漏れないトップ吸気式。

Sourcemore様からご提供いただきました。
ありがとうございます!

■開けまーす。
hellvape-deadrabbit-rta-014537

■裏面にコピー防止スクラッチ。
hellvape-deadrabbit-rta-014541

■じゃん。
hellvape-deadrabbit-rta-014601

■中身はRTA本体、付属品BOX、マニュアル類、ステッカー。
hellvape-deadrabbit-rta-014620

■デドラビステッカー。超かわいい。
hellvape-deadrabbit-rta-014630

■説明書。日本語は対応してませぬ。
hellvape-deadrabbit-rta-014734

■付属品BOXの中身。バブルガラスチューブ、色違いのドリチ、810→510の変換アダプタ、ドライバー、六角レンチ、Oリングの予備、それからイモネジ(六角)です。
イモネジはデフォでマイナスのやつが付いてるので、六角精児ファンは付属のやつに交換してね、ということです。
hellvape-deadrabbit-rta-014914

■黒いほうが付属品BOXに入ってたやつで、白いほうがデフォで付いてたやつ。
形は同じ。色違いっすね。
hellvape-deadrabbit-rta-022816

■本体。ストレートのガラスチューブが付いてます。
上下のローレットが無骨。あんまり無駄なデザインが無くて良いっすね。
hellvape-deadrabbit-rta-015042

■チャンバーにはウサギのロゴ。反対側にはDeadRabbitの文字ロゴが入っています。
hellvape-deadrabbit-rta-015112

■ちょっと上から見るとこんな感じ。
hellvape-deadrabbit-rta-015155

■エアホール、上部に2発。
hellvape-deadrabbit-rta-015127

■バラすとこんな感じ。
hellvape-deadrabbit-rta-015306

■ドリチ。810、樹脂製です。
hellvape-deadrabbit-rta-015335

■トップキャップ。外周にローレットが入ってて回しやすくなってます。
それ以外はすっきりしたデザイン。
hellvape-deadrabbit-rta-015358

■裏側。チムニーとスレッドで接続するタイプ。口癖みたいになってますが、トップ部外周にスレッドが無いタイプは怪我のリスクが少ないので好きです。
hellvape-deadrabbit-rta-015434

■真ん中のパーツ。エアフローコントロールリングはOリングでハマってるだけなので引っ張ると外れます。
hellvape-deadrabbit-rta-015445

■トップ部。リキチャ穴の部分はすり鉢状になってて、適当にリキチャしても、ちゃんと穴に落ちていくようになってます。
エアホールが斜めに掘られてる事の副産物的なメリットかも。
hellvape-deadrabbit-rta-015456

■エアホール。斜めに開いてるのが分かりますでしょうか。
hellvape-deadrabbit-rta-015520

■エアホールに細いドライバー突っ込んでみました。こんぐらいの角度で開いてます。
hellvape-deadrabbit-rta-015702

■で、裏側。ドライバー突っ込んだまんまでしたね。エアホールはこういう風に普通に貫通してるだけ。
INTAKEみたいに「上から取り入れて下から吹き上げる」タイプじゃなくて「上から取り入れて上から吹き付ける」タイプ。
hellvape-deadrabbit-rta-015734

■天井部はややテーパーってます。
hellvape-deadrabbit-rta-015753

■チャンバー下部のこの切り欠き、デッキの凸部とハマります。
デッキとチャンバーが同じ角度でハマる必要があるのです。チャンバーの天井に開いてるエアホールとコイルの位置関係が常に同じになる必要があるからです。
hellvape-deadrabbit-rta-015810

■赤丸で囲った部分の出っ張りがチャンバー下部の切り欠きとマッチします。
すげえ伝わりづらいと思うんですが、デッキ部分とボトムキャップ部分が回りっぱなしになる構造なんです。なので、切り欠きで固定されたチャンバーとデッキの角度は固定されたままボトムキャップがスレッドで締まっていくっていう仕掛けなんです。この構造もINTAKEと似てる。
hellvape-deadrabbit-rta-015925

■改めて、デッキ。デドラビですね。
hellvape-deadrabbit-rta-015834

■おしり。
hellvape-deadrabbit-rta-015850

■ポジピンはがっつり出てます。
hellvape-deadrabbit-rta-021200

■赤丸のところ、ジュースホールです。
hellvape-deadrabbit-rta-020038

■カンタル24ゲージデュアルで組んでみました。
ワイヤーレッグを8mmでカットして、デッキに付く高さで仮締め、
hellvape-deadrabbit-rta-020945

■ジグで向きを直して無駄なワイヤーレッグをカットしました。
これで0.32Ωでした。
hellvape-deadrabbit-rta-021028

■どんなアトマでもそうなんですけど、コイル位置が高すぎるとチャンバーの天井に接触してショートするので、チャンバー固定した状態で抵抗値を確認しましょう。
hellvape-deadrabbit-rta-021109

■ウィッキング。梳かずにほぐしてウィックホールに収めました。
hellvape-deadrabbit-rta-021918

■こんな感じ。
hellvape-deadrabbit-rta-021934

■チャンバーを付けた時、こんな感じになります。
hellvape-deadrabbit-rta-022055

■リキチャはここから。
hellvape-deadrabbit-rta-022206

■クラプトンシングルでも組んでみました。0.38Ω。
シングルでもそこそこ美味しいです。
巻き方向はどっちでもOK。ただしエアホール&ウィックホールの位置は固定なので、コイルを置くときの向きに気をつけてください。
hellvape-deadrabbit-rta-224849

■Batonに。
hellvape-deadrabbit-rta-022734

■ドリチ、黒にしてみました。
hellvape-deadrabbit-rta-022839

■Box Modにも乗せてみました。良い感じですね。嫌味のないデザインなので25ミリがはみ出さないMODならなんでもイケると思います。
hellvape-deadrabbit-rta-185500


けっこう古いやつなんですけど、人気商品なんですよね。
Hellvapeは男らしい見た目と新しいデッキデザインで名作が多いです。

[Hellvape Dead Rabbit RTA の仕様]
外径:25mm
高さ:44mm(実測、コンタクト除く)
リキッド容量:2ml(ストレートガラスチューブ時)4.5ml(バブルガラスチューブ時)
トップエアフロー
シングルコイル / デュアルコイル ビルド対応

タンクにリキッドが残ってる状態でデッキにアクセスできるかっていうと微妙。トップ部とガラスチューブはOリングでハマってるだけなので。
トップ部とガラスチューブをセロテープで固定してからデッキを外す、という裏技もあるんですが、そういう話じゃないっすよね。

一番の特徴であるトップエアフローについて。
DeadRabbit RDAもトップエアフローでしたね。
トップエアフローのアトマは給気口が高い位置にあることで漏れに強いというメリットがある反面、往々にしてコイル設置位置がシビアになりがちです。
こいつの場合は
・ショートしない程度に
・なるべく高い位置を目指しながら
・エアホール出口とコイルの間に少し隙間があるぐらい
がベストでした。
エアホールに近すぎても、それはそれで良くなかったんですよね。

デュアルコイル時のコイル位置について平面方向の話をすると、ポストに対して真っ直ぐか、気持ち内側寄せ、ぐらいが良かったです。
シングルコイルだと真ん中に置くだけだから気にしないですけどね。

個人的には単線デュアルで組んだほうが美味しかった。
っていうかクラプトンシングルもそこそこ美味しいんですけど、クラプトンシングル前提のRTAってボトムエアフロー or ボトム+サイドで他に優秀なのがいっぱいあるから、そういうのと比べると多少見劣りしちゃうんすよね。

まぁでも……なんせデザインが素敵すぎますよね。

そんな感じでーす!

ショップページは→
こちら!
[Hellvape Dead Rabbit RTA]
hellvape-deadrabbit-rta-185500

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!