かたぎり背理

Sourcemore様からご提供いただきました。
ありがとうございます!

■開けまーす!
vandyvape-paradox-rda-01

■コピー防止スクラッチ。
vandyvape-paradox-rda-02

■じゃじゃん。ドリチが合計3種類ってのは多いですね。
vandyvape-paradox-rda-03

■中身こんな感じ。
vandyvape-paradox-rda-04

■日本語は無いけど、なんとなくワカります。
vandyvape-paradox-rda-05

■プリメイドコイル。ちょっと抵抗値低いなと思ったので、組むときに一巻き増やしました。
vandyvape-paradox-rda-06

■付属品袋の中身はマイナスドライバー、810→510変換アダプタ、Oリングの予備、レギュラーピン、ワイヤー固定ネジの予備、ポスト固定ネジ、六角レンチ。
vandyvape-paradox-rda-07

■ワイヤー固定ネジ。フラットで大きな頭が特徴です。
vandyvape-paradox-rda-08

■レギュラーピンは二重構造。
vandyvape-paradox-rda-09

■樹脂製ワイドボアドリチ。内径10ミリから19ミリぐらいに拡がってます。
vandyvape-paradox-rda-12

■斜めに溝が彫られてます。
vandyvape-paradox-rda-13

■810→510変換アダプタ。裏から見たところです。ここがナナメになってるのは細かいこだわりです。
vandyvape-paradox-rda-10

■キャップに装着すると510ドリチが使えるようになります。
vandyvape-paradox-rda-11

■510ドリチ。
vandyvape-paradox-rda-14

■接続部がテーパーになってます。細かい。
vandyvape-paradox-rda-15

■これSSパーツ(左)と樹脂パーツ(右)の2ピース構造。スレッドで固定される構造です。
6ミリから11ミリぐらいに拡がってます。
vandyvape-paradox-rda-16

■付けるとこんな感じ。
vandyvape-paradox-rda-05-18_00-32-25_221

■さて、RDA本体を見ていきましょう。
vandyvape-paradox-rda-17_223520

■エアホールこんな感じで対面に開いてます。
vandyvape-paradox-rda-17_223543

■バラしました。
vandyvape-paradox-rda-17_224029

■デフォのウルテムドリチ。内径9ミリ弱から15ミリぐらいのテーパー。
vandyvape-paradox-rda-17_224049

■ドリチ全部、接続部がテーパー加工されてるんすよね。
vandyvape-paradox-rda-17_224551

■樹脂製の黒ドリチと並べるとこんな感じ。
vandyvape-paradox-rda-17_224655

■キャップ。ドリチとの接続は810です。
vandyvape-paradox-rda-05-17_22-49-38_171

■中身はこんな感じ。天井部は逆アールになってます。
「八」←こういう形ね。
vandyvape-paradox-rda-17_225016

■デッキ。シングル前提で、両サイドからエアを取り込んで真ん中に当てるって感じですね。
vandyvape-paradox-rda-17_225144

■中心にジュースの出口。
vandyvape-paradox-rda-17_225157

■エアホールは内部で分断されてて、片面2穴で合計4穴の形になってます。
vandyvape-paradox-rda-17_225206

■一見横長に見えて、片面2穴なのです。
vandyvape-paradox-rda-05-17_22-52-54_594

■ネジを緩めていくとこんな感じ。ネジの頭でワイヤーを固定するタイプ。
vandyvape-paradox-rda-05-17_23-26-36_611

■完全に外すとこんな感じ。
vandyvape-paradox-rda-17_225510

■分断されたエアホールは弧を描いてます。
vandyvape-paradox-rda-17_231644

■こういうエアの流れなんですね。
vandyvape-paradox-rda-17_231644-2

■ポスト外した状態だと見やすいですね。デッキ外周のエアホールはこんな形です。
vandyvape-paradox-rda-05-17_23-21-16_035

■おしり。デフォでBFピンささってます。
vandyvape-paradox-rda-17_231715

■ポジピンの突出はバッチリ。
vandyvape-paradox-rda-17_231826

■ポジピン外すとこんな感じ。
vandyvape-paradox-rda-17_232314

■ポジティブポスト。
vandyvape-paradox-rda-17_232335

■付属のプリメイドコイルを積みます。一巻き増やして0.24Ωでした。
いろいろ試したけど高さはジグガイド通りが良さげでした。
vandyvape-paradox-rda-17_233023

■ウィッキング。
vandyvape-paradox-rda-17_234403

■単線でも美味しく吸えました。
vandyvape-paradox-rda-19_180119

URUSと。
vandyvape-paradox-rda-18_035609

■メカにも。MAGE MECH V2です。
vandyvape-paradox-rda-05-18_03-58-39_277

■かっこいいじゃない。
vandyvape-paradox-rda-18_040008

外径:24.2mm
高さ:30mm(ウルテムドリチ時、コンタクト除く)
ジュースウェル:10mm

カラバリはブラックとSSの2種類。

ドリチが3種類ついてくるのは良いっすね。510アダプタも付いてるし。
エアの通り道が直線じゃなくてカーブしてることによってどういう効果があるのかよくわからんす。
取り込まれたエアは中心に集まっていく感じになります。
単線で組んだときにはややドロー開いたので、ポストとコイルの隙間、次いでエアホールでエアフローのボトルネックになっているようです
とはいえ単線で組んだときでもドロー感はやや抵抗ありのDL、ぐらい。
エアの通り道一本一本は細いですからね。

デカいネジの頭でワイヤーを固定する構造。
ポジティブポスト側のワイヤー足が出る所とデッキの壁の距離が近いのと、高さに差がないので、ニッパーでもってきちんと面で切るのが難しいんですね。
なので、ここはアメリカっぽく金属疲労で捻じ切るのが正解だと思います。
予め足を切っといてもいいんですけどね。

ジグガイドどおりにコイルを設置するのが正解だと思いました。
コイルの下半分にエアが当たる感じですね。
ウェルはガッツリ有るのでチェーンもバッチリ。
BF運用ならダメ人間になれると思います。
味的にもけっこう美味しいです。

ビルドの自由度はシングルビルドの範囲内でって感じ。
横幅はわりと取れるので、パラレルとかもいけそう。
エアフローのこともあり、運用幅って見方でもある程度レンジが決まっちゃいますね。
とはいえ低抵抗シングルビルドっていうトレンドにはハマってる感じですね。
3芯とか4芯のクラプトン前提で考えれば取り回しの良いRDAです。

そんな感じでーす!

商品ページは→こちら!
[Vandy Vape Paradox RDA]
vandyvape-paradox-rda


その他のVandyvape製品のレビューは→こちら!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!