なつかしいものです。

結論から言うと、今これを買う理由は特に無いです。
ばーっと読み飛ばしてください。

■メガネケースみたいなやつに入ってます。
kamry-k100-005159

■中身ざらっと。
kamry-k100-005249

■充電器、IMRの18350と18650。
kamry-k100-005317

■充電器こんな感じ。
kamry-k100-005334

■18350と18650。
kamry-k100-005405

■品質保証書的なものと、緑色のやつはキックって言われてる安全装置。あと細長い銀色はアトマ。っていうかコイルっていうか。クリアロのコイルがそのままアトマとして扱われてる感じ。
kamry-k100-005431

■コットンが入ってて、ここにドリップしてRDAっぽくつかうみたいな感じ。
kamry-k100-005511

■本体。
kamry-k100-005540

■こう外れます。
kamry-k100-005613

■上の部分。アトマ部分っすね。スリーブひっこぬくとこう。
kamry-k100-005624

■で、こう。ドリチは510。
kamry-k100-005709

■MOD。
kamry-k100-005737

■口金こんな感じ。eGo企画対応。
kamry-k100-005746

■ファイアボタン。
kamry-k100-005809

■ファイアボタンが飛び出してるタイプ。これはこれでカッコいいんですけどね。
kamry-k100-010205

■ロック。
kamry-k100-005826

■これでロック状態。
kamry-k100-005917

■テレスコになってて、18650でのサイズ感こんな感じ。
kamry-k100-005930

■22ミリを乗せるとこう。
kamry-k100-005956

■口金が調整不可だから、こうなっちゃうよね。径も合わないのです。
kamry-k100-010017

■トップとファイアボタンを外すとこう。
kamry-k100-010219

■ファイアボタン。ここだけ見てほしいんですが、とてもプリミティブな構造。バネの上にインシュレーターを載せてるだけ。
kamry-k100-010255

■ハウジングに対してファイアボタンはスナップリングで固定されてるので工具が無いとバラせないです。
kamry-k100-010320

■トップ。さっきも言ったけどeGo企画対応。22ミリですらはみ出します。今これを買わないほうがいい理由のひとつはココです。
kamry-k100-010332

■裏側。ポジティブコンタクトはシリコンだかゴムだかでハマってるだけ。ここもちょっと不安ですよね。
kamry-k100-010342

■キックは磁石になってて、電池にこう、くっつくんですが、精度がだめでMODに入りませんでした。
かつてはこういう品質がザラでした。そう考えるといい時代になったんじゃないかなって思います。
kamry-k100-010557

※メカニカルMODは十分な知識のもと自己責任で楽しみましょう。

テレスコのメカニカルMOD。
「メカにクリアロのせるべからず」をデフォルトで破って来てますよね。
あとバッテリーの素性もよくわからないので正直使うべきじゃないなって思います。
メカデビューで極力安いものをっていうニーズならMagnetoArachnidあたりがいいと思います。
そもそも最近はFUSHとかBatonとか素敵なセミメカチューブいっぱいあるし!

で、なんでこの記事を書いてるかっていうと、ファイアボタンの構造を見てもらいたかったからなんですね。
ハウジングにバネが乗ってて、その上に樹脂製のインシュレーターでフタがされてる感じ。
1つのバネがバッテリーのガタつき防止とファイアボタンの機能とを兼任してるんです。
これちょっと面白いでしょ。
続けてレビューするMADMAX MODがちょっと似てて、その前振りのためだけに、この記事書きました。

そんな感じでーす!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!