かなり今更ですが。

Sourcemore様からご提供いただきました。
ありがとうございます!

■あけまーす!
vapefly-brunhilde-rta-00002

■Top Coiler RTAということらしいですぜ。
vapefly-brunhilde-rta-00004

■コピー防止のやーつ。
vapefly-brunhilde-rta-00005

■じゃじゃん。予備のガラスチューブ付いてるんすね。
vapefly-brunhilde-rta-00006

■マニュアルと、コラボしたGerman103チームの紹介をするカード。
vapefly-brunhilde-rta-00007

■付属品。Oリングの予備、810→510変換アダプタ、ステンワイヤーの予備、イモネジの予備、六角レンチ。
vapefly-brunhilde-rta-00001

■靴紐コットンとプリメイドコイル。
vapefly-brunhilde-rta-00009

■でーん。ガンメタ。
vapefly-brunhilde-rta-00010

■かっこいいすね。
vapefly-brunhilde-rta-00011

■ここにリキチャ穴があるよ、という3連しずくマーク。
vapefly-brunhilde-rta-00010.1

■デッキ&タンク、キャップ、ドリチ。
vapefly-brunhilde-rta-00013

■ドリチ。ワイドボアです。
vapefly-brunhilde-rta-00014

■810です。
vapefly-brunhilde-rta-00015

■内径8.8mm→13mmぐらいに拡がってます。
vapefly-brunhilde-rta-00016

■キャップ。
vapefly-brunhilde-rta-00017

■トップキャップとチャンバー。
vapefly-brunhilde-rta-00018

■トップキャップにはエアホールコントロール。ちょっと複雑な形ですね。
vapefly-brunhilde-rta-00019

■チャンバーはパンチ穴の付いた筒。
vapefly-brunhilde-rta-00020

■下部には丸穴が一発。これエアホールでもありリキチャ穴でもあります。片面にしか開いてないのがミソ(後述)
vapefly-brunhilde-rta-00021

■エアホール全開状態。
vapefly-brunhilde-rta-00022

■時計回りに回転させると右上からひとつずつ閉じていきます。写真は上半分を閉じた状態。
vapefly-brunhilde-rta-00023

■で、さらに回転させていくと下半分も閉じていき全閉状態に。さらに回すと右から縦ペアで2つずつ開いていきます。
コイル幅が小さいビルドだとこういう形がいい感じでした。
vapefly-brunhilde-rta-00024

■デッキとタンク。
vapefly-brunhilde-rta-00025

■ワイヤーホールの間にエアの吹出口があります。小さい穴が6連になってるやつね。
vapefly-brunhilde-rta-00027

■デッキ外周をみるとエアホールがあります。↑の6連穴から吹き出るエアはここから供給されます。
vapefly-brunhilde-rta-00026

■反対側にはリキチャ穴。吸うときはキャップの穴をエアホールに合わせて、リキチャするときは180度回転させてリキチャ穴に合わせます。つまり、キャップの穴はエアホール兼リキチャ穴ってことですね。
vapefly-brunhilde-rta-00029

■覗き込むとステンワイヤーが見えます。
vapefly-brunhilde-rta-00028

■バラすとこんな感じ。
vapefly-brunhilde-rta-00030

■赤丸で囲った部分がリキッドの通り道。
vapefly-brunhilde-rta-00031

■おしり。
vapefly-brunhilde-rta-00032

■ポジピンは、かなり突出してます。
vapefly-brunhilde-rta-00033

■MATOちゃんと比べるとこんな感じ。文句なしのデカさ。
vapefly-brunhilde-rta-00034

■プリメイドコイル積みました。一巻き増やして、焼入れして0.24Ω。低し。
高さは公式に書いてあるとおり、ポストの頭にコイルの頭を揃える形でバッチリでした。
vapefly-brunhilde-rta-00036

■付属の靴紐コットン。便利ですよねこれ。
vapefly-brunhilde-rta-00038

■コットン濡らしてリキチャして。キャップしたままでもリキチャできるんですけどね。回す手間と外す手間と、さして変わらんといえば変わらんのです。
vapefly-brunhilde-rta-00039

■カンタル24ゲージのデュアル。焼入れして0.37Ωでした。
vapefly-brunhilde-rta-00045

■メカチューブ、Mage Mech V2です。
vapefly-brunhilde-rta-00048

■うわぁ長い。
vapefly-brunhilde-rta-00049

WYE-200です。
vapefly-brunhilde-rta-00050

■重たいアトマに重たいMOD。別れるとき泥沼になりそうですね。
vapefly-brunhilde-rta-00051

[Vapefly Brunhilde RTA の仕様]
外径:25.20mm
高さ:65.60mm(コンタクト除く) / 55.50mm(ドリチとコンタクト除く)
リキッド容量:8ml
(公式ページより)

他にレビューたくさんあるし今更って感じしますが、Sourcemoreさんのレコメンドなので気にせず書きました。
Sourcemoreはクリアランス商品のラインナップに古いデバイスが格安で出てることがあって面白いんすよね。

カラバリはブラック、ガンメタ、レインボウ、SS、ゴールド、ダークブルーの6色。

いやぁ、デカいっすね。
重さを量ったら82.3gでした。

プリメイドコイル。巻数増やしました。
増やして焼入れした状態で0.24Ω。うーむ低い。
エアががっつり入る構造なので、思い切り吸い込めばミストは熱くないです。
ただ、アトマ自体がアッチッチになります。素手で触れないぐらいアッチッチ。
ドローはスッカスカ。ほぼ呼吸っていうぐらい。
サイドに加えてデッキ中央から吹き出すエアで強力にコイルを冷却できてる感じ。
ミスト量は大したもんです。爆煙。ボハーっと。
味はけっこうザックリした感じですね。0.4Ωぐらいで組めれば良かったんですけどね。
プリメイドコイルは爆煙特化と割り切ってよさそうです。

単線。カンタル24ゲージ内径3mmです。0.37Ω。
美味しい。サイドは上半分閉じるぐらいでもちゃんと冷やせてます。
デカい図体に似合わずエアホールの調整が多彩なのが良いっすね。パンチ穴なのも好みです。
BFのRDAで出して欲しいかもっていうぐらい。


で、


正直ちょっと供給遅い。
マイクロで組んだほうが供給の遅さを感じますね。なんでだろ。熱が集中するからかな。
タンク半分ぐらい空にしたところでコットンがちょっと焦げてた。
コットンの質にもよるのかしら。
うーむ。

ステンロープじゃなくてコットンでも組めるので、そういうもんだと思えば良いんじゃないかな。
リキッドがたくさん入るのはほんと便利。在宅勤務中なので大容量RDTAはすげぇ助かります。
リキチャ穴もシリコンパーツを使わず素敵な構造です。
ガラスタンクを覆うホロウスリーブも凝ったデザインでかっこいいっすね。
メカチューブのスタックに載せたら警棒みたいになるでしょうね。しないけど。

MATOが出た現環境で考えると悩ましいっすね。かたやシングル専用、かたやデュアル専用。
デュアルのRDTAってだけなら選択肢は多いんですけどね。
そういう悩ましさも面白いですよねVAPE。

そんな感じでーす!

クーポンコード「BRTA」で$25.5になるそうです。
入力をわすれずに!


商品ページは→こちら
Vapefly Brunhilde RTA
vapefly_brunhilde_rta_4


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!