文句なしに美味い。

Heavengifts様からご提供いただきました。
ありがとうございます!

■開けまーす。
vapefly-galaxies-rdta_201621

■サンプル版なんです。
vapefly-galaxies-rdta_201639

■中身こんな感じ。Galaxies squonk RDTA本体とスペアのガラスチューブ。
袋Aはコットンとプリメイドコイル2つ。袋BはOリングやイモネジの予備、付け替え用のドリチ、BFピン、工具です。
vapefly-galaxies-rdta_201835

■プリメイドコイル。スペースドです。
こいつがまた優秀なんですよね。
vapefly-galaxies-rdta_201912

■袋Bはドリチ、Oリング、工具、BFピン、イモネジ。
vapefly-galaxies-rdta_202132

■BFピン、プラスドライバーで回すタイプですね。
vapefly-galaxies-rdta_202243

■黒ドリチ。デフォのフロストホワイトのものに比べるとやや長く内径も細めです。
vapefly-galaxies-rdta_202458

■さて本体。片側に5つのエアホールが配されています。
vapefly-galaxies-rdta_202618

■反対側には3発。これによってエアフローコントロールの幅を広げてるのです。
vapefly-galaxies-rdta_203036

■バラすとこんな感じ。
vapefly-galaxies-rdta_203208

■デフォのドリチ。フロストホワイトでおしゃれ。
vapefly-galaxies-rdta_203449

■キャップ。
vapefly-galaxies-rdta_203543

■裏側はこんな感じ。中央部が「かえし」になってるんですが、これによってエバポレーション部を狭くしてるんだと思います。
vapefly-galaxies-rdta_203601

■天井部は二重ドームになってる感じっすね。
vapefly-galaxies-rdta_203622

■デッキ。中央にほっそいエアホールがありますね。
MTL的な雰囲気がむんむんします。
右下に変な柱がありますが、リキッドチャージのための機構です。
ウィックホールの外側には凹型の突起。ビルドのときにジグを置くガイドになってます。
vapefly-galaxies-rdta_203741

■真上から見るとこんな感じ。
左上の小さな穴、あれはリキチャのときの空気抜きのためのものです。
vapefly-galaxies-rdta_203844

■側面にはエアホール(入り口)が。
反対側にも開いてます。キャップの角度によって1発と2発を切り替えられる仕組みです。
vapefly-galaxies-rdta_203908

■おしり。
vapefly-galaxies-rdta_204025

■ポジピンはがっつり突出してます。
vapefly-galaxies-rdta_210749

■底面を回すと、こんな感じでタンク部もバラせます。
vapefly-galaxies-rdta_204226

■逆さにしてみました。
vapefly-galaxies-rdta_204309

■裏側。
vapefly-galaxies-rdta_204334

■こっから
vapefly-galaxies-rdta_204412

■こう!リキチャ機構がバネ式になってて、押し込むとこう露出するんです。
vapefly-galaxies-rdta_204416

■ワイヤーホイールはバンクになっててコイル足が逃げにくいようになってます。
普通のクラプトンぐらいなら入るサイズだと思う。
vapefly-galaxies-rdta_204748

■ポスト外側にあるイモネジで、サイドエアフローを調整します。
vapefly-galaxies-rdta_204823

■プリメイドコイルを積みました。
実測0.83Ω。
vapefly-galaxies-rdta_205537

■ウィッキングこんな感じ。
vapefly-galaxies-rdta_210513

■リキチャはこう、ユニコーンボトルの先っちょを押し当てる感じで。
vapefly-galaxies-rdta_210537

SINUOUS P80に。イイカンジです。
vapefly-galaxies-rdta_210910

URUSに。これはスラントリング欲しくなる感じっすね。
vapefly-galaxies-rdta_210950

iStick Picoに。これや。
vapefly-galaxies-rdta_211022

■うん。いいっすね。
vapefly-galaxies-rdta_211051

Cuboxに。22ミリMTLのアトマをCuboxに乗せる癖がある。
vapefly-galaxies-rdta_211303

外径22ミリ、高さは白ドリチで40ミリ、黒ドリチで43.5ミリ。
白ドリチはアトマ側最大6ミリから最小3ミリで絞られてるタイプ。
黒ドリチは3ミリから2ミリに絞られてます。

ドローめちゃ重い。
サイド閉じた状態だと、エアホール全開にしても重い。
まず重いスタートで、さらにそこから絞れるっていうMTLっぷり。
デッキ側にエアホールを2つ用意してキャップ側で両方使うか片方にするか変えられるっていう発想はCorollaでもあった形ですが、こちらはキャップ側ホールの大きさに段階がついてるので、さらに細かいエアホールコントロールが可能。
エアホール片方だけの一番小さい穴にすると激重です。

で、サイドエアフローを併用すると軽めのドローに変わっていきます。
エアフロー調整のレンジが広く、調整の幅も細かいのです。
サイドエアフローを全開にしてようやく直肺かな?ぐらいの重さ。
さすが「MTL RDTA」って感じで濃い美味。
これぞMTLという味わい。
ミスト温度は高め。

キャップの切り欠きとデッキのガイドが噛み合って、エアホール最小と全開で止まるようになってます。
ただ凹凸を作るだけじゃなくて、凸部がジグガイドを兼ねてるのが賢いっすね。
ガイドの位置にドライバーを合わせるとドンピシャな高さになります。

バネ式のリキチャ機構のおかげで、リキチャし過ぎなければデッキの上がビチャビチャになることも少ないです。
横倒しにするとリキッド漏れるのはRDTAの宿命なので甘んじて受けましょう。
タンク容量もそんなに無いので、吸うぶんだけリキチャすればよし。
何度か使えば慣れると思う。

で、ポジピンのところから漏れるらしんすよねこれ。
僕の手元にある個体では再現しなかったんですが、インシュレーターの作りが雑なのが問題らしいです。
ポジピンとインシュレーターの間にOリングをカマせば漏れないらしく、またそのためのOリングも国内で売られてるらしい。
ちょっと面倒ですが、この面倒くささを受け入れても使う価値のある美味しさだと思います。

コイル足の処理しなくていいぶんFodi f2よりビルドも楽。
BF運用が可能なのも素敵ポイント。
MTL RDTAっていう名前に負けない美味しさです。

そんな感じでーす!

商品ページは→コチラ
にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!