これ普通にキック付きアダプタっていう発明としてすごい。

Everzon様よりご提供いただきました。
ありがとうございます!

■布袋に入ってます。あけまーす!
thc-tauren-2in1-01

■布袋からは筒、あとマニュアル類。
thc-tauren-2in1-02

■マニュアルとワランティカード。マニュアルは日本語非対応。
thc-tauren-2in1-03

■さて筒を開けましょう。
thc-tauren-2in1-04

■コピー防止のやつ!
thc-tauren-2in1-05

■X-Chipset insideです。インテルと同じぐらいのテンションでプッシュしてきてますが、このチップがなかなか面白いのです。
thc-tauren-2in1-06

■筒から筒が出てきました。中の筒は真空パックされてます。ブラスとかカッパーとか酸化しやすいですからね。これは新しい。
thc-tauren-2in1-07

■赤です。
thc-tauren-2in1-09

■コンタクト部を見ると、なんだろう、何か入ってますね。
thc-tauren-2in1-10

■背中には持ちやすいようにするための窪み。
thc-tauren-2in1-11

■おしり。ファイアボタンは盾デザイン。
thc-tauren-2in1-12

■ファイアボタンユニットを外すと中からなんか2つ出てきました。散弾銃の薬莢かな?
thc-tauren-2in1-13

■ファイアボタンユニット。ブラス製です。
thc-tauren-2in1-15

■ファイアボタンユニット。ファイア時に接点が飛び出すタイプじゃなくて、ユニット内部で回路が完成する構造のやつ。
thc-tauren-2in1-14

■PEEKの部分を回し外すとこんな感じにバラせます。一番右のやつがもういっこ外せそうなんだけど、固くてだめだった。
thc-tauren-2in1-16

■PEEKのインシュレーターにボールがハマってます。グリスが付いてるので、バラすときは気をつけて。
thc-tauren-2in1-17

■スプリング。
thc-tauren-2in1-18

■ボールと接触するパーツ。ファイアボタンを押すとボールによってプレートが押し広げられて広い面でコンタクトが生まれるっていう構造っすね。
プレートの広がり自体がスイッチになってる訳ではないんすね。あくまで接点面積を増やしましょうっていうやつ。
thc-tauren-2in1-19

■ハウジング。
thc-tauren-2in1-20

■こんな感じ。
thc-tauren-2in1-21

■で、中から出てきたやつ。どっちも18650バッテリー用のアダプタなんですが、左のやつにはチップが仕込まれて、これを使うことでセミメカ的な使い方ができるよっていう代物です。
thc-tauren-2in1-22

■こういうこと。
thc-tauren-2in1-45

■チップ入りのやつはスレッドでこうバラせます。金色のパーツの外周がちょっとバネになってて、MODの中にぐっと押し込む感じ。
thc-tauren-2in1-25

■樹脂のほうは普通に筒。
thc-tauren-2in1-26

■金色のほうを覗くと黒いインシュレーターが。
thc-tauren-2in1-27

■で、これを外すとチップが見えます。
thc-tauren-2in1-28

■筒。
thc-tauren-2in1-29

■覗き込むとアトマ側にインシュレーターが見えます。見えますが、アトマ→電池の順番は守りましょう。
thc-tauren-2in1-30

■コンタクト部こんな感じ。この状態だと普通にハイブリッド接続。
thc-tauren-2in1-31

■アダプタを外すと20700/21700対応のハイブリッドフルメカチューブです。
thc-tauren-2in1-32

■スレッドの加工も綺麗です。ベントホールとして縦にミゾが掘られてるのも面白いポイントです。
thc-tauren-2in1-33

■アトマをセットして21700バッテリーを入れた時のファイアボタンユニットの出代はこれぐらい。アトマのコンタクト長によってもここは変わってきます。
thc-tauren-2in1-38

■24mmのケルピーさんと。
thc-tauren-2in1-39

■24mmでピッタです。
thc-tauren-2in1-43

■22mmのIndestructible RDA。
thc-tauren-2in1-41

■段差はこれぐらい。
thc-tauren-2in1-42

■MATOを乗せてみました。やっぱりMATO長いな。
thc-tauren-2in1-40


※メカニカルMODは十分な知識のもと自己責任で楽しみましょう。


[THC Tauren Hybrid 2 in 1 Mech Mod の仕様]
外径:26mm(先端部24mm)
高さ:92.5mm
材質:ブラス
重量:143.5g(実測値・X-Chip/アダプタ除く)

カラバリはCopperBlack、BrassBladk、BrassRed、Brass、Copper、BrassCrackle、BrassLava、BrassGrey、SSと多いけど、まず材で選ぶよね。

ハイブリッドのメカチューブにコンパチブルのキックが付いてますっていう、ちょっと面白い商品です。
基本的には18650/20700/21700に対応するハイブリッドのフルメカチューブ。
で、X-Chipsetを仕込むと18650のみ対応のセミメカに変身するっていう仕掛けですね。
X-Chipset使用時は短絡保護、低電圧保護、高温保護、10秒カットオフ、というプロテクションが働きます。
これもしかすると他の21700対応MODにもアダプタ使えるんじゃねっていう気も。

(2020/08/02 追記)
Mage Mech V2で試してみたところダメでした。
なんでかっていうとMage Mech V2は内側がインシュレートされてるから。
チップついてないほうのアダプタはMage Mech V2でも使えたのでバッテリー長の問題ではなさそう。
なので、内面がインシュレートされてない21700/20700フルメカチューブなら X-Chipを流用できるかもしれません。
あくまで「かもしれない」だけなんですけどね……。
(追記ここまで) 

ファイアボタンはストロークも重さも丁度良い具合。
外径26mmと太めですが斜めに入った窪みのおかげで持ちやすいです。
ファイア時のディレイや発熱なども無くメカらしいレスポンス。
各部のスレッドもキレイで、するすると気持ちよく回せます。
ファイアボタンユニットが全バラシ出来るのが個人的にはめっちゃポイント高いです。

ファイアボタンユニットの構造も良いですね。
多くのメカチューブはファイア時にボタンの接点がバッテリーに直接触れる構造ですよね。
この構造のメカMODを運用してるとバッテリーのおしりが黒くなってくるんですね。
一方でTauren Mechはバッテリーとネガティブのコンタクトが常に触れている構造なので、「おしりの黒ずみ」が出にくのです。
Subzeroとかもそうでしたよね。
この構造を採用すると全長がちょっと長くなっちゃうんですが21700に対応して26mmと太さが出てるので、全体のシェイプとしては悪くないバランスだと思います。

ハイブリッドのフルメカとしても使えるし、バッテリーを18650に限定してセミメカっぽい運用、という2 in 1構成。
Stack用のエクステンションチューブもあるみたい。僕には使いこなせないけど。
ファイアボタンユニットの作りも素敵だしメンテ性も高く、良いMODだと思いました。

そんな感じでーす!

商品ページは→
こちら
スクリーンショット 2020-07-31 19.05.52



にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!