コスパがすごいぜ。

Vapesourcing様よりご提供いただきました。
ありがとうございます!

■開けまーす!
vandyvape-bonza-mech-kit-077

■箱の横にはコピー防止のセキュリティスクラッチ。
vandyvape-bonza-mech-kit-079

■中身こんな感じ。
vandyvape-bonza-mech-kit-081

■予備のマグネット。わりと薄めなので割らないように注意です。
磁力が強くてパチっとくっついた衝撃でけっこう簡単に割れるんすよ。
vandyvape-bonza-mech-kit-082

■マグネットの代わりになるスプリングと18650バッテリーを使うときのためのアダプタ。
vandyvape-bonza-mech-kit-083

■覗き込むとこんな感じ。黒い部分はシリコン製で柔らかいです。
vandyvape-bonza-mech-kit-084

■こうやって使うものです。
vandyvape-bonza-mech-kit-114

■ポジピンの突出とバッテリーの皮膜気をつけて、という警告カード。
それとワランティーカードです。
vandyvape-bonza-mech-kit-085

■説明書。
vandyvape-bonza-mech-kit-086

■イラストが多いのでわかりやすいです。
vandyvape-bonza-mech-kit-087

■Oリングの予備、ネジ類の予備、BFピン、510ドリチを使うためのアダプタ、六角レンチ、マイナスドライバー。
vandyvape-bonza-mech-kit-088

■BFピン、六角レンチ式ですね。
vandyvape-bonza-mech-kit-090

■別袋になってるOリング、こちらはMOD用です。
vandyvape-bonza-mech-kit-091

■さて、MODを見ていきましょう。
vandyvape-bonza-mech-kit-092

■下部にベントホール。
vandyvape-bonza-mech-kit-093

■ファイアボタン。
vandyvape-bonza-mech-kit-094

■コンタクト部分。ハイブリッド接続です。
vandyvape-bonza-mech-kit-095

■ファイアボタンを外すときはこんな感じ。少し緩めたらあとは手で回ります。
当たり前だけどバラすときは電池抜いてから。
vandyvape-bonza-mech-kit-096

■バラしました。
vandyvape-bonza-mech-kit-097

■コンタクトがわのチューブ、つまり上半分。
vandyvape-bonza-mech-kit-098

■内側の全体と天井部の外周に絶縁材が入ってます。
vandyvape-bonza-mech-kit-099

■こうするとわかりやすいかな。
チューブの内側が白い樹脂で絶縁されてるの、見えますか?
vandyvape-bonza-mech-kit-101

■真ん中に入るアウターチューブ。カラバリによってここがレジンだったりします。
vandyvape-bonza-mech-kit-102

■下半分。ここにOリングがハマってて、↑のアウターがしっかり留まるようになってます。
見えない所にシリアルナンバー入ってるんすね。オサレ。
vandyvape-bonza-mech-kit-103

■ファイアボタンが入る部分。こんな感じ。
vandyvape-bonza-mech-kit-104

■ファイアボタン。
vandyvape-bonza-mech-kit-105

■なんか、Vnadyvapeも洒落っ気が出てきましたよね。
vandyvape-bonza-mech-kit-106

■コンタクトの銀色部分を回すとこんなふうにバラせます。
押さえながら外さないと磁石同士が「バチッ」っとくっついて割れるので要注意です。
vandyvape-bonza-mech-kit-107

■コンタクト部分のパーツ。シルバー・プレーテッドです。
vandyvape-bonza-mech-kit-108

■電池に当たる部分。黒いのは絶縁体。
このパーツ自体がチューブ下部に入り込む構造。
vandyvape-bonza-mech-kit-109

■裏返すとこんな感じ。
vandyvape-bonza-mech-kit-110

■ファイアボタンとして見える部分のパーツ。
vandyvape-bonza-mech-kit-112

■裏返すとこんな感じ。
vandyvape-bonza-mech-kit-111

■こうすると、マグネット式からスプリング式に切り替えられるのです。
どちらも選べるのは素敵です!
vandyvape-bonza-mech-kit-113

■ファイアボタンは最大でこれくらいメリ込みます。
ここのメリ込み具合で電池の微妙な長さの差を吸収してくれます。
vandyvape-bonza-mech-kit-115

■18650にアダプタをつけて入れてみるとこんな感じ。ほぼツラ。ピッタリです。
vandyvape-bonza-mech-kit-117

■さて、付属の「BONZA v1.5 RDA」です。
2.0じゃなくて1.5なのは、おいおい分かると思う。
vandyvape-bonza-mech-kit-118

■キャップのエアホールは初代と同じくパンチ穴タイプ。
vandyvape-bonza-mech-kit-119

■おしりに保護シート的なの付いてました。ペリっと剥がします。
vandyvape-bonza-mech-kit-120

■で、バラしました。
vandyvape-bonza-mech-kit-121

■510ドリチ。
vandyvape-bonza-mech-kit-122

■エアホールコントロール。
vandyvape-bonza-mech-kit-124

■裏返すとこんな感じ。天井部分はアールになってます。
vandyvape-bonza-mech-kit-125

■ちょっと横から見てみましょう。
エアホールコントロール部分が階段状になってます。
このへんは初代と違う所ですね。
vandyvape-bonza-mech-kit-126

■チューブ部分。
vandyvape-bonza-mech-kit-127

■なんの変哲も無いチューブかと思いきや、下部に切り欠きがあり、デッキと接続したとき回りっぱなしにならないようになってます。
vandyvape-bonza-mech-kit-128

■上一列を閉めたときの形。
vandyvape-bonza-mech-kit-140

■さてデッキ。ポールの構造は初代とほぼ同じですね。
vandyvape-bonza-mech-kit-130

■ネジを緩めていくとこういうふうになります。内側は吊り下げ型のクランプ、外側はふつうにネジのお尻でワイヤーを留める形。
vandyvape-bonza-mech-kit-132

■ウェル深い。
vandyvape-bonza-mech-kit-131

■デッキのここの凹部分が、
vandyvape-bonza-mech-kit-133

■チューブ下部のこの凸と噛み合うんすね。
この構造があるだけでMODとの着脱が格段に楽になります。
vandyvape-bonza-mech-kit-134

■ポジピンはインシュレーターも含めて、かなり突出してます。
vandyvape-bonza-mech-kit-141

■ふつうに24ゲージ単線で組みました。
これで0.34Ω。
vandyvape-bonza-mech-kit-138

■合います。そりゃキットですからね。合いますよね。
vandyvape-bonza-mech-kit-143

■サイズ感こんな感じ。
vandyvape-bonza-mech-kit-142

■ファイアの構え。
vandyvape-bonza-mech-kit-144

※メカニカルMODは十分な知識のもと自己責任で楽しみましょう。

[Vandyvape BONZA メカニカルMOD の仕様]
外径:27mm
全長:85.3mm(実測)
重量:152.5g(実測)
対応バッテリー:18650 / 20700 / 21700

アトマとの接続は510ハイブリッド接続。ポジピンの突出具合には十分注意してください。
ファイアボタン、マグネットとスプリングどっちが良いかっていうのは完全に好みの問題なので、どっちも付属してるのは良いですね。
しかもマグネットは予備まで付いてる。
割れる時は割れますからね。

ファイアボタンのストロークは浅め。
マグネットでもスプリングでも、押した感じは重からず軽からず。
スプリングのほうがほんのすこーしだけ軽いかも?
ただ外径が27ミリと太めなので、実際よりもやや重く感じると思います。

カラバリはCopper Matte Black、7-Color、Copper、Brass、Copper Wrinkle Painted Black、そしてSSの6種類。
材質はカラバリによって違います。
Copper Matte Black、7-Color、Copper、Brassの4色だと、ドリチと同じカラーのレジン製センターチューブがオマケで付いてくるみたい。

僕の手元にあるのはCopper Wrinkle Painted Blackですね。
Google翻訳でWrinkleを調べると「皺(しわ)」だそうな。
皺っていうか、なんだろう。梨地っていうの?
サラサラとザラザラの中間みたいな。
くっつかないフライパンみたいな触り心地。

真ん中のチューブは上下を締め切っても回るようになってるのでRDAとチューブのワンポイントの向きが合わせられるようになってます。
前々から思ってはいたんですよ。スレッド接続なんだからどうしてもデザインの位置がズレるよねって。
こういう細かい心遣いが素敵です。
あと、伝わりづらいと思うんだけど「ポロっと落としちゃう」ことが少ないかも。
たいていのメカチューブのファイアボタンの部分って小さいでしょ。
電池入れ替えるとき、よく落としちゃうんすよね僕。
なんかね、手に持った物をポロっと落としがちな人ってボケが始まってるらしいすよ。たぶん始まってますね僕。
BONZA MODは真ん中から2つに分かれるから、電池入れ替えるときに小さいパーツが出ないんですよ。
だから落としにくいと思う。
電池を入れ替える時は真ん中から2つに分ける→バッテリー取り出す→ファイアボタン少し緩める→バッテリー入れてチューブのスレッド締めていく→ファイアボタン締める。
ってやります。個人的には。
ファイアボタンだけ緩めてバッテリー出し入れしたほうが早いけど、ファイアボタン落っことしちゃうから。おじいちゃんだから。
メカチューブはどれもそうだけど、スレッドを無理に締め込むとバッテリーのプラス極がヘコむので優しくね。

各部のOリング接続の具合がメチャ良いです。
個体差あるかも。手元のやつは、すごく良い。
適度な重みを感じさせつつヌル〜〜っと回ります。
スレッド部分も引っかかりが無く、非常に良い仕上がり。

全バラシ出来るのでメンテ性も文句なしです。
立ち上がりの感じも良いですね。

外径が27ミリと太めなので、手の小さい人にとっては持ちづらいです多分。
感覚的には30ミリの26650メカチューブと、ひところ流行った25ミリの中間っていうと想像しやすいかもしれません。

スタックやらないので個人的にはニーズ無いんですが、公式見たらエクステンションチューブも有るみたい。


[Vandyvape BONZA v1.5 RDA の仕様]
外径:24mm
高さ:33.3mm(実測、コンタクト除く)
重量:46.6g(実測)

初代との違いは大きく以下の3つ。

1)キャップの切り欠き
デッキの凸部と噛み合って、エアホール調整時に回りっぱなしにならず、全開全閉で止まるようになってます。
これによってMODとの着脱は、やり易くなりました。

2)エアホールの閉まり方
初代はエアホールの「横幅」が変化するのに対して、今回のv1.5はエアホールの「縦幅」が変化するような作りになっています。
全閉状態から開けていくとエアホールの下側から一段ずつ開く形になっているので、ボトム気味のサイドエアフローっていうビルドがしやすくなりました。
ヒューズドクラプトンデュアルで組む場合は全開で良いだろうし、単線でビルドする場合は下側一列か二列を開けてボトム気味にエアが当たる形に自然となるので、個人的にはこっちのほうが好きです。

3)シングルビルド不可
初代は2つあるエアホールの片方を全閉にすることでシングルコイルビルドが可能でしたが、v1.5ではこの機構が廃止されています。
最近はコイルの大小に依らずシングルコイルビルド用のRDAの選択肢が広がっているので、この変更はそれほどネガティブじゃないと思います。

こちらもOリング接続の精度がとっても良いです。
初代BONZAもこれぐらいの精度で作り直してほしいと思いました。

公式ページには25mmキャップも有るんですね。
こちらはちょっと気になります。

そんな感じでーす!

商品ページは→
コチラ!
bakumatsu-oiran-012

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!