冷却するという強い意思を感じる。

Sourcemore様からご提供いただきました。
ありがとうございます!

■あけまーす!
innokin-itaste-exthermal-rda-10_014221

■裏にはコピー防止スクラッチ。
innokin-itaste-exthermal-rda-10_014232

■じゃん。
innokin-itaste-exthermal-rda-10_014429

■シリコンのキャップ取りました。
innokin-itaste-exthermal-rda-10_014452

■立ち姿。
innokin-itaste-exthermal-rda-10_014514

■バラしました。
innokin-itaste-exthermal-rda-10_014854

■510ドリチ。トラッドなシェイプ。
innokin-itaste-exthermal-rda-10_014916

■キャップのヒートシンクがすごい。
innokin-itaste-exthermal-rda-10_014948

■このラインまでヒートシンク。実際には細長いキャップ。
innokin-itaste-exthermal-rda-10_024140

■キャップ裏面。ね、細長いんです。
innokin-itaste-exthermal-rda-10_015000

■チャンバーとエアフローコントロールリング。2穴じゃなくて4穴なのがちょいと不思議です。
innokin-itaste-exthermal-rda-10_015027

■チャンバー内部を覗くとこんな感じ。
innokin-itaste-exthermal-rda-10_015058

■デッキ。大好きな3ポスト3ホールです。
innokin-itaste-exthermal-rda-10_015127

■おしり。ポジピンは圧入ですねこれ。
innokin-itaste-exthermal-rda-10_015151

■ポジピン突出、ゼロ!
innokin-itaste-exthermal-rda-10_015218

■ワイヤーホールは1ミリぐらい。小さい。
innokin-itaste-exthermal-rda-10_015442

■エアホールとワイヤーホールの位置関係はこんな感じ。
innokin-itaste-exthermal-rda-10_020106

■26ゲージカンタル、8巻デュアルで。0.62Ωでした。
innokin-itaste-exthermal-rda-10_021604

■ウィッキングやりやすい。
innokin-itaste-exthermal-rda-10_022544

■WYEと。
innokin-itaste-exthermal-rda-10_022833

■これをやりたかったんですよ。
innokin-itaste-exthermal-rda-10_023309

■長い! 蜘蛛の足、長い!
innokin-itaste-exthermal-rda-10_023344

[Innokin iTaste Exthermal RDA の仕様]
外径:23mm(エアフローコントロールリング部分は23.5mm)
高さ:
 68.1mm(コンタクト除く)
 47.2mm(コンタクトとドリチ除く)
(※いずれも実測値)

ちょっとセンシティブなところなんですが、Arachnidと合わせました。
ポジピンの突出があれだけ無い、しかも圧入のものをメカに乗せてブログに掲載するのは戸惑いがあったんですけども。

MODのポジティブコンタクトのサイズとか絶縁の方式とかMODのスレッドの深さとアトマのコンタクトの長さの比較とか、そういう所まで確認して「ヨシ!」っていう段取りが必要なのであって、ハイブリッドじゃなければとりあえずOK!ってことじゃないと思うんすよ。
というわけでそのへん確認して乗せちゃいました(自己責任)。
キュンときましたよ。あの頃のinnokin……みたいな。

で、

実際このアトマがどうかっていうと、悪くないんですよ。
メチャクチャ良くもないけど。
ヒューズドみたいな太いワイヤーが横行している現環境には全然合わないっす。
24ゲージでギリかなっていうぐらいワイヤーホール小さいし。
エアホールが4つで固定なのも謎いです。クアッドで組めってことか?
あと長い。なにしろ長いです。

分解するときにOリングとかがやたら硬くてゴム手袋使ったんですけど、経年によるものだろうと思います。
だいぶ昔のものなんですが加工精度も良いです。
塗装が雑でエアフローコントロールリングの内側とかに入ってる点以外は特に問題なかったですね。
ヒートシンクのエッジもちゃんと落とされてて、指の皮スパーなんてことも無いです。
デッキ〜チャンバー〜キャップの接続部、角が面取りされてるのでハメるときにギチギチってなる事も無いし、程よい力で着脱できてます。

26ゲージデュアルでビルド。
コイル位置はエアホールよりも高め。横から入れて下から当てる感じ。
使ってないエアホールはウィックでガードして、コイルにエアが集まるようにしました。

エアホール全開。ドロー感はやや抵抗ありのDL、ぐらい。
30Wぐらいで炊いてもきちんとミスト温度が落ちてます。
ヒートシンクが効いてますね。
結露で多少死んでるせいだと思うんですけど、ビルドに対してミスト量はやや少なめです。
味わい的には長いキャップのテーパーで絞られてグッと濃くなってる感じ。
甘みが強く出てます。
なまじ美味しいのでコメントに困ります。

今これを買う積極的な理由は無いんですが、投げ売りされてるわりに美味しいので何かのついででカートに入れちゃうのは全然アリだと思います。
見た目もトガってますしね。

そんな感じでーす!

その他のInnokin製品のレビューは→こちら!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!