また新しいデザインを打ち出してきました。

Teslacigs様よりご提供いただきました。
ありがとうございます!

■開けまーす!
teslacigs-poker-218w-002

■箱の裏にコピー防止スクラッチ。
teslacigs-poker-218w-003

■中身こんな感じ。
POKER218MOD本体、RESIN TANK、ストレートのガラスチューブ、USB充電ケーブル、Oリング類の予備、予備のコイル、説明書類です。
teslacigs-poker-218w-004

■左上からPOKER218MODの説明書と、ワランティーカード、バッテリーの被覆気をつけてねカード、RESIN TANKの説明書。
teslacigs-poker-218w-005

■RESIN TANKです。詳細は→コチラのレビューをどうぞ。
teslacigs-poker-218w-006

■さてさて。Teslacigs POKER 218 MODです。
teslacigs-poker-218w-007

■パネル部分こんな感じ。
teslacigs-poker-218w-008

■ファイアボタン、物理ON/OFFスイッチ、ディスプレイ、プラマイボタン、USBポートという構成。
teslacigs-poker-218w-009

■背中にはTESLACIGSのエングレービング。
teslacigs-poker-218w-010

■サイド部分、ハートのエースです。
カラーリングは迷彩、サイバーなデザインのエングレービングがハートを囲んでいます。
teslacigs-poker-218w-011

■口金部分、510スプリングローデッド。
teslacigs-poker-218w-012

■おしり。真ん中の上に爪を引っ掛ける部分があります。
teslacigs-poker-218w-013

■バッテリーカバーはマグネット式。
バッテリーを取り出しやすいようにリボンが付いてます。
teslacigs-poker-218w-014

■上部の端子がスプリング式になってます。
teslacigs-poker-218w-015

■ワッテージモード。
teslacigs-poker-218w_150341

■モード切替画面。
teslacigs-poker-218w_150417

■TCモード。
teslacigs-poker-218w_150449

■TC時のワッテージ調整も可能!
teslacigs-poker-218w_150503

■KitのRESIN TANKを乗せるとこんな感じ。
teslacigs-poker-218w-017

■MODの上部が丸みを帯びてるので、ややはみ出してるように見えますが、一応ツラです。
teslacigs-poker-218w-018

ミョルニールを乗せてみました。
すっきりしたデザインのアトマのほうが合うと思う。
teslacigs-poker-218w-019

[Teslacigs POKER 218 MOD の仕様]
サイズ:54.5*88*26mm
材質:亜鉛合金
バッテリー:18650*2(40A以上のもの)
重量:200g
モード:VW / TC(SS316/Ni/Ti) / TCR
出力ワッテージ範囲:7-218W(0.5W刻み)
最大出力電圧:7.5V
最大出力電流量:50A
USB充電:5V/1.5A
テイストモード:NORM/SOFT/HARD/USER
抵抗値範囲:0.1-3.0Ω(VW時) / 0.05-1.0Ω(TC時)
温度管理範囲:100-300°C / 200-600°F


2A急速充電はできないので注意です。

[Teslacigs RESIN TANK の仕様]
サイズ:25.5*45ミリ
材質:レジン+ブラス
リキッド容量:
 4.0ml(ノーマルガラスチューブ)
 6.0ml(バルブガラスチューブ)
TS-XXコイル:0.18Ω(60-110W)
TS-120Xコイル:0.15Ω(70-120W)

RESIN TANKについては過去のレビューを御覧ください。


さてさて。

MODのカラバリはブルー・アイビー、ブラック、ホワイト、カーキの4色。
カラバリとは別に、Kitのバリエーションがあるんすよ。
今回のは「RESIN TANK」のKitっすね。
公式を見ると、これのほかにTPD準拠した「RESIN 2ML TANK」とのKit、あと「RESIN TALLICA MINI TANK」とのKitがあるみたいです。
個人的にはRESIN TANK推し。かわいいから。

すこし重い感じもしますが、デュアルバッテリーのMODとしては標準的なところじゃないでしょうか。
全体が金属パーツで構成されているので高級感ありますね。
エングレービングもエッジがキツくなく綺麗な仕上げです。
銀色の部分のブラシ仕上げも良い感じです。
スイッチ各部の精度もよく、カチャついたり誤動作したりもなく、しっかりした作りです。

物理電源スイッチが付いてます。
Teslacigsはときどきこの物理スイッチを採用していて、古い所だとSteampunk Nano 120にも付いてましたよね。
カバンなんかに入れて持ち運ぶことを考えると、安全性の面ではとても良いと思ってます。

チップはWYE-Ⅱと同じものが採用されてます。
3クリックでメニューIN、プラマイでカーソルを移動してファイアボタンで決定、というスタンダードなユーザーインターフェースなので迷うことなく直感的に操作できると思います。

このMODのキモはこのデザインですよね。
最近のTeslacigsのMODはWYE的なポップなラインとXTとかPUNKみたいな重めのデザインのラインで来てた気がするんですが、今回また新しいコンセプトが打ち出されたなって感じがします。
Teslacigsって、積み上げたナレッジとかTeslaらしさみたいなものをきちんと踏襲しながら常に新しい挑戦をしてる所があって好きです。

そんな感じでーす!

公式サイトは→
コチラ!
Teslacigs


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!