ナイストライ。

Sourcemore様からご提供いただきました。
ありがとうございます!

■開けまーす!
wismec-luxotic-surface-112

■コピー防止スクラッチ。
wismec-luxotic-surface-113

■じゃん!3段重になってて、一番下には説明書類が。
wismec-luxotic-surface-117

■RDTAとMODのマニュアル、それと注意カード。
wismec-luxotic-surface-118

■スペアボトル。
wismec-luxotic-surface-121

■こうすると洗いやすい。ボトルに付いてる輪っか部分も、もちろん外せます。
wismec-luxotic-surface-122

■コットン。見た感じ無印っぽいやつ。
wismec-luxotic-surface-123

■付属品袋。BFじゃないポジピン、メッシュヒーターの予備、メッシュヒーターを固定するちっちゃいネジの予備、Oリングの予備、六角レンチとプラスドライバーです。
wismec-luxotic-surface-126

■レギュラーのポジピンは六角レンチで回せます。
wismec-luxotic-surface-127

■ヒートメッシュ。板です。
wismec-luxotic-surface-130

■Kestrel RDTAです。Kestrelはハヤブサ科の鳥の名前だって。
wismec-luxotic-surface-133

■ドリチとキャップを外しました。
wismec-luxotic-surface-134

■ドリチ。810ですが内径はワイドボアじゃないのです。
wismec-luxotic-surface-136

■キャップ。横長エアホールが両サイドに開いてる。
wismec-luxotic-surface-137

■裏はこんな感じで、ごく普通。天井部に切り欠きがあって、デッキの凸部と噛み合うことで回りっぱなしにならないようになってます。
wismec-luxotic-surface-138

■デッキ。
wismec-luxotic-surface-139

■サイドから入ったエアがPEEKパーツの中を通ってヒートメッシュに当たります、っていう作り。
wismec-luxotic-surface-141

■エアホールからメッシュが見えますよね。
wismec-luxotic-surface-142

■こんな感じ。真ん中の棒、要らないんじゃないかなーと思うけどエアの出方とか強度とかいろいろ事情があるんだと思う。
wismec-luxotic-surface-140

■おしり。デフォでBFピンです。
wismec-luxotic-surface-143

■突出このくらい。
wismec-luxotic-surface-144

■で、これを六角レンチで抜くとこうなります。
wismec-luxotic-surface-147

■ポジピンを外すとタンク部分が外れます。
wismec-luxotic-surface-148

■タンク部分を外してデッキ部分を裏から見たところ。
wismec-luxotic-surface-150

■で、さらにバラしていくとこういう感じ。パーツ多いっすね。
wismec-luxotic-surface-153

■インシュレーターとポスト?をデッキベースに置きーの、
wismec-luxotic-surface-154

■コットンこんな感じ。板状。
wismec-luxotic-surface-155

■これをこう、板のまま置いて足も板のままウィックホールに通して、
wismec-luxotic-surface-156

■ヒートメッシュを置いて、PEEKのやつで留めます。正直この手順は大変。
wismec-luxotic-surface-157

■ここからタンク内にリキチャできます。
wismec-luxotic-surface-158

■さあ、MODの話をしましょう!可愛いすよね。紫のハニカム柄。表面はトップコートされた感じのテカテカ。
wismec-luxotic-surface-159

■パネル部。ファイアボタン、ディスプレイ、プラマイボタン。
wismec-luxotic-surface-160

■コンタクトは510スプリングローデッド。
wismec-luxotic-surface-163

■WISMECのロゴ。
wismec-luxotic-surface-161

■背中はつるっとしてます。
wismec-luxotic-surface-162

■おしり。Luxotic BF Boxのときと同じく、底板が付いてます。
wismec-luxotic-surface-164

■底板はマグネット式。
wismec-luxotic-surface-165

■バッテリーカバーを外しました。
wismec-luxotic-surface-166

■ここのツメが、ちょっと引っかかったりするんすよね。これ無くても良かったんじゃないかと思う。たぶん無くてもそれほどガタつかないハズ。
wismec-luxotic-surface-221657

■上がマイナス極。リボン位置は気になりましたが、端子のスプリングが優しめなので着脱は楽だった。
wismec-luxotic-surface-168

■ボトルを抜くとこんな感じ。
wismec-luxotic-surface-170

■リキッドを運ぶチューブ、横に穴が開いてるタイプ。
wismec-luxotic-surface-173

■リキッドをぶちゅーっと入れて、
wismec-luxotic-surface-175

■セット!
wismec-luxotic-surface-176

■RDTAも背が高くなくて良いっすね。
wismec-luxotic-surface-177

■サイズ感これぐらい。パープルが落ち着いた感じでグーです。
wismec-luxotic-surface-178

Recurve乗せてみました。
wismec-luxotic-surface-180

■久しぶりにBF使ってみたけど、やっぱ便利ですね。
wismec-luxotic-surface-179

■24ミリでこんな感じなので、25ミリでピッタリになるんだと思う。
wismec-luxotic-surface-181

■ディスプレイこんな感じ。小さけど見やすい。これはワッテージモードです。
wismec-luxotic-surface-232326

■バイパスモード。
wismec-luxotic-surface-232401

■TCモード。
wismec-luxotic-surface-232422

■TCモード時のワッテージ調整もOK。
wismec-luxotic-surface-232754

■サブメニュー。
wismec-luxotic-surface-232959

■TCRは3スロット。
wismec-luxotic-surface-233006

■TCR値設定画面。
wismec-luxotic-surface-233014

■きりがないので公式のマニュアルから抜粋。
wismec-luxotic-surface-submenu

カラバリは……カラバリっていうか柄バリ?
今回のやつはHoneycomb。で、他にUnisstar、Basketball、Linear、ってのがあります。
どれもポップアートっぽい感じでいいんじゃないでしょうか。
Basketballだけはちょっと、なんだろう。怖いっていうか。
おしゃれ上級者なデザインですね(言い方)

[Wismec Kestrel RDTA の仕様]
Height: 36.7mm
Diameter: 24mm
Weight: 34.6g
E-liquid capacity: 2ml

メッシュヒーターを採用したことで超長寿命にしました、汚れたら拭けば元通り!社内検証では3ヶ月ぐらい使えたよ!
ってなことが公式に書いてあります。が。

驚くほど美味しくない。
コットン臭がエグい。
ミスト量も少ない。
で、キャップがチンチンに熱くなるっていうね。
うーん、残念。
残念でもないか。残念ですら無いっすね。
ミスト発生部分について新しい機構を作っていくっていうのはすげえ大変ですよね。
たしか他のメーカーだけど円盤型のノッチコイルみたいなやつもイマイチでした。
でもね、こういう新しい仕組みをどんどん出していく姿勢が良いんですよ。
こうやってVAPEが進化していくんですよ。
ナイストライ!


Size: 78*43.5*25.5mm
Weight: 131.8g
Thread type: 510 spring loaded connector
E-liquid bottle capacity: 6.5ml
Cell type: high-rate 18650 cell (discharging current should be above 25A)
Output mode: VW/Bypass/TC-Ni/TC-Ti/TC-SS/TCR mode
Output wattage: 1-80W
Resistance range: 0.05-3.5ohm
Output voltage range: 0.5-9V

ざっくり言ってしまえば セミメカだったLuxotic BF をテクにした感じ。
サイズ感とか各部のギミックはほぼ同じです。

このMODは良いんですよ。
機能全部入りの小さいテクスコ。
なんかもうそれだけでYes!Yes!Yes!ってなりますよね。

ボトルはシリコン製のフニャフニャのやつで、接続部は金属パーツになっててMODへの装着感もいい感じ。
ボトルの口が金属になってる利点としてはバラしたときのボトル開口部が広くて洗いやすいのと、耐久性が高そうってところでしょうか。
プラ一体成型のボトルも軽くていいんだけど、個人的には接続部が金属のほうが好きっすね。

USBポートは付いてないので充電もアップデートもなし。
別途充電器が必要なのでそこはご注意ください。

バッテリーカバーが微妙にハマりにくいんすよね。
カバー裏面、ボトル側にツメが設けられてるんです。たぶんキチンとした位置にハマるようにっていう思いなんだろうと思うんだけど、これが引っかかったりして、毎回一発でパチっとハマってくれない。
使うたびに触る場所じゃないから些末なことなんですが、前のセミメカは普通にパチっと着脱できたので少し気になりました。
ちょっと削ってやろうかしら。

ボタン類はカコカコッというしっかりした感覚。軽い力で押せるし、それでいてフニャフニャしてないしGood。
ディスプレイは小さめだけど、きちんと輝度があるので見やすい。
ワッテージ10wを超えると0.1w刻みから1w刻みに変わるのも好きです。
こういう細かいUXにこだわりが感じられるのは良いですよね。

操作方法は直感的で、触ればわかると思う。
5クリックでON/OFF、3クリックでモード切替メニューに入る。
モード切替メニューではプラマイでWattage→Bypass→Temp Ni→Temp Ti→Temp SS→TCR M1→TCR M2→TCR M3 ってローテーション。ファイアボタンで決定。
各モードでファイアボタンとプラスを同時長押しするとサブメニューに。
TC時に4クリックすると、温度設定じゃなくてワッテージの調整ができます。
あと電源ON時にプラマイ同時長押しするとキーロック&ロック解除。
電源OFF時にプラマイ同時長押しするとディスプレイの向きが上下逆に。使うシーン無いと思うけど「逆になっとるやんけ!なんじゃこれ!」って時は落ち着いて電源OFFからのプラマイ同時長押しです。

機能的にはひととおり入ってます。カーブモードは無いけどVW時のプレヒートは付いてるし。
対応バッテリーが18650だけなのは少し残念だけど、そこはサイズ感とのトレードオフだと思う。

そんな感じでーす!

商品ページは→こちら

MODのみの商品ページは→こちら!
[Wismec Luxotic Surface Squonk Mod]
wismec-luxotic-surface


その他のWismec製品のレビューは→こちら!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!