”Phobia”は”恐怖症”という意味らしいです。

VANDYVAPE様よりご提供いただきました。
ありがとうございます!

■開けまーす!
vandyvape_phobia_rda_07_230333

■中身こんな感じ。
RDA本体に、チャフキャップ、ワランティカード、付属品袋、説明書。
vandyvape_phobia_rda_07_230543

■付属品袋の中身はスペアのOリング、六角のイモネジ、六角レンチ、BFピン、プラスドライバー、810を510に変換するアダプタ。
vandyvape_phobia_rda_07_230808

■さて本体。落ち着いたマットブラックで、主張しすぎないエングレービングが良い感じ。
vandyvape_phobia_rda_07_232624

■デッキ、キャップ、810ドリチの3ピース構造。
vandyvape_phobia_rda_07_232810

■ドリチ。10〜13ミリに広がってるタイプ。でもほとんどストレートっす。
外周部分にはデザインのためのミゾが彫られてます。
vandyvape_phobia_rda_07_232830

■キャップ。上部には「NO MORE FEAR NO MORE PHOBIAS」の文字が。
なんだろうこの自己否定。
vandyvape_phobia_rda_07_232856

■キャップ裏側。天井がドーム型です。
下部(この写真は逆さまなので上部ですが)に切り欠きがありますね。
これがエアフローコントロールです。
vandyvape_phobia_rda_07_232929

■デッキ。
ちょっと変わった構造なので色んな確度から。
ワイヤー固定のネジは横から締め込むタイプ。
vandyvape_phobia_rda_07_232939

■中心、ポジピンが隠れてるのおわかりでしょうか。
BF運用でボトルが空になりそうなとき「ペッ」ってリキッドが飛び出す現象を防いでくれますね。
vandyvape_phobia_rda_07_233018

■ポストに2つエアホールが開いてます。
ボトムとサイド、2つのエアでコイルを包み込みます。
vandyvape_phobia_rda_07_233049

■デフォルトのネジはプラスネジなんですね。
六角のイモネジが付属してるので好みで使い分けましょう。
ポストにはPHOBIAのロゴ。見えない部分のオシャレは上級テクですね。
vandyvape_phobia_rda_07_233121

■外周下部に横長のエアホールが開いてます。
これ面白いのが、エアホールの入り口と出口が90度の位置にあるんですね。
この写真だと6時の方向に入り口が、3時と9時の方向に出口が見える格好になっています。
vandyvape_phobia_rda_07_233142

■おしり。左のほうに「ALEX from vapersMD」のロゴが入ってます。
海外のレビュアーさんの名前ですね。デザイン協力とかですよね多分。
vandyvape_phobia_rda_07_233227

■ポジピンはガッツリ突出してます。
vandyvape_phobia_rda_07_233303

■さて、チャフキャップを見ていきましょう。
真ん中のがチャフキャップ、右のやつがデフォのキャップです。
vandyvape_phobia_rda_07_233445

■チャフキャップはこの2ピース。SSのチューブに、樹脂製のキャップです。
vandyvape_phobia_rda_07_233507

■キャップの裏側は逆Rっていうか、こう……「八」←こういう形っす。
ドリチになる部分の内径は狭い所で12ミリ、口側の広い所で13.5ミリ。ほぼストレートです。
vandyvape_phobia_rda_07_233526

■チューブはもう、ほんとに筒。下部にはデフォルトのキャップと同じようにエアフローコントロールのための切り欠きがあります。
vandyvape_phobia_rda_07_233544

■ポジピンを抜くとこんな感じ。
ポジピン、2段ネジになってるんですね。
vandyvape_phobia_rda_08_003212

■ビルドする前に一点。イモネジを外すと、コイル足を収めるための穴が縦方向に開いてました。
コイル足の調整を多少、雑にしても収まるよ、という優しさですね。
vandyvape_phobia_rda_08_005224

■24ゲージ内径3ミリで。
足の処理が必要なのでめっちゃ簡単かっていうとそうでもないけど、ラジペンの先っちょでクイクイってやるだけなので特段難しくはないですよ。
vandyvape_phobia_rda_08_005702

■こんな感じ。これで0.3Ωちょいでした。
vandyvape_phobia_rda_08_010324

■こんな感じ。
vandyvape_phobia_rda_08_010339

■内径3.5ミリのクラプトンで。
これで0.45Ωでした。
vandyvape_phobia_rda_08_133138

■こんな感じ。コイルの幅を抑える目的で径を増やしたわけです。
こっちのほうがこのデッキにマッチしてると思う。
vandyvape_phobia_rda_08_133735

■エアホール全開状態。
vandyvape_phobia_rda_08_011953

■エアホール半閉状態。無段階なので好きなだけ絞れるっちゃ絞れます。
vandyvape_phobia_rda_08_012033

DRAGに。
vandyvape_phobia_rda_08_012214

24ミリのメカチューブだとこんな感じ。
vandyvape_phobia_rda_08_012337

外径24ミリのRDA。
ウェルは約4.6ミリ。
810ドリチが使えるデフォルトのキャップの他にチャフキャップが付いてきます。
デフォルトキャップではコンタクトを抜いた高さが30ミリ、チャフキャップの場合は31.5ミリになります。
ちなみにデフォルトのキャップの重さが21.1g、チャフキャップが10.7gでした。
各部のOリングも硬すぎず緩すぎず精度良いです。
カラバリは今回のマットブラックのほかにゴールド、シルバー、レインボーの4色かな。
マットブラック以外はドリチがウルテム製っぽいです。

810のキャップ、810→510の変換アダプタ、さらにチャフキャップが付属するので、ドリチの選択肢がすごく広いですね。
RDAっていじくり回して遊ぶものだと思うので、こういう汎用性があるのはすごく好きです。
とはいえエアホールの出口を絞れるわけではないので、ある程度は爆煙寄りの構造っすね。

ワイヤホールがデッキ底面にあるタイプで、コイル足の処理がある程度必要ですが、ビルド難易度はそれほど高く無いと思います。
コイルを置く位置が「ココ!」って決まってるので、失敗ビルドが出にくいのも良い点ですね。

以前からちょこちょこ「2ポスト2ホールが好き!」って言ってるんですが、そういうRDAと似たミストの出方です。
外側から内側にエアが流れる構造なので、コイルで発生したミストをロスすることなく全部、口の中に運んでくれる、そういう感じ。
このRDAの場合はサイドとボトム、2つのエアフローで大きいコイルもきっちり冷やしてくれます。
内径3.5ミリクラプトンデュアルが実に美味しかったです。

ためしに内径4ミリにしてシングルコアでも組んでみました。
予想はしてたけど、デュアルコアのほうが断然美味しいです。
コイルスペースはけっこう広いので、ごっついコイルを活用する可能性もあるかも。
あるかも、ですが、やっぱりクラプトンデュアルがすげえマッチしてたんですよね。
ミスト多めで楽しむのが好きな人はハマると思います。

ドリチ含め全体的にきっちり意匠が施されていながら、浮いた感じの無いまとまったデザインなので、どんなMODにも合うと思う。
外側から見た時にエアホールが目立たない構造なのも格好いいですね。

機能面でもデザイン面でも優秀で、いじり甲斐のあるアトマだと思います。

そんな感じでーす!

公式ページは→コチラ!

その他のVandyvape製品のレビューは→コチラ!
にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!