大ブームのやつ!

■開けまーす。
0_16_231651

■じゃーん。
0_16_231737

■中身こんな感じ。RDTA本体とチューブの予備、Oリング&イモネジの予備。
0_16_231837

■Oリングとイモネジの予備です。
0_16_232112

■本体!表面はサラサラマット仕上げでオサレ。
0_16_232352

■背比べするとこんな感じ。
左からBambino RDA、NIXON RDTA、Fodi f2 RDTAです。
0_16_233021

■バラすとこんな感じ。
0_16_233437

■ドリチ。樹脂製です。けっこう短くて、普通に使うと唇がキャップに触れると思う。
0_16_233602

■反対側。Oリングは1本なんですね。
0_16_233626

■キャップです。このシェイプが素敵ですよね。
0_16_233727

■裏側。こうして見るとわかるんですが、けっこう薄いんです。
デッキとの接続は逆ネジのスレッド。
ドリチとの接続は510です。
0_16_233750

■デッキです。エバポレーション部の狭さがすごい。
エアホールが7つのピンホールになってるのがV1.0の大きな特徴です。
0_16_233811

■ウィックホールは3ミリほど。
ワイヤーホールはそれほど大きくないのでゴツいクラプトンとかは難しいかも。
というかゴツいクラプトンとかは用途に合ってないんですけどね。
0_16_233844

■裏側から見るとこんな感じ。
右側のウィックホールのすぐ隣に小さな穴が見えますが、空気抜き用の穴です。
0_16_233909

■ボトムパーツ。
0_16_233933

■裏側。
0_16_233951

■ポジピンは、まぁまぁ突出してます。
個体差あると思うので、メカで使用する前に確認しましょう。
ちなみに同時に買ったV1.5のほうは突出が少なかったので改造する予定。
0_16_234144

■デッキを横から眺めると、謎の穴を発見しました。
これリキチャ用の穴ですが、ちょっと無理があった。
30MLユニコーンがうまく刺さらなかったのと、時間かかるなーっていう。
0_16_234330

■↑の穴はデッキ裏の小さな穴につながってます。
0_16_234342

■これがエアホール。V1.0はエアホールの入り口が一つです。
0_16_234404

■ポジピンを抜けばデッキをさらに分解できます。こんな感じ。
0_17_230428

■ポジピンとインシュレーター。
インシュレーターはなぞの樹脂です。POMかな?
柔らかくないやつ。
0_17_230619

■ネガディブ側のパーツ。
こちらのポストにエアの通り道が空いてないのがV1.0です。
0_17_230806

■最近、BF対応のV1.0ってのが出てきたらしいですが、コレは非対応のバージョン。
この柱の側面にリキッド供給用の穴が開いてるのがBF対応バージョンです。
0_17_230858

■インシュレーター。
0_17_230926

■ポジティブ側のパーツ。
0_17_230948

■逆さまにして外側から見たところ。
エアの通り道こうなってます。ちょっと汚いっすね。でも安いから!
0_17_231032

■裏から見るとこんな感じ。
0_17_231101

■さて、組み立てて元の姿に戻しました。
ワイヤー固定のイモネジを外すとこんな感じ。
0_17_000058

■まず26ゲージスペースドで組んでみました。
これで1.12Ωです。
0_17_000919

■ウィッキングするとこんなに狭くなります。
こりゃ美味しいはずだ。
0_17_001750

■マイクロでも組んでみました。
1.05Ω。どっちかっていうとスペースドのほうが美味しかった。
0_17_232125

GUSに!GUSにGAS。
0_17_223429

マッハーに。
0_17_223619

マキナさんに。
0_17_233544

iPicoに。22ミリですからね!
0_17_223815

■サラサラ質感あわせでeleafのTC40に。
0_17_233741

22ミリ、シングルコア前提のフレーバーチェイサーなRDTA。
キャップのスレッド、最初ちょっとガサつきがあるんですが、慣れてくるとスルスル回るようになります。
締めにくいかなぁ。うーん。そこまで気にならないス。
個体差あるのかな?
締めニクソンって言いたかったのに残念。

ちょっと気になるのが、イモネジ、磁石にくっつくんですね。
水に浸けっぱなしにしたらサビちゃったりするのかなぁ。
まあ、浸けっぱなしにするな、って話ですよね。
っていうか「磁石にくっつくから錆びる」という訳ではないですからね。うん。

ビルド的にはスペースドが美味しかったです。
エアホール出口の形状のとおり、一定の範囲に鋭いエアを当てる感じになってます。
コイルからトップキャップの天井までの距離がそれほど無いので、コイルの高さは気をつけて下さい。
キャップ全閉状態で、だいたいポストの高さからドリチのお尻までが最低で2ミリぐらいですかね。
組んだ後、ドリチはずして覗いてみれば感覚わかると思います。

1Ωで組んでメカで使うとやや熱い印象。もうちょっと高抵抗でも良かったのかも。
テクに乗せて10〜12Wぐらいがいい感じでした。
実に美味いです。濃いミストがダイレクトに入ってくる感じ。
チェーンしてると少し熱いかも。セッティング探求が楽しいです。
単線で1Ω以上なら、キャップアッチッチって感じにはそうそうならないんじゃないかな。

ドロー感はMTL。
笛鳴りも無く良い感じです。
全開にするとギリギリ直肺いけるかなあぐらいの絞られ感。
とはいえMerlin とかHastur RTA とかリデューサーで絞る系が本気出した時のほうがキツいっちゃキツい。
逆ネジになってるトップキャップの開き具合でエアを調整する仕組みです。
エアの吸入口が見えないので、すっごいスタイリッシュ。
Lynx RDA もそうでしたが、この構造ほんと格好いいです。

リキチャはポストの外側にそれっぽい穴が開いてましたが、ユニコーンボトルの先っちょが入らなかった。
そもそもタンク側の穴が小さすぎて時間かかりそうだし、ウィック片っぽ外してドバドバって入れちゃうほうが楽だと思う。
↑の都合もあり、ウィッキングは片足をタンク内に落とし、もう片方はタンク内に垂らさない形にしました。
これで供給速度も問題ないです。
タンク容量は2mlぐらい?ただMTL運用前提なので、それほどガンガン減らないとは思う。
あとこれ、キャップ全閉にすると「カバンの中で漏れまくり事件」を防げるのが良いですね。

リキチャだけで考えるとCorolla とかFodi f2 とかのほうが楽っちゃ楽すね。
というかCorolla のすり鉢リキチャ穴が神すぎる。
V2.0とか出すなら、ネガディブのポスト上部にすり鉢リキチャ穴を装備してほしいです。

コイツはBF運用で本領発揮すると思います。
RDAバージョンも出るみたいですし、BFのMODを持ってるならそっちを待つのもアリなのかもしれません。
そもそもV1.0のBFバージョンもあるっぽいので、V1.0を買うならそっちを狙うのが正解だと思う。

別記事に書く予定ですが、V1.5のほうをピコンカーに乗せて試用中です。
BFならタンク要らんやん!って思うんですが、使ってみるとそうでもないんですよ。
タンクがあることでボトル押す回数減らせるし、うっかり供給しすぎ、みたいなことも少ないんです。
リキッドが足りてるかどうか、キャップを開けずに目視できるのも安心感あるっていうか。
なんかね、意外と良いんですよね。

……RDAバージョンが出たら、どうせそれも欲しくなるんですけどね。

今回は3Fvapeで買いました。
リンクは「BFピン有り」のほうを貼っておきます!


そんな感じでーす!
その他のGAS Mods製品のレビューは→コチラ!
にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!