ストレートキャップも欲しい。

Sourcemore様からご提供いただきました。
ありがとうございます!

■デッキ見せパッケージ。あけまーす。
wotofo-recurve-rda-002

■コピー防止スクラッチついてます。
wotofo-recurve-rda-003

■マニュアル。
wotofo-recurve-rda-004

■付属品袋が3つと、ドライバー。
wotofo-recurve-rda-005

■プリメイドコイル。
wotofo-recurve-rda-007

■4芯です。こういうの美味しいよね。
wotofo-recurve-rda-008

■こんな感じ。そこまで綺麗じゃないけど十分です。どうせ消耗品だし。
wotofo-recurve-rda-009

■L字のやつは六角じゃなくて、コイルジグ。あとOリング、イモネジの予備とBFじゃないレギュラーのポジピン。
wotofo-recurve-rda-010

■公式画像を拝借しちゃいます。
L字ジグはこうして使うものらしいです。
wotofo-recurve-rda-042


■パッケージから出したらこの状態。
wotofo-recurve-rda-011

■ドリチ接続部を810から510に変換するアダプタ。
wotofo-recurve-rda-012

■半透明ドリチ。
wotofo-recurve-rda-014

■810です。
wotofo-recurve-rda-015

■デッキいきましょう。カーブしてますねー。
wotofo-recurve-rda-016

■バンクになってて、そこに置いたコイルに対して両サイドからゴーっとエアを当てる感じ。
エアホールは少しだけ傾斜がつけられてます。
wotofo-recurve-rda-017

■エアホールを小さくして数を増やすの、原理はわかんないんだけど美味しいと思います。BONZAとかSmithもそうですよね。
ワイヤー固定ネジはプラス。
wotofo-recurve-rda-018

■ワイヤー固定ネジが4つ付いてるのは、コイルの巻き方向を気にしなくても組めるようにするためです。
相当無理すればデュアルコイルできなくはないかもだけど、できないと思ったほうがいいです。
wotofo-recurve-rda-019

■おしり。デフォでBFピンがささってます。
wotofo-recurve-rda-020

■めっちゃ出てる。
wotofo-recurve-rda-021

■レギュラーのポジピンに替えました。
wotofo-recurve-rda-022

■で、キャップ。
wotofo-recurve-rda-023

■ちょっと上から見るとこんな感じ。
wotofo-recurve-rda-024

■エアホール。
wotofo-recurve-rda-025

■レジンドリチは810です。
wotofo-recurve-rda-026

■キャップ内側。中身の構造はべつにカーブしてないのです。
段差が付いてるのはデッキと合わさる部分。切り欠きが設けられていて、デッキと合わせた時に回りっぱなしにならないようになってます。
天井部分は軽くアールってます。
wotofo-recurve-rda-027

■なんか読めないけどコラボした人のサインだと思う。
wotofo-recurve-rda-029

■反対側にWotofo。
wotofo-recurve-rda-030

■素直にプリメイドを乗せてみました。
これで0.23Ω。
wotofo-recurve-rda-032

■焼きを入れるとNi的な色合いに。
wotofo-recurve-rda-035

■VX200と。
wotofo-recurve-rda-036

■うーん、普通!
wotofo-recurve-rda-037

■黒い棒。悪くない。
wotofo-recurve-rda-039

■ちなみに半透明ドリチだとこんな顔になります。
wotofo-recurve-rda-040

■あ、これ良くないすか。なんかちょっとエロいし。
wotofo-recurve-rda-041

■作り始めのバームクーヘンにも見えてきました。
wotofo-recurve-rda-042

そういえばWotofoのレビューは久しぶりかも。
今回はRecurve RDAです。

外径24ミリ、高さは35ミリ。
ウェルは3.3ミリと普通。

カラバリはRainbow、Black、Gun metal、SS、Blue、Goldと豊富。
ドリチもキャップに合わせたカーブデザイン。こだわり感じます。

キャップとデッキは切り欠きがハマる構造で、エアホール全開と全閉で止まるタイプ。
なので、MODへの着脱がすげえ楽です。
Oリングの具合なんかもキツすぎずユルすぎず丁度いい。切削も綺麗です。
このへんの精度の高さはさすが老舗。

付属のL字ジグは3ミリと2.5ミリ。正直2.5ミリの使い所はわかんないっす。
ゴツすぎて内径2.5ミリで巻かないと収まらないワイヤーとかを想定してるのかな。わかんないっすけど。

ジュースウェルは爆煙系にしてはそれほど深くないしデフォでBFピン刺さってるし、そもそも同じ名前のスコンカーとKitで売られてるしなので、BF向けの設計。
もちろんドリッパーとして使用しても問題なしでした。

最初見た時はバカっぽいデッキだなーとか思ってて、あんま期待してなかったんですけど裏切られました。
かなり美味しいです。
なんか、言い方なんですけどね、コイルのポテンシャルを引っ張り出してくれるんすよね。
シングル前提で作られてますっていうかシングル特化、それもデカめのコイルに特化してると思います。
試しに単線でも巻いてみたんですが、悪くない、って程度でした。

まず、付属のコイルをそのまま乗せました。
内径3ミリのコイルでも、エアホールまでの距離はビッタビタって感じじゃないので大丈夫かなと思ってたんですが、きちんとエアが当たってるようです。
両サイドから鋭いエアがきちんとコイルを覆って、ゴバっと発生したミストをもれなく引っ張ってくれてる感じがします。
美味しいよ。もうちょっと抵抗値高めでもいいじゃんって思うけど。
複数の小さなエアホールで構成されてるの好きです。
同じ面積でひとつの穴だとしたら、もうちょっとモヤっとした味わいになると思う。

次に単線24ゲージカンタルで。
正直イマイチだった。
悪くは無いんだけど、単線マイクロシングルのコイルをもっと活かせるRDAは他にいくらでも有るなっていう。
まぁ予想通りっちゃ予想通りでしたけども。

で、パラレルで。
26ゲージカンタル、内径3ミリのパラレル5巻。0.3Ωぐらい。
どうしてもコイルの長さが出ちゃうのでもうちょっと内径上げても良かったかも。
比較すればヒューズドのほうが良かったけど、これはこれで美味しかった。

というわけなので、イカツめのクラプトンをきっちり冷やしてくれるRDAでした。
ビルド簡単だし、爆煙美味しい系が好きな人にはオススメできると思います。

そんな感じでーす!

その他のWotofo製品のレビューは→こちら!

商品ページはこちら!
[Wotofo Recurve RDA Atomizer]
wotofo-recurve-rda


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!