Subzero X Competition Mod用のRDA。
510を介さないコンタクトが可能です。
szx_competition_rda_038



Healthcabin様よりご提供いただきました。
ありがとうございます!

■開けまーす。
szx_competition_rda_031

■RDA本体、付属品袋、左下にあるのが510コンタクトを外すためのツールです。
あと説明書と金属製のシリアルナンバーカード。
szx_competition_rda_034

■付属品。六角が2本。Oリング、ネジ、インシュレーター、コイル押さえパーツのスペアですね。
szx_competition_rda_036

■RDA本体。デッキ下部にさりげなく「SΩI」のロゴ。
トップキャップにはリング状のモールドが。これがあるだけでトップキャップ外しやすいです。
シンプルでカッコイイです。用の美って感じ。
szx_competition_rda_038

■バラします。重なり具合で調整するサイドエアフロー。よくあるシンプルなやつです。
szx_competition_rda_039

■ドリチ。内径は10ミリほどのストレート。
szx_competition_rda_041

■トップキャップ。ブラシ仕上げが綺麗です。
szx_competition_rda_043

■裏。1段階で絞られてますね。
szx_competition_rda_044

■チャンバーチューブ。エアホールが開いた、まさに筒。シンプルです。
szx_competition_rda_045

■デッキ。これは特徴的。
szx_competition_rda_046

■ポスト上部の6角ネジを回すと、コイル足を押さえるバーが浮くようになるんです。
szx_competition_rda_047

■右下にスペアパーツを並べてみました。
ポストの中身はこういう位置関係になってますよっていう。
szx_competition_rda_048

■おしり。ポジピンは調整不可です。
小さい穴が2つ開いてますがこれが今回のキモです。
szx_competition_rda_049

■ポジピンはがっつり突出してます。
szx_competition_rda_050

■さて、ここでこのツールなんですが、
szx_competition_rda_037

■もう説明書の写真を載せちゃいますけど、こういうことですね。
510コンタクトピンのパーツを外すことで、このRDAがSubzero X MODのトップキャップ部分に直接合体するようになる仕掛けです。
szx_competition_rda_035

■実際にやってみましょう。
お尻にこう刺して、回すと…
szx_competition_rda_051

■こう外れるわけです。
szx_competition_rda_052

■ちなみに露出したおしりから更にプラスネジを外すとデッキ分解します。
szx_competition_rda_054

■さて、Subzero X MODをご用意ください。
szx_competition_rda_055

■MODのほうのトップキャップを外します。
szx_competition_rda_057

■で、RDAとMODをスレッド固定すると、
szx_competition_rda_058

■こうなります。単純に右下のパーツが無いぶんだけ背が低くなります。
あとポジティブピンじゃなくてポジティブ面が電池の極と触れるので、導電率が良いような気がする。
この状態だとアトマ側のコンタクト、インシュレートされてないので電池の向きに気をつけてください。
このMODはアトマ側がマイナス、ファイアボタン側がプラスです。
szx_competition_rda_059

■ゴツめのクラプトンで。
これで0.33Ωでした。
szx_competition_rda_063

■ウィックこれくらい。
szx_competition_rda_065

■そういう事じゃないだろと思いつつもいつもの単線26ゲージマイクロ。
これで0.5Ωでした。
エアホール1つ開けぐらいで吸ってみると意外といけるやんって感じでした。
szx_competition_rda_068

■ハーフインチなら手持ちのドリチが使えますが、だいぶユルいです。
szx_competition_rda_069

Compassのドリチを乗せてみました。
オールSSで可愛いです。
ここで気付いちゃったんですが、MODとRDAでSSの質感が微妙に異なります。
szx_competition_mod_075

25ミリのRDA。
重量は約60g。
高さはドリチを抜いて33ミリです。

同社のSubzero X Competition MODと組み合わせることで真価を発揮します。
カラバリもMODに合わせてCopper、SS、Black SS、Blassの4種類。

精度が高くてOリングが固すぎるとかユルユルだとかいうことが無いです。
気持ちよくハマるし、気持ちよく外れる。
エアフローはサイドの4連穴の開け具合で調整するシンプルな構造。
デュアル前提です。
全開にすると呼吸レベルのスカスカ。
いっぽう絞ろうと思えばいくらでも絞れるので、コイルのサイズなどに合わせて調整可能。
チャンバーチューブとデッキの位置も固定されてないので、コイルの位置にエアホールを持ってこれます。

デッキのワイヤー固定方式が素敵です。
ポストの床部分と円柱でワイヤーを挟む方式。簡単に言えばクランプですが、コイル足の通しやすさとか細かい部分でよく考えられてるな、という印象。
ウェルも5ミリほどあるので、ある程度のチェーンを想定されています。

まず、こいつ本来の仕事をさせようと思ってゴツめのクラプトンを積みました。
かなりコイルボリュームあったんですが、コンタクトピンを介さないハイブリッド接続、さすがの立ち上がりです。
数パフで部屋真っ白。
いかにも競技用って感じ。

次に、いつもの単線で組んでみましたが、悪くないです。
エアホール1つか0.5ぐらいに絞ってドンピシャの位置にマイクロコイルを持ってくると、まあまあ美味しい。
ただ、わざわざ25ミリのこのドリッパーで味追求するかっていうと本来的じゃあないですけどね。

ちょっと残念だったのは、よく見るとRDAとMOD、SSの質感が微妙に違うんすよね。
RDAのほうがやや黄色いっていうか。

まとめます。
基本は爆煙のために設計されたものです。
クラプトンなどゴツいワイヤーはもちろんのこと、単線も挟みやすいデッキ構造。
シンプルなサイドエアフローで、絞れば単線での運用も悪くない。
値が張りますが、MODとセットで買いたいです。

そんな感じでーす!
ショップ提供なのでリンクはります→コチラ

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!