プロトカルチャー!

Healthcabin様よりご提供いただきました。
ありがとうございます!

■開けまーす!
heatvape-invader-mod-17_213207

■裏面にはコピー防止のやつ。
heatvape-invader-mod-17_213224

■中身はMOD本体、マニュアル、品質保証カード、いろいろ使えるUSBケーブル。
heatvape-invader-mod-17_213423

■iPodも充電できる便利なUSBケーブル。iPodとかMicroUSB(A/B)、ライトニングにも対応。
heatvape-invader-mod-17_213459

■マニュアルは英語です。
heatvape-invader-mod-17_213540

■じゃん!サイズ感このぐらい。
heatvape-invader-mod-17_213559

■サイド。ファイアボタンがありますね。意外と薄い。
heatvape-invader-mod-17_213622

■背面。バッテリーカバーは可動式のツメ2本で留める構造。
heatvape-invader-mod-17_213723

■サイド。USBとMicroUSBのポートがあります。普通のUSBポートはモバイルバッテリーとして使用するときのもの、MicroUSBポートはこのMODを充電するときのもの。
heatvape-invader-mod-17_213732

■口金部分、510スプリングローデッド。
heatvape-invader-mod-17_213746

■おしり。
heatvape-invader-mod-17_213807

■バッテリーカバーを外すとこんな感じ。
heatvape-invader-mod-17_213827

■バッテリーカバー自体も金属製で、ガッチリしてます。
heatvape-invader-mod-17_213844

■リボンついてますね。シリーズ接続です。
heatvape-invader-mod-17_213918

■下側の端子はこんな感じ。
heatvape-invader-mod-17_213934

■ちなみにバッテリーカバー、わりと多めに隙間が開いてます。ベントホール代わりって感じすかね。
heatvape-invader-mod-18_013449

■22ミリを乗せるとこんな感じ。微妙にツラにならないです。
heatvape-invader-mod-18_004152

■Fleakshow miniのローハイト感を打ち消す口金のフォルム。
heatvape-invader-mod-18_004222

■口金部分をひねると、こう外れます。
heatvape-invader-mod-18_004246

■なんとeGo規格のアトマイザーが使える。
heatvape-invader-mod-18_004327

■細い!マッチョなMODのサイズ感からの緩急がすごい。
heatvape-invader-mod-18_004347

■バッテリー入れると、
heatvape-invader-mod-18_005231

■なんとココが光ってロゴが出る。ディスプレイじゃなくて機械式のギミックだろうと思うんですが、細かい部分で面白いです。
heatvape-invader-mod-18_005644

■ディスプレイ、3クリックでこのメニューです。左から電源ON/OFF、VV、VW、時計時刻合わせ、Exitです。
heatvape-invader-mod-18_005711

■時刻合わせ。2014年製なのかしら。ちなみに電池抜くたびに時刻設定がリセットされます。
heatvape-invader-mod-18_005814

■パワーが満ちていく感じ。
heatvape-invader-mod-18_005829

■VW時のディスプレイ。抵抗値表示の右にある「10」はパフカウンター。
heatvape-invader-mod-18_005834

■VV時。
heatvape-invader-mod-18_010035

■マイナスを長押しすると、電球マークが。
heatvape-invader-mod-18_010124

■ビカーッ!と光ります。
heatvape-invader-mod-18_010131

■プラスを長押しすると電撃マーク。この状態のときはモバイルバッテリーとして使用することも可能。
heatvape-invader-mod-18_011556

■前面のデザイン、蜘蛛かと思ってたんですが、こんな感じのやつでした。
heatvape-invader-mod-18_012243

■Q14クリアロマイザーと。
heatvape-invader-mod-18_012428


Heatvapeはかなり古いメーカー。今活動してるのかどうかは不明。
なんか有名ブランドに姿を変えているような気がしないでもないけど、そこらへん突っ込んでも特に何も生まれないので深追いしない感じです。
プロダクトとしてはAegisのデザイナーがそれ以前に手掛けていたInvader miniが有名すよね。
あとPowerTubeもかっこよかった。


[Heatvape Invader MOD の仕様]
サイズ:129.2 * 60.2 * 25.7mm
重量:190g(実測)
材質:アルミ合金&亜鉛合金
入力電圧:6-9V
待機電流:<50μA
電圧範囲:3-6V
ワッテージ範囲:3-30W
抵抗値範囲:0.5-1.0Ω
バッテリー:18650 * 2(シリーズ接続)
モード:VV / VW
機能:
タッチスクリーン
パワーバンク(モバイルバッテリーとしての利用が可能)
各種プロテクション

カラバリはブラック、レッド、グレイの3色。
グレイしか残ってないけど無問題。
Invaderって名前だしグレイで間違いない。

商品ページの説明書きにはパラレル接続って書いてあるんだけど、説明書にはシリーズ接続って書いてあるし見た感じもシリーズ接続だし最大電圧が6Vだしなので、シリーズ接続っすね。
MAXで30Wっていう設計なのは当時の名残っすね。

操作方法は割と簡単です。
3クリックでメニュー出現、あとはタッチ式のプラマイボタンで選択、ファイアボタンで決定。
メニューアイコンは左から
・Power ON/OFF
・Voltage mode
・Wattage mode
・Calendar
・Exit
です。

プラマイ同時押しでロックのON/OFF。
マイナスボタンを長押しするとライトが点灯。
プラスボタンを長押しすると雷マークが表示され、モバイルバッテリーとしての利用が可能になります。

MODをモバイルバッテリー化するっていうアイデアやタッチスクリーンインターフェースがこの時期に実装されているのは少し驚きでした。

全体的に「金属でごわす!」って感じがビンビン出てます。
可動式のツメでバッテリーカバーを固定するギミックも素敵。
タッチ式のプラマイボタンは反応めっちゃ良くて、うっかり触ると設定ワッテージ動くぐらい。なので、ディスプレイ下部のくびれを握り込むようにグリップするのがお作法っぽい。
トップ部にポコっと出てるLEDもレトロフューチャーなテイストでたまりません。

当時の環境的な理由からeGo形式のアトマが乗ります。
ニコソルが登場したあたりから、eGo形式の細いクリアロがちょこちょこ新しく出てるので、逆に活きてくるのかなとも思います。

いかんせん古い製品なので機能面だけで見ると良いところ無いんですが、見た目といいギミックといい、可愛いMODです。
お安くなってますしね。

そんな感じでーす!

商品ページは→
こちら!
[Heatvape Invader Multi functional VV/VW 30W MOD Kit ]
heatvape-invader-mod-kit


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!