ひさしぶりにジュースホールコントロール見た気がする。

Heavengifts様からご提供いただきました。
ありがとうございます!

■開けまーす。
obs-crius2_054555

■内箱には本体と付属品箱。
obs-crius2_054658

■付属品こんな感じ。
Oリングとイモネジの予備とプリメイドコイル、説明書、ガラスチューブのスペア、コットン、ドライバー、注意書きカード。
obs-crius2_054956

■プリメイドコイルこんな感じ。
obs-crius2_055607

■フラットクラプトンですね。
obs-crius2_060008

■さて本体。
obs-crius2_060252

■上部分を引っ張ると、こうスライドしてリキチャ穴が出て来ます。OBSの伝統芸。
obs-crius2_060336

■リキチャするときはこういう格好になります。
obs-crius2_071755

■バラしました。
obs-crius2_060750

■510ドリチ。テーパーで拡がってます。
obs-crius2_060839

■裏を見るとマーブルなんですね。
表側に全然模様が出て無くて最初、気づきませんでした。
obs-crius2_060919

■トップキャップ。
obs-crius2_061006

■裏側。チムニーとの接続部、こちらがメスなの珍しいですね。
obs-crius2_061015

■チャンバー。
obs-crius2_061030

■ジュースホールこんな感じ。
obs-crius2_061055

■裏側。
obs-crius2_061108

■デッキ。
obs-crius2_061128

■一本ネジ固定式です。
obs-crius2_061211

■ジュースホールとエアホールこんな感じ。
obs-crius2_061232

■ジルコニアのインシュレーターを接点でサンドイッチすることで一本ネジ固定構造を実現しています。
obs-crius2_062005

■こういうふうに固定するんですね。
obs-crius2_062045

■ネジを緩め続けると抜けます。
obs-crius2_062258

■よくみるとバネが入ってて、ネジを緩めた時にきちんと上下とも開くようになってます。
obs-crius2_062328

■ポストの無いデッキ。
obs-crius2_062347

■おしり。
obs-crius2_062425

■ポジピンはあんまりがっつり出てない感じ。
obs-crius2_062652

■付属のクラプトンを積みました。0.25Ω。
ちと低抵抗過ぎ感ありますよね。
obs-crius2_133006

■24ゲージ単線7巻。0.3Ω。
obs-crius2_065931

URUSに。
obs-crius2_135736

■サイズ感こんな感じ。
まぁまぁ背が高いですね。
obs-crius2_135721

DRAGに。
obs-crius2_135823

■DRAGなんでも似合いますよね。
obs-crius2_135839

シングルコイルバージョンとデュアルコイルバージョンがあるんですね。
今回のはデュアルコイルバージョン。

外径25ミリ。
高さはコンタクト抜いて52ミリ。ドリチも抜くと42ミリです。
重量63g

エアホール出口は5.5*4.6ミリ。
ジュースホールは5.7*4.6ミリ。
エアホール入口は2*7ミリぐらいのやつが4発。
無段階で、全開全閉で止まるタイプ。
チムニー内径は5.7ミリ。

カラバリはブラックとSS、OBS公式見ると青とかもあるっぽい。

トップキャップがOBS式リキチャ構造でスライドするでしょ。
で、このスライドする部分が回りっぱなしなんですよ。
なので、タンク部分をバラすときはゴム手袋しないとバラせない。
まあでも運用中にここバラす必要ないですからね。
洗浄するときに外したくなるんで、その時にゴム手袋すればいいですよね。

ワイヤー固定の方式がですね、ベロシティっぽい形でありつつ、固定方式がクランプ、しかもネジ一つ、という構造。
これはビルド簡単ですね!って言いたい所なんだけど、だったら3ポスト3ホールのほうが簡単じゃない?
だってさ、デュアルで組む時に火の入り方のバランス取るでしょ?
セラミックピンセットでコスったりとか色々やり方あるけど、コイル足の長さをしくじってる時はそこ直すじゃん。
で、そんときに3ポスト3ホールってすげえ楽なんすよ。
片方ずつ固定できるから。
一方ネジ一つだと、片方だけ緩めるってことができないじゃないすか。
もう感じ方の話でしかないんですが、このデッキのビルドが簡単だと言うなら3ポスト3ホールもそれほど難しくないと思うんすよねー。
個人的に3ポスト3ホール好きすぎて変な感じになっちゃってますけどね。

「◯◯のどこがそんなに好きなん?なんで俺やったらあかんの?」
「だって、◯◯君、優しいねん」
「俺も優しいやん!」

みたいな気持ちになってる。今。

あーでもコイツはコイル足の処理が要らないのか。
だから、ベロシティみたいにワイヤーホールに高低差があるかどうかなんですね多分。
うん、なんか自己完結しました。

ジュースホールコントロールは回りっぱなし構造なので、エアフローコントロールリングを持った状態でガラスチューブ部分を時計回りに回せばOK。
MODに乗せた状態でガラスチューブ部分を時計回りに回しても同じ事なんだけど、たまにコンタクトが浅いMODってあるじゃないですか。
その状態で同じことやると、MODのコンタクト破壊しそうで怖い。
なので、エアフローコントロールリングを片方の手で固定してもう片方の手でガラスチューブを回すほうがお作法として綺麗だと思う。
せっかくジュースホールコントロール付いてるから、リキチャするときは閉めたほうがいいでしょうね。

付属のコイルはひとつで0.5Ω。
デュアルにすると0.25Ωと、ちと低いなって思ったけど一応組んでみました。
チムニー内径がそれほど太くないし、ドリチが510だしで、最近の爆煙RTAと比べると爆煙具合は一歩譲る感じ。
あと、さすがに低抵抗のフラットクラプトンデュアルは熱い。

24ゲージ単線で組み直しました。7巻きでピッタシ0.3Ω。
ミスト量も味もドバっと出てくれました。
いいんじゃないでしょうか。

ビルドもそれほど難しくないし、ウィッキングが少々ダメでもジュースホールコントロールである程度カバーできる点も良いですね。
全体的に取り回しの良いRTAだと思います。

そんな感じでーす!

ショップ提供なのでリンクはります→コチラ
その他のOBS製品のレビューは→コチラ!
にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!