絶対漏れないシリーズ。

Vapesourcing様よりご提供いただきました。
ありがとうございます!

■あけまーす!
oxva-arbiter-rta-01

■Leekproof 100%!いちご100%の次に好きな言葉です。
oxva-arbiter-rta-02

■コピー防止スクラッチ。
oxva-arbiter-rta-04

■じゃじゃん。
oxva-arbiter-rta-07

■マニュアル。
oxva-arbiter-rta-05

■日本語非対応です。でも絵がたくさん有るから無問題。
oxva-arbiter-rta-06

■靴紐コットンとプリメイドコイル。
oxva-arbiter-rta-08

■Ni80でコアが28ゲージ3本、アウターが40ゲージ。内径3mmで0.4Ωとのこと。
oxva-arbiter-rta-09

■ストレートガラスチューブ。
oxva-arbiter-rta-10

■イモネジの予備、謎のジグ、ドリチを810→510に変換するアダプタ、あと六角レンチ。
oxva-arbiter-rta-11

■Oリング類の予備。
oxva-arbiter-rta-12

■さて本体。スタンダールカラー。
oxva-arbiter-rta-14

■チャンバーにArbiter(裁断者、という意味らしい)なのかな。怖めな顔のロゴ。
oxva-arbiter-rta-15

■反対側にはARBITERの文字ロゴ。メタリックな赤だけど、明るすぎない落ち着いた色。黒が全体を締めてくれてます。
oxva-arbiter-rta-17

■エアホールはデカめのが2発。全開全閉で止まるタイプで無段階です。
oxva-arbiter-rta-18

■バラすとこんな感じ。
oxva-arbiter-rta-19

■ドリチ。樹脂製。
oxva-arbiter-rta-20

■ちょっとテーパー。
oxva-arbiter-rta-21

■810です。Oリングはキャップ側に付いてるタイプ。
oxva-arbiter-rta-22

■キャップ。
oxva-arbiter-rta-23

■裏側。
oxva-arbiter-rta-24

■ここがタンク部のチムニーとスレッドで接続するための切り欠き。タンク部のスレッドが露出しないので指を切ったりする心配ないやつ。このタイプ開け閉めが楽だし安全だし好き。
oxva-arbiter-rta-25

■タンク部。エアフローコントロールリングは外せなかった。
oxva-arbiter-rta-26

■外周がちょっとテーパーになってて、リキッドがきちんとタンク内に流れていくようになってます。
oxva-arbiter-rta-27

■ひっくり返して撮った写真。リキチャ穴はここに繋がってます。
oxva-arbiter-rta-28

■裏返すとこんな感じ。
oxva-arbiter-rta-29

■チャンバー内に黒い穴が見えますね。あれがエアホールと繋がってます。トップ吸気式にありがちな二重チャンバー構造です。
oxva-arbiter-rta-30

■デフォで付いてるバブルガラスチューブ。
oxva-arbiter-rta-31

■デッキとインナーチャンバー。
oxva-arbiter-rta-32

■インナーチャンバーが別パーツになってます。トップ吸気式は複雑な構造になりがちなんですが、Arbiter RTAはこのパーツのおかげでシンプル。洗浄などのメンテ性も良きです。
oxva-arbiter-rta-33

■裏側はこうなってます。すげぇシンプルなパーツ。
oxva-arbiter-rta-34

■デッキ。デュアルコイル前提のやつ。
oxva-arbiter-rta-35

■こんな感じで、
oxva-arbiter-rta-36

■上から見るとこう。
oxva-arbiter-rta-37

■こうで、
oxva-arbiter-rta-38

■こう。
oxva-arbiter-rta-39

■コットンホールはわりとデカめ。3mm内径デュアルで組んでも梳かずに通せます。
oxva-arbiter-rta-40

■コイルを固定する部分はこんな感じ。デドラビみたいにワイヤー足が下に飛び出るのでカットしやすいやつ。
oxva-arbiter-rta-41

■おしり。
oxva-arbiter-rta-42

■ポジピンは結構がっつり出てます。
oxva-arbiter-rta-43

■アホほどブレてて大変恐縮なんですが、ワイヤー足はこんな感じで飛び出るよっていう写真。
oxva-arbiter-rta-45

■カットするとこうなります。
oxva-arbiter-rta-46

■付属のプリメイドコイル。デュアルで0.16Ωでした。もうちょっと抵抗値ほしかった。
oxva-arbiter-rta-47

■付属の靴紐コットンを通して、
oxva-arbiter-rta-49

■長さはこれぐらいで十分。
oxva-arbiter-rta-51

■コットンホールに通して、
oxva-arbiter-rta-52

■リキッドを垂らしーの、
oxva-arbiter-rta-53

■はいここ。インナーチャンバーをかぶせます。固定できてるわけではなくて、乗せてるだけ。
oxva-arbiter-rta-44

■で、タンク部と接続したらリキッドをブチューっと。
oxva-arbiter-rta-56

■単線でも組んでみました。Ni80の内径3mm8.5巻のデュアルで0.35Ω。悪くはなかった。
oxva-arbiter-rta-62

■シングルにも挑戦。SSリボン芯のやつ。内径3.5mmで0.28Ω。正直イマイチだった。
oxva-arbiter-rta-65

■フレキチHワイヤーシングル。内径3mmで0.46Ω。シングル前提のアトマなら絶対ハズさないコイルなんですが、Arbiterはデュアルコイルビルドに全振りしてる感じあるので、あんま活きてこなかった。
oxva-arbiter-rta-72

■で、フレキチHワイヤー内径3mmデュアル。試した中では、結局これが正解でした。次点で単線デュアルかなぁ。
oxva-arbiter-rta-75

■最近ずっと使ってるRader ECOデュアル。
oxva-arbiter-rta-57

■デュアルセルのMODが小さく見える。
oxva-arbiter-rta-58

■URUSさん。
oxva-arbiter-rta-59

■ハミ出てる。
oxva-arbiter-rta-60

■MAD。もちろんハミ出ます。
パタンと倒したときにガラスチューブが逝っちゃうことあるので、太めのMODに乗せるのが良いと思う。
oxva-arbiter-rta-61


[OXVA Arbiter RTA の仕様]
高さ:54mm(コンタクト除く)
外径:
28mm(ストレートガラスチューブ)
31mm(バブルガラスチューブ)
26.5mm(ボトムパーツ最大部)
リキッド容量:
4ml(ストレートガラスチューブ)
6ml(バブルガラスチューブ)

カラバリはSS、レインボー、ガンメタル、レッドブラック、ブラックの5種類。


トップキャップは90度ぐらい回せば開いてくれるやつです。これ楽ちんで好き。

トップ吸気式のRTAって今までもいくつか有ったんですが、空転機構やらエアをボトムに運ぶためのダクトやらと複雑な構造をしてました。
こいつの構造はシンプルにして合理的。
別パーツにしちゃえ!チャンバーの向きは使う人がちゃんと合わせればいいじゃん!っていうね。
実際に組んだ印象としては、断然こっちのほうが楽です。
あと構造がシンプルってことはメンテ性も良いってことですからね。
トップ吸気式RTAはもう進化しないと思ってたんですが、まだありましたか!っていう感じ。
デメリットとしては外径がデカいって点でしょうか。
全体のサイズ感を小さく出来なくもないだろうけど、デュアルで楽に組めるデッキスペースとスカスカドローっていう2つの利点を削ることになりそうだと思いました。
爆煙トップ吸気式っていうメインフィーチャーを妥協しなかったのは僕としてはめっちゃ好印象なので、全然デカくていいぜ!って思いますがMODを選ぶっちゃ選びます。
まぁでもデュアルセルのMODに乗せるでしょ多分。



付属のヒューズドでデュアル組んだらMOD計測値で0.16Ωでした。
うーん低い。
70Wでブハーで真っ白。
窓開けよう。
デッキ見た感じエアの通り道ちょっと少なくない?って思ってたんですが、意外とスカスカ。
ほぼ呼吸レベルにスカスカです。
内径3ミリのデュアルで組んでもこれだけ爆煙機種らしいスカスカなのは素敵です。
とにかく爆煙。ミストはシルキーな質感。味はちょい飛び気味だけど普通に美味しいです。


Ni80の単線24ゲージ、内径3mm8.5巻のデュアルで。
うん、普通に美味しいですよこれ。
よくよく考えたらこのビルドなら他に選択肢あるよね。
22mmのRTAでもデュアルで組めるのたくさん有るし。
でもこれだけ気持ちよくスカスカドローなのに単線で組んでもちゃんと味が出るっていう点ではすごいと思う。
チャンバーが狭いからかな。

ヒューズドでシングルビルドも試してみました。
SSのヒューズドで内径3.5mm、0.22Ω。
どう組んでもスカスカドローなの面白いですねこれ。
あと内径3.5mmまで大きくするとチャンバーの高さが厳しいスね。
ちょい高めの位置で組んだらショートしてました。
まぁ普通に美味しいけど、もっと出来たんじゃないかなっていう気もする。
高さ出さないとエア当たらないんじゃないかなと思ってたけど、どうやらそうでもなくて、デッキ床スレスレでもちゃんと当たってるっぽい。

ならばとフレキチのHワイヤー内径3mmシングルで。
まあ悪くはない。
けどフレキチHのポテンシャルはこんなもんじゃない。
っていうか今更だけどこのアトマの本分はデュアルなんだ。

で、フレキチHワイヤーでデュアル。
抵抗値かせぐために一巻き増やしましたがデュアルだと0.22Ω。
これだ。
美味しいよ。爆煙おいしい。
やっぱりデュアルで組んでこそのRTAだった。
もしかしたら最初のデュアルはコットンきつすぎたのかも。
結局のところ、このアトマの正解はヒューズドデュアルなんだなっていうね。
最初から分かってたやん!っていう結論に至ったわけですが、まあでもいろいろ試してみるのがレビューだから。
そう思わないとゴミ箱のコイルたちが浮かばれないし。うん。


絶対漏れないデュアルのRTAっていうとINTAKE DUALがあったんですけど、ドローの重さとか少し不満が残る印象でした。
今回レビューしたARBITERはそういう不満がバッチリ解消されてました。
そのぶんデカいんすけど。

エアフローもボトムからコイルにズバっと効率良く当たってる感じが実感できます。
公式ページに書いてある「Others」の例はINTAKE DUALとデドラビRTAを指してますよね多分。
シングル前提ならトップ吸気でもボトムエアフローで良いRTAがいくつか有るんですけどね。
デュアルのトップ吸気式っていう括りの中では、Arbiterはたしかに傑作だと思いました。
太いけど。

そんなこんなでスカッと爆煙で味もバッチリなゴツいRTAのレビューでした。
当たり前ですがリキッドゴリゴリ減るので、コスパの良いリキッドでモクモクやりましょう。


そんな感じでーす!

商品ページは→
こちら!
[OXVA Arbiter RTA 6ml]
oxva-arbiter-rta-shop-page

 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!