2匹目のどじょう、という言葉がありますが、一体何匹目なんだSerpent。
wotofo_serpent_smm_009


Heavengifts様よりご提供いただきました。
ありがとうございます!

■開けまーす。
wotofo_serpent_smm_001

■本体にスペアのガラスチューブが2つ。謎袋✕3、説明書にプラスドライバーにTシャツのやつ。Tシャツの紙がTシャツ型じゃなくなった!!!
wotofo_serpent_smm_002

■謎袋の中身はコットン、プリメイドコイル3つ、Oリング類にネジのスペアが4つ。
wotofo_serpent_smm_003

■プリメイドコイル。たぶんSS製です。
いったん乗せてみたけど抵抗値低すぎたので捨てました。
wotofo_serpent_smm_006

■さて本体。チャンバーにSMMのロゴが入ってます。
wotofo_serpent_smm_009

■反対側にはSERPENT SMMのロゴ。
wotofo_serpent_smm_011

■手持ちの510ドリチが使えます。
wotofo_serpent_smm_036

■バラしました。
wotofo_serpent_smm_013

■ドリチ。Serpent伝統のすり鉢型です。
露出部分の高さ3.7ミリ。狭い部分の内径が6ミリ。

wotofo_serpent_smm_015

■トップキャップ。シンプルです。
wotofo_serpent_smm_016

■裏側。さりげにOリング付いてます。
wotofo_serpent_smm_017

■チャンバー&チムニーパーツ。
チムニーっていうほど長さ無いですけどね。
リキチャする部分、内側に向かってテーパーになってるので、トップキャップ締めた時にリキッドが滲みにくくなってます。細かいですね。
wotofo_serpent_smm_018

■裏側。ドームじゃないけどチムニー部分がテーパーになってます。
チャンバー内径18ミリ弱。
wotofo_serpent_smm_020

■デッキ。板状のポストの真ん中に横長の穴が2つ見えますね。
あれがエアホールです。
wotofo_serpent_smm_022

■おしり。ちょっと下品な感じです。
ちなみにエアフローコントロールリングはOリングでハマってるだけなので外して洗えます。
wotofo_serpent_smm_023

■ポジピンは調整不可。それほど突出してないです。
wotofo_serpent_smm_028

■ちなみにポジピン抜くとこうなります。
wotofo_serpent_smm_029

■付属のクラプトン。0.15Ωだったので使わずにパス。
wotofo_serpent_smm_031

■26ゲージパラレルで巻いてみました。内径3.5ミリで0.45Ω。
wotofo_serpent_smm_033

■ウィック、片方落とし込んじゃってますが、長さこれぐらいにしました。
wotofo_serpent_smm_034

■ガラスチューブとチャンバーを装着したら、ここからリキチャです。
wotofo_serpent_smm_035

Livepor160と。
wotofo_serpent_smm_038

DRAGと。
wotofo_serpent_smm_039

pico25と。
wotofo_serpent_smm_040

公式からのコピペですがスペック。
外径:24ミリ
高さ:30ミリ(ドリチとコンタクト除く)
重量:120g

カラバリはSSとブラックの2種類。
タンク容量はショップサイトによると4ml。

ウィックホール内径が4ミリ。
チムニー内径は6ミリ。
チャンバー内径は18ミリ弱なんだけど、ポストがデカいのでエバポレーション部は狭いです。

付属のクラプトンは3ミリ内径のフラットクラプトン。コア4本かな?とにかく抵抗値低すぎたので捨てました。

3.5ミリ内径の26ゲージパラレル、0.45Ω、エアホール半分弱ぐらい。35Wで。
うん、美味しい。
エアホール3分の1ぐらいでもいいかも。
……うまいっすね。
ドリッパー的な美味しさ。
ドリチ細いのに変えてみた。
うん、濃い!
味わい的には、どっちかっていうと濃さを狙うリキッドに合うと思う。
使うコイルにもよるでしょうが、とにかくミスト量やねん!っていうリキッドはデュアルのアトマのほうが向いてるなって感じですが、そこは使い分けだと思う。

SMMもデュアルで組む人は組むと思うし。サペミニをデュアルで組む人ならきっとやってくれるはず。

3.5ミリ内径で組んで問題無いってことは、3ミリ内径で組むならコットン足を十分にホゲらせないと、コットンホールに隙間が開いちゃいそうな気がします。
まあそのへんはコットン選びとかビルド次第なんだろうなって気もしますが。

40Wで炊くとやや供給不足でした。
このへんがシングルの限界かなって感じです。
あと許容範囲ですが、やや熱を持ちますね。

このあと単線で1Ω前後で組んでみましたが、高抵抗運用でもやっぱり美味しかった。

強いて言えば実質サイドエアフローな部分でコイルボリュームはある程度向き不向きが出て来ると思う。
Merlin RTAとかと違って小さいコイルにピンポイントで細いエアーを当てる、って事ではないんです。

一方、ボトムエアフローじゃないので、伝い漏れを起こしにくいってのがSMMのすごく良いところだと思います。
タンクにリキッド残ってる状態でデッキにアクセス出来る点もGoodです。
あと地味に嬉しいのが、コイルの巻き方向を気にしなくていいところ。
コイル巻いて、デッキに乗せようとして「ああー!巻方向逆だったー!」っていうミスが無いんですよ。
サペミニってネジが2本でしょ、だからコイルの巻き方向を考えてから巻かないと事故るんですよ。
SMMはネジが4本付いてますよね。
どっち方向に巻いても、同じように乗るんです。
使う人に優しい気遣いですよね。
予備のガラスチューブ2個も付いてるしさ。
SxxK MY MODとかワルそうな事言ってるわりに優しい。

まとめます。
漏れにくい、ビルドし易い、つまり使いやすい。
そして美味しいです。
デザインもすっきりしてて合わせやすいし、文句付けるとこ無いんじゃないかな。
シングルコイルRTAの雄ここにあり、といった納得感があります。

そんな感じでーす!
ショップ提供なのでリンクはります→コチラ
にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!