絶対漏れるやつ再び

結論から言うと買わなくていいやつです。
にもかかわらず、この記事は長いです。パーツが多いんですよねー。

ビルドがイケてなかったので、もう一度リライトします。申し訳ありません……。
(パーツが多くて記事が長いのは変わんないですけど)

■開けまーす!
wismec-cylin-rta-035455

■コピー防止スクラッチ。
wismec-cylin-rta-035504

■付属品BOXとスペアのガラスチューブは見えてたけど、箱の底から説明書やらコットンやら。
wismec-cylin-rta-035742

■付属品BOXの中身。Oリングの予備、イモネジの予備、ノッチコイルが2つ、透明ドリチ、六角レンチ。
wismec-cylin-rta-040023

■透明ドリチ。510です。
wismec-cylin-rta-040238

■なつかしのノッチコイル。
wismec-cylin-rta-040357

■で、本体。Jayboデザインのアトマは全部かっこいい。
とか言うと懐古厨ですかね。
wismec-cylin-rta-040442

■タンク部分の柱が斜めになってるのもオサレ。
wismec-cylin-rta-040516

■Jaybo!
wismec-cylin-rta-040530

■反対側にはCylinと書いてある。
wismec-cylin-rta-040635

■エアフローコントロールリング。隙間の量で調整するタイプに見えますが違います。バラしたとき分かるので少々おまちください。
wismec-cylin-rta-040658

■ポジピンはがっつり出てます。
wismec-cylin-rta-040716

■キャップを外すとこんな感じ。まずココ、Oリング接続です。
wismec-cylin-rta-042224

■チムニーの四角とキャップ内側の四角が噛み合うんすね。で、キャップとタンクは上述のとおりOリング接続。
これで何が起こるかっていうと、「キャップを回すとチムニーが回る」なんです。
wismec-cylin-rta-042311

■で、タンク部分と下部の銀色部分もOリング接続。
Oリング接続でこの3パーツ。
……まだですよ。ここからが長いですよ。
wismec-cylin-rta-042400

■ここで初のスレッド接続。タンクからチムニーが外れました。
wismec-cylin-rta-042607

■チムニーと、受け皿みたいなやつ。
wismec-cylin-rta-042632

■真ん中はミストが通る穴。で、その横に小さい穴が2個ずつ開いてるっしょ?これリキッドが通る穴です。
チムニーの穴と受け皿の穴の位置が一緒のとき、タンク部から下のデッキにリキッドが下りていく仕組み。
wismec-cylin-rta-042657

■回りっぱなしにならないように、受け皿の真ん中の筒状のところに切り欠き。
wismec-cylin-rta-042736

■チムニーの内側に凸部がもうけられています。
wismec-cylin-rta-042748

■チムニーを受け皿に乗せ、タンクに戻して裏から見たところ。これリキッドホール全閉状態です。
wismec-cylin-rta-045455

■さて、下の銀色部分。
wismec-cylin-rta-042828

■覗き込むとこんな感じ。なるほどなるほどって思いますよね。
wismec-cylin-rta-042848

■ここはOリング接続かと思いきや、そうでもない。でもスレッドでもない。
ミゾはめこみ式とでも言いましょうか。
wismec-cylin-rta-043042

■これチャンバーを逆さにしたところです。青矢印は「受け皿」と噛み合う凸部。
赤矢印の部分、横長の凸が設けられてて、ここがデッキの凹構造に入ります。
wismec-cylin-rta-043111

■ココ!この溝に上からハマって、
wismec-cylin-rta-043246

■回転させるとこの細い溝に入っていって固定、という構造。
wismec-cylin-rta-043210

■ウェルはそんなに無いです。
wismec-cylin-rta-043145

■デッキ構造はボトム吸気のサイドエアフロー。ボトムで取り入れたエアはポストの中を通って四角い穴から出てくる。
wismec-cylin-rta-043819

■ワイヤーホールこんな感じ。イモネジを外しきってコイルを置く感じ。
wismec-cylin-rta-043935

■おしり。かっこいい。
wismec-cylin-rta-043309

■エアフローコントロールリング(リング?)はOリング接続です。
デッキ底部に開いた四角い2つの穴はポストに通じてます。
この穴をリングでどれだけ「塞ぐか」でコントロールしてます。
wismec-cylin-rta-043424

■デッキ底部の丸い出っ張りで、回りっぱなしにならないようになってます。
wismec-cylin-rta-043542

■全バラシ状態にするとこんな感じ。パーツ多い。
wismec-cylin-rta-043659

■付属のノッチコイルを載せました。0.25Ω。
wismec-cylin-rta-044755

■高さこのぐらい。
wismec-cylin-rta-044822

■ウィック通すとこんな感じ。
ここだけ見るとすげえいいかんじなんですよねー。
wismec-cylin-rta-045142

■リキチャするときはタンク部のリキッドホール全閉状態で行います。
wismec-cylin-rta-045639

■こんなナリですが22ミリなのです。で、けっこう長い。
wismec-cylin-rta-051622

■黒いやつを外すとこうなってて、
wismec-cylin-rta-051640

■510のドリチがささります。
wismec-cylin-rta-051658

もう、ここまで読んでる人は居ないと思う。居ない前提で書きます。

トップキャップ、タンク、デッキがOリング接続になってるやつ。
トップキャップを回すとチムニーが周り、タンクの底にある穴が開閉してデッキにリキッドが落ちていく仕組み。

なんだけど……。

タンクの底のリキッド穴、開き具合が目視できないのね。
全開全閉で止まるようになってるので、感覚で覚えてねって感じ。
全開にすると余裕でデッキビチャビチャになるし、ポストに開いたエアホールの高さまでリキッドが満ちたら普通に漏れる。
漏れないぐらいの量のリキッドを供給したら閉じる、という技を習得しないといかんわけですよ。
もしくは絶妙に供給される閉じ具合を発見するとか。

いやぁ……ムズいって。


(2019/06/27 15:12 追記)
Twitterでフォロワーさんに教えていただきました。
コットン足をM字にして供給穴に当てるのが正解らしいです。
Protoと同じ思想ですが、供給穴の調整ができるぶんProtoほどコットンワークがシビアじゃなくて良いって感じでしょうか。


@HIMMEL_vape 様、ありがとうございます!
(追記ここまで)

あとトップキャップとデッキとタンクがOリング接続ってのもどうなんでしょうね。
精度よく出来てるので問題ないのかもしれないけど、リュックのポケットに放り込んでおくには、いささか不安。
デッキとタンクの接続は切り欠きによって角度が決まってるんですが、ぶっちゃけハメにくいです。

好きなタイミングでリキッドを供給したい、というなら普通にドリッパー使えばいいし、リキッドのボトルを持ち歩きたくないんじゃっていうならスコンカー使えばいい。
アトマにタンク付いてるのがいいんじゃん!っていうならRTA使えばいいし……。
実験的ですっげぇ面白い構造なんですが、このアトマの使い所は、今の環境においては皆無です。
投げ売りされてる理由が分かりましたね。

言い忘れてましたが、味はけっこう美味しいです。

そんな感じでーす!


(2019/06/28 0:34 追記)

教わった方法でウィッキングしました。

■4芯のクラプトンで組んでみました。エアホールの出口がデカいのでめっちゃ合いますね。
wismec-cylin-rta-222630

■コットン足は長めに取って、
wismec-cylin-rta-223534

■エム!
wismec-cylin-rta-223855


おお……。

漏 れ な い 。

さらに、リキッドホールを閉じておけばさらに漏れに強い、というメリットにもなりますし、ウィッキングの出来栄えのブレをリキッドホールの調整で吸収するという使い方も。
なんでも使い方がだいじなんだなと反省しきりなレビューでした。

そんな感じでーす!

(追記ここまで)

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!