フタはちょっと気になる。

Healthcabin様よりご提供いただきました。
ありがとうございます!

■あけまーす!
kizoku-techmod-80w-01

■コピー防止スクラッチ。
kizoku-techmod-80w-03

■じゃじゃん。白!
kizoku-techmod-80w-04

■ワランティーカードと重要事項説明書。
kizoku-techmod-80w-05

■ベントホールから異物(コイルのくず、金属、水など)が入らないように気をつけて。
フタを強い力で締め込みすぎるとショートしたりバッテリー爆発するリスクがあるから気をつけて。
と書かれてます。この後に出てくるバッテリーキャップの写真を見たら、なるほどって思うはず。
kizoku-techmod-80w-06

■マニュアル。
kizoku-techmod-80w-07

■日本語対応ですよ!
kizoku-techmod-80w-08

■USBケーブル。Type-Cですね。
kizoku-techmod-80w-11

■24mmまで対応のステルスMOD。
kizoku-techmod-80w-12

■立ち姿はこんな感じ。
kizoku-techmod-80w-13

■なんかちょっとスポーティーなデザインですね。
kizoku-techmod-80w-14

■バッテリーチューブにはKIZOKUのロゴ。
kizoku-techmod-80w-15

■反対側にUSBのポートが。こんな所までナナメデザインなんすね。
kizoku-techmod-80w-16

■サイドにパネルが。
kizoku-techmod-80w-17

■ファイアボタン。
kizoku-techmod-80w-18

■510スプリングローデッド。
kizoku-techmod-80w-19

■おしり。
kizoku-techmod-80w-20

■サイズ感はこんな感じ。小さいっすね。
kizoku-techmod-80w-43

■バッテリーキャップを外しました。スレッド式で、指でつまんで回すやつ。
kizoku-techmod-80w-21

■中を覗き込むと「こっちがプラスやで」の赤ばってん。
kizoku-techmod-80w-22

■18650シングルで動くやつです。
kizoku-techmod-80w-33

■バッテリーキャップはドデカいベントホールが開いてますね。たしかにゴミが入りそうな大きさ。
ここは普通に1ミリぐらいの穴が2つ開いてりゃ良かったんじゃないのっていう気もします。
kizoku-techmod-80w-34

■3クリック後にプラマイでモード選択。VW→VV→BYPASS→
kizoku-techmod-80w-36

■→TC(Ni,Ti,SS)
kizoku-techmod-80w-40

■TC時にファイアとプラス同時押しでワッテージ調整可能。
(2020/11/26 追記)
ファームウェアのバージョンによってはこの操作でのワッテージ調整不可らしいです。
今回のサンプルはファームウェアV1.4.0でした。
ファームウェアのバージョンはOFF時にプラマイ同時押しで確認できます。
気になる場合は、お買い求めの際にお店に確認しましょう。
(追記ここまで)
kizoku-techmod-80w-49

■あんまりRDAをステルスに乗せる人は居ないと思うけど一応やってみました。
kizoku-techmod-80w-28

■Recurveに縦長いドリチを付けてます。
kizoku-techmod-80w-23

■無理やり感あるっちゃありますね。
kizoku-techmod-80w-24

■24mmのBerserker MTL V2
kizoku-techmod-80w-27

■妥当な感じ。
kizoku-techmod-80w-25

■運用してるとわかるけど、これぐらいがほんと妥当なんすよね。
kizoku-techmod-80w-26

■22mmのRDTA。
kizoku-techmod-80w-31

■多少スキマができるんですけど、エアホールのこと考えると無駄なスキマじゃないんすよね。
kizoku-techmod-80w-29

■こんな感じ。
kizoku-techmod-80w-30

KIZOKUのUnlimit RTAです。ごつい。
kizoku-techmod-80w-45

■でもちゃんと乗る。
kizoku-techmod-80w-47

■背はどうしても高いですけどね。
kizoku-techmod-80w-48

[KIZOKU Techmod 80W の仕様]
サイズ:78*49*24mm
ワッテージ範囲:0-80W
電圧範囲:1.0-8.0V
入力電圧/電流:5V/2A
バッテリー:18650
画面:0.91インチ有機ELディスプレイ
充電:USB Type-C
材質:ステンレス(SS304)、亜鉛合金
重量:145.1g(実測値)

カラバリはブラック、ガンメタ、ホワイト、ブラックガンメタルの4種類。
いずれも金属部分はSSです。

対応するアトマイザーは24mmまで。惜しい。25mmまで乗ればよかったのに。
と思ったけど、そうすると全体的にデカくなっちゃいますもんね。うむ。

通電が早いって事らしいんですけど、たしかに早いっすね。
説明書に書いてある0.0001秒を感じるかっていうと正直わからないけど、ディレイ無いですね。
3クリックでモード切り替える時とかに「シュシュシュ」って通電するあの感じ。

ディスプレイは小さめだけど輝度があって見やすい。
オペレーションも5クリックでON/OFF、3クリックでモード切り替え、とシンプルで使いやすいです。
ワッテージモード時は0.1W刻み、ボルテージモードは1V刻みの調整幅。
あとプラマイ同時押しでロック/アンロック。
TCモード時にはプラスとファイアボタン同時押しでワッテージ調整が可能です。

金属パーツが多いので持った感じ軽くはない。
かといって重すぎるってこともないです。
普通っちゃ普通な感じ。
ちょっと前に同時期にステルスMODが何種類かリリースされてて、色々と悩ましい時期でしたよね。
こいつは斜めのラインが多用されたスポーティーなデザインでイカつすぎないのが良いですよね。

SS部分はブラシ加工。
白い部分はプラじゃなくて塗装。サラサラした手触りです。

ボタン類は同心円のラインが入ってて細かい部分もおしゃれ。
プチプチした押し心地です。

ファイアボタンを親指で押すか、握り込んで人差し指で押すか、ちょっと悩みますよね。
僕は手がちっちゃいほうなので、握り込むのはちょっと苦しいところでした。

あとバッテリーキャップね。
これだけは気になりました。
注意書きカードに「異物が入らないように注意」って書いてあるけど、そのとおりだと思う。
普通にホコリとか入りそうだし。
ここだけサードパーティーでもいいから交換できたら良いなって思いました。

ともあれ、小さくて高級感もあって良いMODだと思います。
タンクをメインで使う人には特に刺さると思いました。

そんな感じでーす!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!