MOD単体で考えたい。

Buybest様よりご提供いただきました。
ありがとうございます!

■開けまーす!
joyetech_cubox_01

■中身はこんな感じ。付属品BOX、USBケーブル、MOD本体、説明書類。
joyetech_cubox_02

■説明書、ワランティーカード、注意書きカード。
joyetech_cubox_03

■付属品BOX。
joyetech_cubox_05

■中にはクリアロとドリチ、ガラスチューブのスペア、Oリング類、コイルのスペア。
joyetech_cubox_07

■ドリチ。510です。樹脂製で半透明です。
joyetech_cubox_08

■コイルのスペア。
joyetech_cubox_09

■0.6Ωで推奨15-28W。MODの出力電圧下限の3.3Vのとき18.15W、上限が書かれてないんだけど4.2Vだと仮定したとき29.4Wなのでだいたい収まってるかな、という設定値。
joyetech_cubox_10

■上から見るとこんな感じ。コイルの内径はけっこう細めで、ドロー感もやや重めです。
二重筒になってて外側の空間からエアが入り、コイル下部を通って真ん中の穴から出てくる仕組みです。
joyetech_cubox_11

■おしりのこの部分がジュースホール。
joyetech_cubox_40

■さてクリアロ「Cubis2」。
エアホールは見えている1つだけで、全開全閉で止まる無断階のやつ。
joyetech_cubox_12

■エアホールを全閉にした状態でトップ部をスライドさせると、こうパカっと開きます。
joyetech_cubox_14

■バラすとこんな感じ。
joyetech_cubox_15

■トップキャップ。説明書によるとマウスピースも外れるぽいです。
joyetech_cubox_17

■付属の510ドリチを付けるとこんな感じ。
joyetech_cubox_23

■裏側。Joyetechお得意のトップ吸気式で、二重筒になっています。
joyetech_cubox_18

■ベースパーツ。普通のクリアロと決定的に違います。
コイルのジュースホールが底部にあるのでこういう形になるんですね。
joyetech_cubox_19

■おしり。
joyetech_cubox_21

■黄色いカードにも書いてありましたが、初回はコイルにリキッドを数滴垂らしましょう。
その後組み立てて、こういう形でリキチャします。
joyetech_cubox_24

■さてさてMOD。「CuBox」です。
joyetech_cubox_25

■反対側にはUSBポートと、コーポレートロゴ。
joyetech_cubox_27

■口金は510スプリングローデッド。
joyetech_cubox_28

■ファイアボタンはここ。デカめです。
デカいファイアボタンって押す場所がややシビアだったりすることもあるんですが、こいつはどこ押してもきちんと反応してくれます。
joyetech_cubox_29

■おしり。きちんとベントホールが開いてますね。
joyetech_cubox_30

■扇型のディスプレイ。液晶じゃなくて、個人的に大好きなLED式です。
5個の矩形が電池残量を表してます。
joyetech_cubox_31

■ファイア時こんな感じ。
joyetech_cubox_32

■電源OFF時はロゴが点滅。
joyetech_cubox_33

■Cubis2と合わせるとこんな感じ。
joyetech_cubox_35

■バランス良いですね。
joyetech_cubox_36

■持つとこんな感じ。このサイズ感が素敵です。
joyetech_cubox_37

■小指の脇に乗せたときに親指がちょうどファイアボタンに来るんです。
僕はやや手が小さいほうなので女性でも持ちやすいサイズだと思います。
joyetech_cubox_38

以前レビューしたCuBox AIOの先輩にあたるキットです。
コイルも同じものを使用してるしインジケーターの仕様もほぼ同じです。
AIOと違ってアトマとMODがセパレートなのでアトマを変えられる点がGoodです。

公式のコピペですがスペック。

Size: 22.5mm(W)*41.0mm(L)*105.0mm(H)
Battery capacity: 3000mAh
E-liquid capacity: 3.5ml/2.0ml
Weight: 135.5g (include atomizer head)
Max output: 50W
Max charging current: 2A
Atomizer head: ProC-BF (0.6ohm) head/ProC-BFL (0.6ohm) head
Color: silver, black, white, red, yellow, blue

2A急速充電に対応してるのが良いですねー。

クリアロのほうは、Joyetechお得意のBFアトマイザーヘッドが使えるトップ吸気式のやつです。
トップ吸気式は漏れに強いので好きです。
ロック付きでトップがパカっと開くタイプなのでリキチャ楽だし良いですね。
構造上コイル内径が細いので、やや重めのドロー。
抵抗値も0.6Ωと良いところ突いてます。
AIOのときはそれほど感じなかったんですが、最初ややコットン臭しますね。
半タンクぐらい使うと気にならないレベルになりました。
日本でもコイルを入手しやすいのはひとつ利点です。
まあでも……クリアロとしてトータルで見ると、普通ですね。
最近のクリアロふつうに美味しいですからね。
リリースされた時期を考えると妥当かなって感じです。

MODが実に素敵です。
一言で言えばインナーバッテリーのセミメカ。
この一言で全て片付いちゃう気もします。
MOD単体での重量は実測で101グラム。
持った感じ軽いです。
22ミリのアトマイザーがすっきり乗るので、22ミリ信者ならドンズバです。
ただ現状だと24ミリ以上がたくさんリリースされてるので時流には合わないですね。
最近また22ミリの波が来てますけどね。
ともあれこのMODは22ミリ用。
22ミリがそのまますっきり乗ることをポジと捉えましょう。

操作は5クリックでON/OFF、ファイアボタン押して吸う。それだけ。
この簡単さと、しっかりしたプロテクションがセミメカの美学ですよね。
本体にUSBポート付いてるし2A充電対応なので電源さえあれば電池切れになることはほぼ無いと思います。
あ、ただし充電しながら吸うのはNGですよ!

最初の一発目におためしで買うスターターって考えると、手軽だしメンテナンス性高いし、Podsystem以外の選択肢の一つとしては悪くはないと思います。
反面、これからガンガンVapeにハマるんだぜ!っていうテンションで買う2台目には向かないと思う。24ミリ以上のアトマっていう選択肢がなくなっちゃうから。
既に何台かMOD持ってて、気軽に使えるサブ機が欲しい!っていうニーズにはすごくマッチしますね。

軽いし小さいしセミメカだしで個人的にはすごく好きです。
RTAなんか乗せるといい塩梅なんじゃないでしょうか。

そんな感じでーす!

ショップ提供なのでリンクはります→コチラ
MOD単体は→コチラ!

その他のJoyetech製品のレビューは→コチラ!
にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!