自分好みのチューンで。

Healthcabin様よりご提供いただきました。
ありがとうございます!

■開けまーす!
vapefly-galaxies-rta-01

■コピー防止スクラッチ。
vapefly-galaxies-rta-02

■じゃん。RTA本体とバルブガラスチューブ。あとPMMAのドリチ。
vapefly-galaxies-rta-03

■下段には説明書とコットン&プリメイドコイルの袋、あと付属品袋。
vapefly-galaxies-rta-04

■説明書。ギアホイールとエアフローキューブでエアをコントロールするよっていう。
vapefly-galaxies-rta-05

■付属品袋の中身はT字工具とOリングの予備、六角レンチ、エアフローキューブとイモネジの予備。
vapefly-galaxies-rta-06

■エアフローコントロールキューブ。
vapefly-galaxies-rta-07

■こんな感じで、
vapefly-galaxies-rta-08

■貫通穴が2箇所から開いとるわけです。
vapefly-galaxies-rta-09

■プリメイドコイル。Ni80の26ga、内径2.5mmで1Ωです。
vapefly-galaxies-rta-11

■バルブガラスチューブ。
vapefly-galaxies-rta-13

■PMMAのドリチ。
vapefly-galaxies-rta-14

■光に透かしてみてるんですが、わかるでしょうか。吸口のあたりでクイっと絞られてます。
vapefly-galaxies-rta-22

■さてRTA本体。
vapefly-galaxies-rta-15

■チャンバーにGALAXIESの文字。
vapefly-galaxies-rta-16

■バラしました。
vapefly-galaxies-rta-18

■デルリンのドリチ。
vapefly-galaxies-rta-19

■内径とかは同じ。6mmから3mmに1段階で絞られてます。
vapefly-galaxies-rta-20

■トップキャップ。
vapefly-galaxies-rta-23

■裏側。
vapefly-galaxies-rta-24

■チャンバー&チムニーパーツ。チムニーにスレッドが切ってあるタイプはうっかりスレッドで手を切るリスクが無いので好きです。
vapefly-galaxies-rta-25

■こんな感じ。
vapefly-galaxies-rta-26

■チャンバーの天井はひょいっとアールになってます。
vapefly-galaxies-rta-28

■デッキ。
vapefly-galaxies-rta-29

■デフォで豚鼻のエアフローキューブが付いてます。
エアフローキューブはイモネジで押さえて固定されてます。
vapefly-galaxies-rta-31

■ウィックホールこんな感じ。通さないで乗せるタイプですね。
vapefly-galaxies-rta-32

■ポールを真横から見るとこんな感じ、
下にマイナスネジの頭が見えてますが、これはエアフローキューブを固定するやつ。
vapefly-galaxies-rta-33

■ワイヤーホールこんな感じ。
vapefly-galaxies-rta-34

■ツラで切るのが基本ですが、しくった分を折って横に逃がせるようになってます。
vapefly-galaxies-rta-35

■エアフローキューブを外すとこんな感じ。
vapefly-galaxies-rta-36

■付属品袋に入ってたのが左。比べてみるとこんな感じ。
vapefly-galaxies-rta-37

■90度回転させるとこう。つまりエアフローキューブだけで4種類のエアフローを選べるわけです。
vapefly-galaxies-rta-38

■エアフローキューブを外した部分はこうなってます。注意書きによると、この状態では使うなとのこと。
vapefly-galaxies-rta-39

■インシュレーターが片方、開口してます。赤矢印のほうは壁があるけど青矢印のほうは壁がないってことです。
vapefly-galaxies-rta-40

■付属のプリメイドコイルを乗せました。これで0.85Ωでした。
vapefly-galaxies-rta-42

■高さこのぐらい。
vapefly-galaxies-rta-43

■焼くとNi的な色に。
vapefly-galaxies-rta-45

■ウィックの長さこれぐらいで、
vapefly-galaxies-rta-46

■梳かずに軽くほぐしてジュースホールに乗せる感じです。
vapefly-galaxies-rta-47

■VandyのSuperfine MTL Fused Clapton(Ni80 32ga*2+38ga)で5巻。1.02Ωでした。
ここで気づいたんだけどコイルをセットしたままエアフローキューブの入れ替えが可能です。
vapefly-galaxies-rta-56

■リキチャこんな感じ。
vapefly-galaxies-rta-49

■ギア式のエアフローは両面に1発ずつ。
片方は1と2、反対が3と4を担当してます。
vapefly-galaxies-rta-53-2

■ポジピンはきちんと出てます。
vapefly-galaxies-rta-44

■はい!iPicoに乗りますよ!
vapefly-galaxies-rta-50

■乗りますが、
vapefly-galaxies-rta-51

■回してる最中にエアフローコントロールのギアがバッテリーキャップにカスります。
vapefly-galaxies-rta-52


Vapeflyのアトマ、良いすよね。安いし。
今回は代表作でもあるGalaxiesシリーズのRTAです。

[Vapefly Galaxies MTL RTA の仕様]
直径:22.2mm
高さ:49.45mm(コンタクト除く)
タンク材質:SS&ガラス
ドリチ材質:PMMA(オレンジクリア)
     デルリン(黒)
対応ビルド:シングルコイルビルド
カラー:ブラック・SS・ゴールド
リキッド容量:3ml:スタンダードバージョン)
      2ml:TPDバージョン(着脱式シリコンパーツ付き)
      5ml:バルブガラスチューブ

ドリチ露出部の高さが11.3mmとのこと。
あと外径の22.2mmってのはエアフローコントロールネジの突出ぶんが含まれてないっす。
デッキのポスト間は6mm。
吸うときにはエアフローキューブを外さないでねっていう注意書きが付いてます。

イモネジ予備はマイナスのやつが3つ、六角のやつが3つ。
エアホールは両面に。
片方は1、2のローテーション、反対側は3、4のローテーション。
ってことはたぶんエアフローキューブと同じように貫通穴になってるんだと思う。
最大が2+4、最小が1のみってことになります。
エアフロー最大(2+4)で、エアフローキューブをいちばんデカい横長穴にしても、ギリDLで吸えなくはない、ぐらい。
最小の組み合わせにすると、完全に激重MTL。
エアフローコントロールは無段階リングでも良かったのでは?っていう気がしないでもないけど、かっこいいから許す。

そらもう美味しいっすわ。
豚鼻がなぜウマいのかわかんないけど、豚鼻まちがいないっす。

付属のNi80単線なかなかうましです。
豚鼻との組み合わせで実に濃い味。

カンタル28ゲージ2.5mmでも組んでみました。
こちらは小さい方のひとつ穴でチューチューいくと、いかにもMTL。
タバコ系とかめっちゃイケるかんじっす。
こうなるとドリチももうちょい細めに変えたいっすね。
そのへんはお好みで。

MTLヒューズドクラプトン、内径2.5mmで5巻。
エアフロー全開、キューブも横長穴にしてみました。
おいしいよ。適度に豊かなミスト量、やや重めのドロー。
ちょうどいいやつ。
ギリDLできなくはない感じのやつをMTLで吸うのが美味しい。
このバランスが好きです。リキッドのポテンシャルをグイっと引き出せてる感じ。

激重MTLから軽めのMTLとエアフローのレンジがある程度ありつつ、細かく細かく設定できるのが面白いです。
いろいろ試していけば、自分にピッタリのセッティングが見つかると思います。

そんな感じでーす!

その他のVapefly製品のレビューは→こちら

商品ページは→こちら!
[Vapefly Galaxies MTL RTA Atomizer 3ml]
vapefly-galaxies-rta


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!