥なデザインでね。初めて温度管理したときのワクワク感とか思い出します。

そうそう、GSタンクじゃなくてGSコイルの話でした。
今回のPico Babyに付属するのはカンタルワイヤー0.75Ωのもの。MODにTC機能が無いですからね。
0.75Ωは良い抵抗値セレクトだと思います。MTLでもDLでもない中道。僕はこれぐらいが好きです。
ミスト量は少なめ。味も普通に出てます。飛び抜けて美味しくはない。
変なコットン臭しないし、普通に美味しい。全然オッケー、そんな感じ。
スレッドとかの精度は申し分ないです。
ドローの重さは小さい穴一つにするとザ・MTLって感じ。
全開にするとギリDL、ぐらいの重さ。
丁度いいですよ。このMODで爆煙するかっていうとしないし。
別売りの1.2Ωのコイルを使えば、よりMTL的な運用も可能だし、カバーするべきレンジをきっちりカバーできてるなっていう感じです。

16ミリのアトマって探してみると意外とあるんすよね。主にクリアロですが。JustfogのQ16とか。
Pico Baby用のクリアロを買い足すことも可能だし、マグネットだけでも売ってるのでちょっと夢がありますよね。

そんな感じでーす!

その他のEleaf製品のレビューは→こちら


(2019/04/06 追記)
Twitterで「片手でロック&アンロックできるのが魅力なんだぜ!」って教わったので、実際にやってみました。
教えてくださってありがとうございます!



にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!