アチョー

べプログショップ様よりご提供いただきました。
ありがとうございます!

■開けまーす!
uwell_nunchaku_014938

■中身はこんな感じ。MOD本体と充電用のUSBケーブル、ワーニングカードと説明書です。
uwell_nunchaku_015152

■MODのサイズ感こんな感じ。中太のフォルムはデザインだけでなく持ちやすさにも貢献しています。
uwell_nunchaku_015255

■接続部は510スプリングローデッド。
uwell_nunchaku_015328

■背面上部にはUSBポート。下部にはNUNCHAKU UWELLのロゴ。
uwell_nunchaku_015347

■ファイアボタン。六角形のデザインが素敵です。
ガタつきもなく良い感じ。
uwell_nunchaku_015406

■プラマイボタンとディスプレイは下部に配されています。
uwell_nunchaku_015421

■おしり。ベントホールがきちんと設けられています。
uwell_nunchaku_015435

■おしり部分を回すとスレッドになってて、こんな感じに外れます。
uwell_nunchaku_015513

■電池の蓋、こちらがマイナス側になります。
uwell_nunchaku_015537

■真ん中の部分がバネになってて、
uwell_nunchaku_015628

■押すとこう、凹むわけです。
この仕掛けで電池がガタガタするのを防いでいます。
uwell_nunchaku_015624

■筒の中はこんな感じ。
uwell_nunchaku_015651

■よく見ると電池が入るスペースがMODの中心じゃないんです。
ディスプレイとかを配置するユニット部を確保するためですね。
副産物的な効果なんですが、このMOD、チューブ型なのに横倒しにしても転がっていかないんです。
(↑これオフ会でお会いした方に教えてもらいました)
uwell_nunchaku_015711

■ディスプレイの輝度も十分。
uwell_nunchaku_015811

■3クリックでメニューへ。
最初はPowerMode、つまりVW。
uwell_nunchaku_015845

■温度管理(Ni)
uwell_nunchaku_015849

■温度管理(SS)
uwell_nunchaku_015853

■TCの画面はこんな感じ。
uwell_nunchaku_015910

■バイパスモード。
uwell_nunchaku_015856

■バイパスモード時はこんな感じ。
uwell_nunchaku_020011

■工場出荷状態にするメニュー。
uwell_nunchaku_015859

■メニューから出る。
uwell_nunchaku_015903

■24ミリのBONZAを乗せてみました。
トップ部はナナメカットが入ってるので、25ミリまでなら違和感無く乗ると思います。
uwell_nunchaku_020517

■こんな感じ。
uwell_nunchaku_020535

■22ミリを乗せてみました。
悪くないです。
uwell_nunchaku_020621

■USB充電時はこんな感じ。
満充電になるとディスプレイでお知らせしてくれます。
分かりやすくて良いですね。
uwell_nunchaku_022838

箱のサイドに「Power of a mech, safety of a box.」って書かれてます。
メカみたいな立ち上がりでテクみたいに安全、っていうニュアンスですかね。
このMODの特徴はこれに尽きるような気がします。

さてさて、まずスペックを見ていきます。
材質:ステンレス
サイズ:27.4mm*94.5mm
重量:124g
ワッテージ範囲:5〜80W
待機電流:50μA未満
電圧範囲:0.7〜7.0V
抵抗値範囲:0.1〜3Ω(VW時) / 0.1〜1Ω(TC時) / 0.1〜0.5Ω(バイパスモード時)
温度管理範囲:200〜600°F / 100〜300°C

18650バッテリー1本で駆動するチューブ型テクニカルMODです。
胴太のフォルムが持ちやすくて良いですね。
バッテリー含めると170g。
チューブ型の多くはバッテリー内蔵式ですが、これは18650バッテリーを使用します。
なので、バッテリーを何本か持っていれば出先で電池が切れても安心です。

持ってみるまで分からなかったんですが、ボタンやディスプレイの位置がすげえ丁度いいんですよね。
各ボタンの押し心地も問題ないですし、ディスプレイは小さいながらも十分な輝度があって視認性が良いです。
バッテリーカバーにはナナメに溝が彫られていて開閉しやすくなっています。
スレッドの精度も良い感じ。

操作方法は5クリックでON/OFF、3クリックでメニューに入り、プラマイボタンで選択、ファイアで決定。
直感的に操作できるので迷うことは無いでしょう。
TCRやカーブモードは付いていませんが、VWとTCに加えてバイパスモードが付いているので、メカはちょっと怖いけどチューブの持ち心地やポータビリティがいいな、というニーズを満たせます。
カラバリもたくさんあるので、お気に入りの一本が見つかると思います。

そんな感じでーす!

今回はMODのみの紹介でしたが、キットだとMODと同じカラーのクリアロが付属します。
お買い求めは→コチラ
にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!