スイッチ機構が独特です。

Sourcemore様からご提供いただきました。
ありがとうございます!

■あけまーす!
hellvape-trishul-v2-01

■コピー防止スクラッチ。
hellvape-trishul-v2-02

■マニュアルとワーニングカード。
hellvape-trishul-v2-04

■マニュアルは日本語非対応。
hellvape-trishul-v2-05

■じゃじゃん。
hellvape-trishul-v2-07

■ツヤッツヤです。よーくみると薄いブラシ加工が入っててポリッシュではないです。
hellvape-trishul-v2-08

■真ん中が少し細くなってるフォルム。上部には6連のリング。
hellvape-trishul-v2-09

■ボトム部に3箇所、モールドが入ってます。Trishulはサンスクリット語でTridentって意味らしいので3箇所なんだと思います。
hellvape-trishul-v2-41

■ハイブリッド接続。ベントホールが3つ開いてます。
hellvape-trishul-v2-10

■ファイアボタンこんな感じ。
hellvape-trishul-v2-11

■ファイアボタンを外すと中身がいろいろと。
hellvape-trishul-v2-12

■絶縁スリーブ。
hellvape-trishul-v2-13

■うっすい筒です。手持ちの21700には合わなかった。20700で使うとイイカンジでした。
hellvape-trishul-v2-14

■18650バッテリー用のアダプタ。
hellvape-trishul-v2-15

■こんな感じ。
hellvape-trishul-v2-16

■こんな風に使います。
hellvape-trishul-v2-18

■付属品袋の中身。ファイアボタン用のジグとマグネットの予備、ワッシャー、あとOリング的なやつ。
hellvape-trishul-v2-17

■覗き込むと、上部にポリカの絶縁体が仕込まれてます。
hellvape-trishul-v2-19

■スレッドも綺麗。
hellvape-trishul-v2-20

■さて、ファイアボタン。
hellvape-trishul-v2-21

■ここはゴムパーツがハマってるだけなので、手で外せます。
hellvape-trishul-v2-22

■こんな感じ。マニュアルでArc Transfar Contactって呼ばれてるのが右のカッパーのパーツです。
hellvape-trishul-v2-23

■で、こっから工具で分解していきます。
hellvape-trishul-v2-24

■付属のジグをこうして回すと、
hellvape-trishul-v2-25

■こんな感じで外れます。ファイアボタンを押した時に上下するのが左のパーツで、こいつがマニュアルでPower Contactって呼ばれてるものです。
hellvape-trishul-v2-26

■マグネットが見えます。
hellvape-trishul-v2-27

■お尻側はこんな感じ。普通のメカチューブならマグネットが「反発する向き」で設置されてますが、こいつは「引っ張り合う向き」で設置されてるんです。
hellvape-trishul-v2-28

■電池側のマグネットの下にワッシャーがカマされてるので、ワッシャーの内径よりも太い棒を突っ込むと外せます。
マグネット2つでハウジングを挟み込んでる構造なんですね。
hellvape-trishul-v2-29

■こんな感じになりました。
hellvape-trishul-v2-30

■マグネットを外したあと。Oリングが仕込まれてます。
hellvape-trishul-v2-31

■こいつも普通に外せます。
hellvape-trishul-v2-33

■裏側。ハウジングの内側にほっそいスプリングの輪っかが仕込まれてます。こいつがボタンの動きをスムーズにしてくれる構造。
hellvape-trishul-v2-32

■ハウジングのお尻側には突起が設けられています。
hellvape-trishul-v2-34

■ボタン側の凹部がハウジングの凸部と合わさるので、ファイアボタンがくるくる回らないようになってます。
hellvape-trishul-v2-35

■アトマのコンタクトの長さ次第なんですけど、21700バッテリーを入れると、ファイアボタンこれぐらい出っ張ります。
hellvape-trishul-v2-44

V1(右)と比較するとこんな感じ。
hellvape-trishul-v2-36

■このロゴがもう一度見られるとは思ってなかったのでちょっと感動です。
hellvape-trishul-v2-37

■サイズ感こんな感じ。
hellvape-trishul-v2-38

Trishul RDAと。
hellvape-trishul-v2-39

Requiem RDAと。
hellvape-trishul-v2-40

うさぎRTAのV2
hellvape-trishul-v2-42

■Recurve RDA。
hellvape-trishul-v2-43


※メカニカルMODは十分な知識のもと自己責任で楽しみましょう。


[Hellvape Trishul V2 Mechanical Mod の仕様]
外径:27mm(トップ部は26mm)
長さ:95mm
重量:161.6g
(いずれも実測値)

カラバリはカッパーブラック、カッパー、ブラスの3色。
公式ページは→こちら 

V2ですよ。まさかの。
個人的にTrishul Mech V1めっちゃ好きで使ってました。
Trishul MechのV1が出たのが2017年ごろ。
Dead Rabbitが出たのが2019年ごろで、Hellvapeが有名になってきたのもこの頃ですね。
中華マスプロのメーカーって初期にメカチューブとRDAを出して、人気が出始めるとRTAとかテクMODとかしかリリースしなくなる傾向あるじゃないですか。
なのでHellvapeもメカチューブもう出さないんだろうなって諦めてたんですが、3年ごしのV2リリース。
正直、出るとは思ってなかったのでかなり嬉しい一本です。

18650、20700、21700のバッテリーに対応するフルメカ。
ハイブリッド接続なので使用するアトマのポジピン突出には注意です。
中央がやや窪んでいて、ボトムにいくに従って太くなっていくシェイプで握りやすい。
上部のリングカットもきちんと角が落とされていて綺麗です。
下部にはV1と同じトライデントのロゴ。
今回のサンプルはカッパーなんですが、表面処理されてるのかな。ニギニギしても特有の匂いがしないし酸化も見当たりません。なので、サビサビが好きな人はちょっとご注意ください。


で、

ファイアボタンが実にユニークです。
まずマグネット設置の向きが普通と逆なんすよね。
普通はマグネットの反発力を使ってるんですけど、こいつは逆。
最初にくっついてる状態のマグネットを剥がす力を使ってるわけです。
押し心地も独特で、最初に抵抗があって、マグネットが剥がれると「クッ」っとボタンが入っていく感じ。

さらに、ファイアボタンのコンタクトにも工夫があります。
ファイアボタンのコンタクトとバッテリーで回路が完成するタイプが多いんですが、長く使ってるとバッテリーの接点が黒く汚れるっていうデメリットがあります。
今回のやつはファイアボタンユニットの内部でArc Transfar ContactとPower Contactで回路が完成する仕組み。
バッテリーと触れる部分は大きなカッパー製のArc Transfar Contact。で、このコンタクトはバッテリーと「触れっぱなし」になってるんです。

Taurenとかもそうなんですが、こういうタイプはバッテリー接点の汚れが起きにくいわけです。

あとハウジングの内側に仕込まれた細いスプリングの輪っかとか、とにかく細かい工夫が詰め込まれててすごい。
ファイアボタン内部の接点パーツもカッパー製で、しかも広い面積で接点になってるのでファイア時の通電信頼性も高いです。

なにより、これだけ工夫が凝らされた構造でありながら全バラしできるのが素敵です。

バッテリー長の差をファイアボタンユニットの締め具合でなんとかする構造なので、締め込みすぎには注意です。

デザイン良し、メンテ性良し、機能良し。
三方良しで21700にまで対応した形ですね。
Trishul Mechの正統進化だと思います。

そんな感じでーす!

クーポンコード「TV2」で$31.69に。
コスパも良しですね。

商品ページは→
[Hellvape Trishul V2 Mech Mod]hellvape_trishul_v2_mech_mod_colors


その他のHellvape製品のレビューは→こちら!


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!