Pasitoをビルドしますよ。

後編では、別売りのRBAユニットをビルドしますよん。

(Pasito本体のレビューはこちら)




■箱がボコボコすぎたので省略。中身はRBAユニットと、付属品の袋。
smoant-pasito-pod-rba-13_024050

■付属品袋の中身はドライバー、28ゲージぐらいのワイヤーが2本、コットン、ネジの予備4つ、Oリングの予備多数。
smoant-pasito-pod-rba-13_024239

■RBAユニット。
smoant-pasito-pod-rba-13_024419

■こんな感じ。
smoant-pasito-pod-rba-13_024430

■バラしました。左からデッキ、チャンバー、で一番右のやつがビルド時のみ使う510アダプタです。
smoant-pasito-pod-rba-13_024504

■510アダプタから見ていきましょう。こんな感じで、RBAユニットのコンタクトが接続できるようになってます。
smoant-pasito-pod-rba-13_024633

■おしりは510になってて、RBAユニットが510接続のメーターやMODに乗るようになります。抵抗値の確認や焼入れに使うわけです。
smoant-pasito-pod-rba-13_024525

■チャンバー。
smoant-pasito-pod-rba-13_024651

■天井部はややテーパー。デッキとの接続はスレッドです。
smoant-pasito-pod-rba-13_024723

■デッキ。真ん中にエアホールがありますね。
smoant-pasito-pod-rba-13_024739

■ワイヤーホールは小さめ。1ミリあるかないかぐらい。
smoant-pasito-pod-rba-13_024847

■おしりはこんな感じ。Pasitoの金色のパーツに接続する部分ですね。
smoant-pasito-pod-rba-13_024750

■MTL用のヒューズドクラプトンで組んでいきます。
smoant-pasito-pod-rba-13_025008

■内径2ミリで。足の処理が難しいんですが、何回かやれば慣れると思う。
smoant-pasito-pod-rba-13_030404

■高さこのぐらいにしました。
smoant-pasito-pod-rba-13_030355

■で、コンタクトを510に変換するアダプタを付けます。
smoant-pasito-pod-rba-13_030517

■そうすると普通のMODに乗るんですね。これで焼入れができます。
smoant-pasito-pod-rba-13_030621

■ウィックは気持ち梳きました。今の所は漏れてないです。漏れたら詰め物すればいいんです。気楽に組んじゃいましょう。
smoant-pasito-pod-rba-13_031601

■おっ、これRDAになるんか?と思いきや、エアフロー全閉状態なので無理です。
smoant-pasito-pod-rba-13_031856

■チャンバーをかぶせたら、改めて抵抗値を測りましょう。
smoant-pasito-pod-rba-13_031946

■ここまで問題なければ510アダプタを外して、Pasitoの金色パーツにセット。
高コスパPOD生活の始まりです。
smoant-pasito-pod-rba-13_032051

コンタクト部を510に変換できるアダプタが付いてるので非常に扱いやすかったです。
コイルの足を鉤型に曲げなきゃいけないので、ちょっとコツが要ります。
MTL用のクラプトンを積みましたが、やや冷却しきれてない感がありました。
このあと素直に28AWGの単線スペースドで組んだんですが、こっちのほうがマッチしてましたね。
素直に美味しいMTLの味わいです。

そんな感じでーす!

Pasito本体のレビューは→こちら! 


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!