こっちもステンワイヤーです。

Healthcabin様よりご提供いただきました。
ありがとうございます!

■あけまーす!
wotofo-profile-rdta-01

■コピー防止のやつ。
wotofo-profile-rdta-02

■コラボ?的なやつ。#MRJUSTRIGHT1って書いてあります。日本語にすると「只 右一」さんですね。たぶん有名なベイパーさん。
wotofo-profile-rdta-03

■説明書。
wotofo-profile-rdta-04

■まさかの日本語対応。でも絵が全然ない。絵が欲しい。なんなら絵だけで良い。ぼく字読めないから。
wotofo-profile-rdta-05

■Wotofo袋コーナーです。メッシュ3種とクラプトン。
wotofo-profile-rdta-06

■靴紐コットンと、ステンワイヤーの予備。
wotofo-profile-rdta-07

■Oリングの予備、RDAに変形するときに使う底板、ネジの予備、あと金色のはBFからレギューラーに変更するときのエンドピン。
wotofo-profile-rdta-08

■これだけ六角なんすね。
wotofo-profile-rdta-09

■RDAに変形するときに使う底板。
wotofo-profile-rdta-10

■裏返すとこんな漢字。
wotofo-profile-rdta-11

■工具、六角とプラスドライバーとコイルジグ。
wotofo-profile-rdta-12

■やっと本体。デカめです。
wotofo-profile-rdta-13

■こんな感じ。かっこいいすね。
wotofo-profile-rdta-14

■エアホールはパンチ穴のやつ。
wotofo-profile-rdta-15

■キャップをひっこぬくとこんな感じ。
wotofo-profile-rdta-16

■キャップ上部にはちょっと窪みがあって外しやすいようになってます。
wotofo-profile-rdta-17

■キャップをバラすとこんな感じ。
wotofo-profile-rdta-18

■810ドリチ。
wotofo-profile-rdta-19

■裏側。樹脂のドリチに金属製のリングがハマってる。
wotofo-profile-rdta-20

■テーパーのやつ。
wotofo-profile-rdta-21

■エアフローコントロールリング。
wotofo-profile-rdta-23

■3段式。天井はドーム状になってます。
wotofo-profile-rdta-25

■チャンバー。内側に三角の突起が見えます。あの突起でデッキに開いてるリキチャ穴と空気穴を塞ぐので、漏れにくくなるよっていう工夫。
wotofo-profile-rdta-26

■逆さにするとこんな感じ。内側に薄く設けられている四角い凸部は、デッキとチャンバーの位置を固定するためのもの。
IMG_20200815_184528

■エアホールの上一列を閉じた状態。ここから時計回りに回していくと、
wotofo-profile-rdta-28

■下2列も右のほうから閉じていく。これちょっと謎いですよね。
wotofo-profile-rdta-29

■で、さらに回していくと3列とも開いていくっていう。
wotofo-profile-rdta-30

■さて、下半分。
wotofo-profile-rdta-31

■デッキはこんな感じ。
wotofo-profile-rdta-32

■真ん中の白いパーツはバネ式になってて、
wotofo-profile-rdta-50

■押し込むとこれぐらいへこみます。このバネでもって、コットンをメッシュに密着させるっていうやつですね。
wotofo-profile-rdta-51

■真上から見るとこんな感じ。右上の丸い穴がリキチャ穴で、対角線にある小さい穴が空気抜きのための穴。
wotofo-profile-rdta-33

■逆さにして振ると4本のステンワイヤーが抜けます。で、スレッド固定されているデッキとタンクを分離。
wotofo-profile-rdta-34

■デッキを裏返すとこんな感じ。
wotofo-profile-rdta-36

■キャップ、デッキ、付属の底板を合体させるとRDAに変形します。
wotofo-profile-rdta-38

■デッキのおしりに底板をはめるとこんな感じ。
wotofo-profile-rdta-39

■で、キャップONでRDAに。
wotofo-profile-rdta-40

■ポジピンはがっつり出てます。
wotofo-profile-rdta-41

■ポジピンは二重ネジになってmすね。デフォでBFピンが付いてました。六角で外します。
wotofo-profile-rdta-42

■レギュラーピンに交換しました。こちらも突出は十分。
wotofo-profile-rdta-43

■デッキ中央の金色ネジをマイナスドライバーで外すと、白いパーツとバネが外れます。
wotofo-profile-rdta-44

■で、二重になってたポジピンの内側のやつを外すとこんな感じ。
wotofo-profile-rdta-45

■こういう形でデッキを挟んでるんすね。
wotofo-profile-rdta-46

■真ん中のネジを上下から外したあとのデッキ、こんな感じ。
wotofo-profile-rdta-47

■側面のプラスネジ、真ん中のやつはクランプ用。
wotofo-profile-rdta-48

■両サイドのプラスネジはワイヤーコイルの足を留めるためのネジ。
wotofo-profile-rdta-49

■タンク。
wotofo-profile-rdta-52

■ポジピンは圧入式。中のチューブはPTCGです。
wotofo-profile-rdta-53

■タンクのおしり、ポジピンを抜いたあと。ゴム的なインシュレーターが見えますね。
wotofo-profile-rdta-54

■タンクのポジピン、突出はこれぐらい。
wotofo-profile-rdta-55

■ビルドしていきましょう。メッシュが3種類、付属してます。
wotofo-profile-rdta-56

■薄い板から打ち出したみたいなやつ。ジグを使って丸みを付けたら、
wotofo-profile-rdta-63

■クランプで固定するだけ。かんたん。MOD計測値で0.16Ωでした。
wotofo-profile-rdta-64

■コットンは斜めにカットするのが良いそうです。こんなん意味あるんかなと思ってたんですが、
wotofo-profile-rdta-66

■撫で付けてみるとたしかに。キレイな形になりました。
wotofo-profile-rdta-67

■珍しいメッシュ。波々にしたクラプトンを何本か繋げてるんすね。
wotofo-profile-rdta-58

■こんな感じ。こんなん初めて見ました。MOD計測値で0.22Ω。
wotofo-profile-rdta-71

■ヒューズド一発。内径3.5mmです。これは正直、あんま良くなかった。
wotofo-profile-rdta-73

■24ゲージNi80でマイクロデュアル。内径は3mmで組んでます。これが意外に良かったんです。
wotofo-profile-rdta-78

■WYEのデュアルのやつと。
wotofo-profile-rdta-74

■MAD MOD。
wotofo-profile-rdta-75

■URUSさん。MODもアトマも落ち着いたデザインで合いますね。
wotofo-profile-rdta-76

■BF RDAに変形してTopside Liteに。
wotofo-profile-rdta-77


[Wotofo Profile RDTA の仕様]
RDTA サイズ: 外径25*52.7mm (コンタクト除く)
RDTA リキッド洋々: 6.2ml
タンク素材: PCTG
デッキ外径: Φ22.5mm
ビルド: シングルメッシュコイル, シングル/デュアルワイヤーコイル
ワッテージ範囲: 60-80W
推奨ワッテージ範囲: 70-75W
ドリップチップ素材 & コネクションサイズ: レジン + メタルリング, 810 サイズ
リキッド注入方法: ミッドフィリング / BF スコンク
エアフロータイプ: アジャスタブルサイドエアフロー
インシュレーター素材: ドイツ製PEEK
スレッド: 510 スレッド

RDA時の高さは39.5mm(実測値、コンタクト除く)でした。

カラバリはゴールド、レインボー、ブルー、SS、ブラック、ガンメタル、の6色。

ジグの細い方は3.5mm。こっちはワイヤーコイル用だと思います。

Profile RDA→Profile 1.5 RDA→Profile Unity RTAと来て、今回のRDTA。

スペックはこれぐらいですかね。
ガンガン試していきます。

nexMESH TURBO
板から打ち出したみたいなやつですね。
MOD計測値で0.13Ω
低すぎる。まぁでもメッシュってそういうもんです。
で、メッシュビルドってウィっキングがシビアなんすよ。
めっちゃ。イガったよね。いや、ウィッキングが下手すぎるからなんだけど。
何度か試行錯誤してうまいこと組めたけど、慣れるまでちょっと大変。慣れるけど。
味は美味しいんですよね。
メッシュタンクに近いんだけど、ぶっちゃけメッシュタンクのほうがちょっと美味しいっていう感じ。
エアの当たり方だと思うんですけどね。
あとチェーンしてると普通に供給不足になります。

nexMESH EXTRIME
僕の好きな編み編みメッシュのやつ。
MOD計測値で0.14Ω。
うむ。低い。
こっちのほうがイガりにくいし美味しいですね。
ウィッキングの感覚はTURBOと変わらないです。
こっちのほうがホットスポット出やすいかも。
まぁでも何度か格闘するうちに慣れます。

nexMESH CLAPTON
クラプトンをグニャグニャにしてたくさん繋げました、みたいなね。
MODの計測値で0.22Ω。
美味しい。これは美味しいですよ。
ウェットなミストでがっつり味が出てます。
ただ、すごい冷静になって考えてみて「普通にヒューズドクラプトンでいいんじゃね」って思っちゃったらもうおしまいなんですよ。
それは考えちゃいけない。忘れましょう。
とりあえず3枚の中でこれが一番美味しいです。
そもそも、このアトマはメッシュにエアを当てるように設計されてますからね。畢竟こういう形になりますわな。

さて、こっからワイヤーコイルビルドです。
手持ちのヒューズドクラプトン、内径3.5mmで組みました。
MOD計測値で0.24Ω。
うんまぁ美味しいです。
美味しいですけど、MATOのほうが美味しい。
そりゃそうだよね。メッシュコイルがこのアトマのテーマだからさ。
巻いたコイル用に作られてるわけじゃないですから。

単線デュアル。
これが意外にも、そこそこ美味しいです。そこそこね。
ドローすげえ軽くできるのが良いですね。
ちょっと高めで炊いて大量のエアで拾う、みたいなマッチョな使い方が出来るのが面白かったです。 
ポストが無いぶん、ミストのロスが少ないんすよね。
コイル位置は中央〜ややサイドぐらいが良い感じでした。
エアは純粋なサイドエアフローじゃなくて、ちょっと下から吹き上げるみたいな形になるんすよね。
なので、サイドに寄せすぎるとコイルの下をくぐってく感じに。
あと外寄せにするとコイル足がクランプに接触してショートしそうで怖い。

エアホールの横幅は変えられるっちゃ変えられるんですけど、エアホールの位置は変えられないんすよ。チャンバーとデッキが常に同じ位置でハマるから。
なので、単線マイクロコイルのコイル幅にエアホールの幅を合わせたいぜって時はコイルを置く位置をズラしてあげる必要があります。
でも他に単線マイクロデュアルに強いアトマいくらでもあるから、わざわざそんな使い方する?って気もする。


結局のところ、メッシュビルドが好きかどうかって話になっちゃいますよね。
なんかこう、メッシュで組むメリットみたいなものをどれだけ感じられるかで評価が変わってくると思います。
僕は最近とくにメッシュタンク好きになっちゃってるので、結構バイアスかかってると思う。
メッシュビルドのほうがドローの軽さとかで、たいていのメッシュタンクを上回ってるのはひとつ良い点かもしれません。
タンクでメッシュコイルヘッドを使う場合はコイル内径がどうしてもボトルネックになりますからね。
あとコスパは圧倒的にビルドしたほうが良いです。
HCだと10枚入りで$4.30でした。
メッシュタンクのコイルヘッドを買おうと思ったら安くても1個で300円ぐらいしますからね。
コスパって点を考えるとメッシュビルドの優位性は揺るがないですね。

RDTAからRDAに変形するギミックは素敵ですね。
デッキの下に生まれるスペースでそこそこの量のリキッド保持できるのもグッドです。
パンチ穴エアホールも好きだし、やや下から吹き上げるようなエアフローもけっこう良い感じでした。
あと見た目が好き。

メッシュビルドもワイヤーコイルビルドもOKだし、RDAもRDTAもいけるぜっていう点で、汎用性の高さはピカイチだと思います。

そんな感じでーす!


商品ページは→こちら
wotofo-profile-rdta-tank

 

替えのメッシュコイルは→こちら

その他のWotofo製品のレビューは→こちら!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!