RMC(リビルダブル・メッシュ・コイル)は優秀です。

Sourcemore様からご提供いただきました。
ありがとうございます!

■あけまーす!
vapefly-optima-pod-kit-01

■コピー防止スクラッチ。
vapefly-optima-pod-kit-04

■じゃん。
vapefly-optima-pod-kit-06

■下段にはもろもろ付属品が。
vapefly-optima-pod-kit-07

■RMCのマニュアルと、POD Kitのマニュアルと、ワランティーカード。
vapefly-optima-pod-kit-08

■マニュアルは日本語非対応。
vapefly-optima-pod-kit-09

■付属のコイルヘッド。Free Core O-2コイルです。0.6Ωのメッシュコイル。
vapefly-optima-pod-kit-11

■ハニカムのやつですね。
vapefly-optima-pod-kit-12

■まだ付属品袋の話が続きますよ。RMC用のカートリッジ。
vapefly-optima-pod-kit-13

■リキチャ穴はこんな感じで横に。
vapefly-optima-pod-kit-14

■で、箱を開けていきます。
vapefly-optima-pod-kit-15

■USB-Cケーブル。
vapefly-optima-pod-kit-16

■RMC用のコットンとメッシュ。
vapefly-optima-pod-kit-17

■小袋。
vapefly-optima-pod-kit-18

■RMCの部品すね。チャンバー、ジグ、白いゴムのやつがインシュレーター、Oリング数種、金色の小さいのがコンタクトっすね。
vapefly-optima-pod-kit-19

■さて、ようやくPOD本体。バッテリー部分のガワは金属製。本当にうっすらラメっぽい塗装。マーブルのパターンも落ち着いた色調で素敵です。
vapefly-optima-pod-kit-21

■前面はこんな感じ。
vapefly-optima-pod-kit-22

■上部にはvapeflyのロゴ、その下にファイアボタン、ディスプレイ。
vapefly-optima-pod-kit-23

■下部にはプラマイボタンとUSB-Cのポート。
vapefly-optima-pod-kit-24

■背中にはOPTIMAの文字が。
vapefly-optima-pod-kit-25

■おしり。
vapefly-optima-pod-kit-26

■カートリッジの横っちょに柿の種半分にしたみたいな穴開いてますよね、あれがエアホールです。ここから吸気するので、コイルがどんなにクソで漏れまくってもバッテリー部分をリキッドまみれにする心配がありません。
vapefly-optima-pod-kit-27

■バッテリーカバーはマグネット式。
vapefly-optima-pod-kit-28

■下のほうがマイナスで、スプリング式になってます。
vapefly-optima-pod-kit-29

■18650バッテリー1本で駆動します。
vapefly-optima-pod-kit-30

■カートリッジはマグネット式。
vapefly-optima-pod-kit-31

■接点部分はこんな感じ。
vapefly-optima-pod-kit-32

■デフォでくっついてたのはコイルヘッド用のカートリッジですね。
vapefly-optima-pod-kit-33

■0.3Ωのコイルヘッドがプリインストールされています。
vapefly-optima-pod-kit-34

■O-1コイルヘッド。0.3Ωで推奨30-40W。
vapefly-optima-pod-kit-35

■中身はこんな感じ。
vapefly-optima-pod-kit-36

■さて、RMCを組み立てていきましょう。
vapefly-optima-pod-kit-41

■マニュアルは写真付きで分かりやすいです。
vapefly-optima-pod-kit-37

■こうしてコットンにメッシュコイルを乗せて、
vapefly-optima-pod-kit-38

■あ、コイルの向きはこう。ここ注意です。
vapefly-optima-pod-kit-39

■で、コットンごとジグに巻きつける。
vapefly-optima-pod-kit-40

■で、ジグに巻きつけたままRMCのガワにこう通すわけです。
vapefly-optima-pod-kit-42

■こんな感じでコットンの端っこが切り欠きから出るように。
vapefly-optima-pod-kit-43

■コイル足の片方を折り曲げて、
vapefly-optima-pod-kit-44

■インシュレーターを
vapefly-optima-pod-kit-45

■こう。
vapefly-optima-pod-kit-46

■で、ポジティブコンタクトをこう。
vapefly-optima-pod-kit-47

■余ったコットンをニッパーでカットします。
vapefly-optima-pod-kit-48

■余ったコイル足もカット。
vapefly-optima-pod-kit-49

■で、カバー的なやつをスレッドで固定。これで完成です。簡単。
vapefly-optima-pod-kit-50

■覗き込むとこんな感じ。綺麗に出来てますね。
vapefly-optima-pod-kit-51

■組んだRMCをカートリッジにセットして、リキをチャーします。
vapefly-optima-pod-kit-52

■サイズ感こんな感じ。
vapefly-optima-pod-kit-53

■こんな感じ。
vapefly-optima-pod-kit-54

■ディスプレイはこんな感じ。
vapefly-optima-pod-kit-55

■3クリックでモード切り替え画面に。
vapefly-optima-pod-kit-56

■USERモード。1秒刻みです。
vapefly-optima-pod-kit-58

■さてさて。今回は別売りのRDTAキットもレビューします。
vapefly-optima-pod-kit-59

■コピー防止スクラッチ。
vapefly-optima-pod-kit-60

■じゃじゃん。
vapefly-optima-pod-kit-61

■RDTA用のメッシュコイル。素材はカンタル、0.2Ω。
vapefly-optima-pod-kit-62

■これTypeAってやつで、別売りで他に2種類あります。
vapefly-optima-pod-kit-63

■極太の靴紐コットン。
vapefly-optima-pod-kit-64

■パーツ袋。
vapefly-optima-pod-kit-65

■ジグ、T字工具、Oリング類、ネジ類、ワイヤーロープ、ヒューズドのコイル。
vapefly-optima-pod-kit-66

■で、こいつがRDTA Pod Cartridgeです。
vapefly-optima-pod-kit-67

■なんだろう、この……なんていうか「乗せました」感。可愛いけど。
vapefly-optima-pod-kit-68

■カートリッジ部分は単純にリキッドを貯めるだけ。ワイヤーロープでリキッドを吸い上げて、その後は普通にRDAが乗ってるって形ですね。
vapefly-optima-pod-kit-69

■キャップを外すとこんな感じ。
vapefly-optima-pod-kit-70

■ドリチは樹脂製。キャップはもっとバラせるかと思ったけど、そうでもなかった。
vapefly-optima-pod-kit-71

■エアホールは全開でこうで、
vapefly-optima-pod-kit-72

■半分閉じるとこう。もちろん全閉にもできます。
vapefly-optima-pod-kit-73

■覗き込むとこんな感じ。
vapefly-optima-pod-kit-78

■エアホールはけっこう中まで突出してて、近い位置からコイルにエアを当てる構造。
vapefly-optima-pod-kit-79

■デッキはこんな感じ。クランプで、真ん中がスプリング式になってて、っていうメッシュコイルでは定番の構成。ワイヤーロープでリキッドを供給させるのはvapeflyの意地か。
vapefly-optima-pod-kit-74

■リキチャ穴はこちら。
vapefly-optima-pod-kit-75

■おしり。
vapefly-optima-pod-kit-76

■付属のメッシュコイルをジグで曲げて、
vapefly-optima-pod-kit-77

■クランプで固定したらコットンを通すだけ。
vapefly-optima-pod-kit-80

■端をカットしてホゲホゲして、
vapefly-optima-pod-kit-81

■こんな形に。
vapefly-optima-pod-kit-82

■で、リキチャ。
vapefly-optima-pod-kit-83

■こんな格好になります。
vapefly-optima-pod-kit-84

■こんな感じ。
vapefly-optima-pod-kit-85


[Vapefly Optima Pod Mod Kit の仕様]
サイズ:22.4 * 30.7 * 115.0mm
重量:100g
入力:Type-C 5V/2A
ディスプレイ:0.91inch
コイル:0.3Ω mesh coil & 0.6Ω mesh coil
ジュース容量:3.5ml
バッテリー:18650(別売り)
ワッテージ範囲:5-80W

カラバリはブルー、レッド、シルバー、ガンメタル、ブラックの5種類。

0.3Ωのコイルヘッド。
うん、普通に美味しいです。
突出してスゲェってこともないです。普通。
ジュルったりはしない。普通。
ドロー感はだいぶ軽いけど、スカスカの一歩手前ってぐらい。
気持ちよくDLできるライン。

0.6Ωのコイルヘッド。
はい美味しい。これだ。
甘みがやや強い感じはあるけど、そこそこバランス良く出てると思う。
推奨値が20W〜28Wなので18650運用にもマッチしてるし。
コスパの面でRMCとちょっと迷う。
ドローの重さは0.3のほうと同じぐらい。

RMCで。
おお、美味しい。爆煙美味しい。
ビルドもそんなに難しくないし、リビルダブルメッシュっていう括りで考えると今までで一番いいなと思いました。
メッシュのRTAってたくさん出てるけど、コイルヘッドの味わいとはまたちょっとニュアンスが違う所あるじゃないですか。
あとコットンワーク下手だとイガるし。
今回のRMCはリビルダブルだけど構造的にはメッシュのコイルヘッドだし、外れビルドを出しにくいしなので、爆煙メッシュタンク好きとしては理想的でした。
ただメッシュコイルの抵抗値は0.2Ωで、推奨は40-60Wとのこと。
18650いっぽんで最低で40Wか。うーん。まぁもうちょい低くてもいけるし、いいか。
せっかくリビルダブルなんだから、メッシュの部品にバリエーション欲しいですね。0.5Ωぐらいのやつがあったら最高だよねとか思いました。
ドローは出来合いのコイルヘッドよりも軽めでスカスカですね。
良いですこれ。好きです。



RDTAも試してみました。

付属のメッシュコイル、0.2Ω。
メッシュの設置は楽だけどコットン通すのがちょいムズでした。
全開だとドロー感はスッカスカ。
爆煙。で、味は飛び気味。
ぶっちゃけRMCのほうが美味しい。
直で垂らしたのと別のリキッドをチャージして試したところ、供給はうまくいってるようでした。
エアは上手に当たってるらしく、アトマ部分がアッチッチになることも無いです。
低めの出力でダラダラ吸うには良いかも。
まぁでもRMCあるならRMCでいいじゃんっていう気がする。

付属のヒューズド
焼入れして0.33Ωでした。
うん、普通に美味しい。
組むのはちょいと面倒だった。
そもそもメッシュ用のクランプだから当たり前だけど。
ヒューズドシングルなら他にいくらでも選択肢はあるから、このコイルのためにこのRDTAキットを選ぶ理由にはならないけど、一応ワイヤー巻いたコイルも使えるよっていうことですよね。


さてさて、変幻自在なPOD Kitでしたね。

sourcemoreで見たらコイルとコットン10セットで$2.42だから1回25円ぐらいでコイル交換できるのか。たしかにコスパすごい。まぁ送料は別にかかるけど。
RMCユニット自体も2ドルしないから予備に2つくらい欲しくなりますねこれ。

コイルヘッドをリビルドするっていうとユニークな感じありますけど、5年ぐらい前はふつうに(自己責任で)クリアロのコイルヘッドをリビルドしてたしなあって思わなくもない。
もともとクリアロのRBAユニットも好きだし。
そんなわけで個人的にはRMCすげぇツボ。
絶対漏れないトップサイドエアフローも好き。
18650に絞ってスリムなシェイプに仕上がってるのも素敵。
でも21700対応が出たら嬉しいなって気も。

そんな感じでーす!

クーポンコード「VAPEVAPE」で8%オフ!(一部商品を除く) 

商品ページは→
こちら!
[Vapefly Optima Pod Mod Kit]
vapefly_optima_kit_full_colors_1



その他のVapefly製品のレビューは→こちら


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!