モンスターマシンって男心くすぐるワードですよね。
ijoy_maxo_mod_5512
 

Heavengifts様よりご提供いただきました。
ありがとうございます! 

■箱からしてデカいわけですよ。
裏側にコピー防止のスクラッチ付いてます。
ijoy_maxo_mod_5278

■どどん。
ijoy_maxo_mod_5280

■中身はこんな感じ。説明書とワランティカードと本体、USBケーブル。
あと飾りシールですね。
ijoy_maxo_mod_5281

■飾りシール。両面テープになってます。
ijoy_maxo_mod_5282

■こういう事ですよね。
ijoy_maxo_mod_5283

■アトマを載せる部分は普通に510スプリングローデッドです。
ijoy_maxo_mod_5284

■右下にUSBポートが見えますね。
ijoy_maxo_mod_5286

■パネル部分。
ijoy_maxo_mod_5288

■真上から見たところ。銀色部分が17ミリです。
ijoy_maxo_mod_5289

■おしり。
ijoy_maxo_mod_5290

■ちょっとスライドさせて開け閉めするタイプです。
ijoy_maxo_mod_5292

■4本で使うときはこう。同じ時期に買った同じ電池を使いましょう。
ijoy_maxo_mod_5293

■ちなみに2本でも動きます。その時はこういう入れ方か、
ijoy_maxo_mod_5294

■もしくはこう。
ijoy_maxo_mod_5295

■2本で動かしてるので右の電池マーク、下のほうが空っぽになってますね。
ってことは2本ずつで制御してるっぽいですね。
ijoy_maxo_mod_5296

■メニュー画面。Pはパワーモード。VWってことですね。
右から2つ目は画面の上下切り替えです。
ijoy_maxo_mod_5297

■立ち上がりの挙動を変更するメニューです。
SOFTの上にドット抜けが見えますが、電池入れ直したら直りました。
ijoy_maxo_mod_5298

■ユーザーモードです。3秒間の挙動を手動で設定できます。
ijoy_maxo_mod_5299

■ユーザーモードの設定は基準となるワッテージ(Pモードで設定したワッテージ)の上下50%の幅で設定できます。
たとえば基準が30Wの場合、
ijoy_maxo_mod_5301

■MAXが45W。
ijoy_maxo_mod_5302

■MINが15Wってことです。
ijoy_maxo_mod_5303

■温度管理モードです。画面自体はシンプルで見やすいと思います。
ijoy_maxo_mod_5509

Fodi載せるとこんな感じ。
ijoy_maxo_mod_5512

■真上からみたところ。
ひし形のおかげで、22ミリアトマを乗せてもそれほど、ちぐはぐな感じしないと思います。
ijoy_maxo_mod_5514

■とはいえデカいのはデカいですけどね。
ijoy_maxo_mod_5515

■掌に収まらないのです。
ijoy_maxo_mod_5516

■25.8ミリのタンクを載せるとこんな感じ。
やっぱデカいMODにはデカいアトマが似合いますよね。
sense_blazer200_tank_5338

■物々しさがハンパないです。
ijoy_maxo_mod_5517

■パネル部分はシンプルで良いですね。
ijoy_maxo_mod_5518

■背中は丸みを帯びてて握りやすくなってます。
ijoy_maxo_mod_5519

■ベントホールです。
ijoy_maxo_mod_5520

iPicoと比べてみましょう。
ijoy_maxo_mod_5521

■差は歴然ですね。
ijoy_maxo_mod_5522


説明書にはレザーステッカー10枚(5組)って書かれてたけど6組入ってた。これはデフォで1組貼られてるのが正しいという意味なのかしら。
レザーステッカーは上から
・黒。ドットになってる。ちょっと高いマウスパッドみたいな。
・抹茶色。シボシボになってて布地っぽい感じ。
・木工用サンドペーパーみたいな感じ。
・ギンギラギン。さり気なくない。
・コルク。
・焦げ茶。表面加工は黒と一緒。
です。
僕は迷わずギンギラギン貼りました。
 
本体はそこそこ軽いんですけどね。電池4本入れると、さすがに鈍器です。
天板と底板はマット加工がされていて高級感ありますね。
マーブル模様の青の部分は光沢加工です。
見た目の印象としては……イカツイっすね。

スペックです。
サイズ:64mm*89mm*41mm
出力電力:5〜315ワット
出力電圧:1.0〜9ボルト
出力電流:1.0〜50A
温度管理範囲:300〜600°F/150〜315°C
VW時の抵抗値範囲:0.06〜3.0Ω
パワー効率:95%
ファームウェアアップグレード可能
モード:VW/温度管理(Ni/Ti/SS)/スペシャルユーザーモード

アップグレード可能ってのは良いですよね。 
ファイアボタン5クリックで電源ON/OFF。
3クリックでモード切り替えです。
左からニッケル、チタン、SSの温度管理モード、PっていうのがVWモードですね。その右が画面の上下入れ替え。
一番右がセットアップモードです。
セットアップモードでは立ち上がりの出力を設定できます。
Hardの場合は設定しているワッテージプラス30%、Softだとマイナス20%、Normだとそのままのワッテージで立ち上げるっぽい。
で、UserModeを選ぶとファイアボタン押してから3秒間の挙動を設定できます。
ここで設定するワッテージはVWモードで設定されているワッテージを基準に上下50%の幅が設定範囲になります。
たとえば30Wに設定してる場合、最小が15Wで最大が45Wですね。
このレンジの中で上下5段階で設定するので、基準が30Wの場合に設定できる値は
(-5)15W
(-4)18W
(-3)21W
(-2)24W
(-1)27W
(±0)30W
(+1)33W
(+2)36W
(+3)39W
(+4)42W
(+5)45W
となります。
これを6本のゲージそれぞれに設定していくわけです。

TC(温度管理)モード時の操作がちょっとムズいです。
プラスボタンを長押しすると、ワッテージ調整モードになりWのマークが点滅します。この状態でプラマイボタンを押すとワッテージの調整ができます。
マイナスボタンを長押しすると°F(もしくは°C)のマークが点滅し、温度調整モードになり上下ボタンで温度調整。

見た目に似合わず繊細な温度管理性能を発揮します。
ワッテージ調整もできるし、TC性能としては、なかなか良いと思う。
TCRが無いのがちょっと惜しいですけど、でもさ、このMODは温度管理でチマチマ吸うために買わないよねー。
電池4本入れて使ってるとデカいんですが、ひし形になってるおかげで持ち心地は悪くないです。
各ボタンの押し心地もGoodです。
BlazerTankで推奨200Wって言われた時はどうしたものかと思いましたが、こいつのお陰でポテンシャル引き出せたと思います。

まとめます。
TC性能もグッドな最大315ワットのモンスターMODです。
シールのチョイスで自分好みにデコれるのも、ちょっと面白いですよね。 
ドデカいコイルを使う人やクラウドチェイサーの人はグッとくるんじゃないでしょうか!
ただ、お値段90ドル弱するので、どうしても300W出すねん!って事がない限り、機能面でのニーズはどうなだろって感じです。
とにかくゴツいのが欲しい、ってことならアリかも! 

ショップ提供品なのでリンク貼ります。
Heavengiftsの商品ページは→コチラ

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!