コンタクトが長い。

4月ぐらいに3fvapeで買ったやつ。
でももう売ってないんすよね……。完全に時期を逸してますが、デッドストックが発掘される事もあるかもしれないし、一応ブログに残しておこうという事で……。

■開けまーす。
yiloong-fogger-16-rta-07_234943

■じゃじゃん。
yiloong-fogger-16-rta-07_235030

■RTA本体、付属品袋、コットン。
シリカウィックじゃないところを見ると、それほど古いやつじゃないのかも。
yiloong-fogger-16-rta-07_235125

■付属品はメガネドライバー(+ー)とOリングの予備、あとプリメイドコイル。
yiloong-fogger-16-rta-07_235416

■プリメイドコイル。この宇宙的な形がYiloongですよね。メカスコんときもこれが付属してました。
yiloong-fogger-16-rta-07_235546

■RTA本体は密封されてます。ビリビリっと破いて取り出しますと、
yiloong-fogger-16-rta-07_235630

■こんな。かっこいいすよねコレ。
yiloong-fogger-16-rta-07_235711

■小さい。
yiloong-fogger-16-rta-07_235757

■エアホール。反対側にも開いてます。エアフローコントロールは無し。エアフロー固定です。
yiloong-fogger-16-rta-07_235839

■バラしました。
yiloong-fogger-16-rta-09_011445

■ドリチ。510接続です。
yiloong-fogger-16-rta-08_000224

■ストレートで内径4.5ミリ。先端部だけテーパーでひろがってます。
yiloong-fogger-16-rta-08_000259

■トップキャップ。
yiloong-fogger-16-rta-08_000551

■裏側。
yiloong-fogger-16-rta-08_000558

■トップパーツ。
yiloong-fogger-16-rta-08_000524

■裏返したところ。
yiloong-fogger-16-rta-08_000537

■謎のヨゴレが。昔はこういうの普通でした。
yiloong-fogger-16-rta-08_000638

■チャンバー。PEEK製です。
yiloong-fogger-16-rta-09_011502

■裏側。
yiloong-fogger-16-rta-09_011519

■デッキ。シングルコイル用ですね。ワイヤーレッグをネジの頭で固定する古式ゆかしい構造。
yiloong-fogger-16-rta-08_000717

■コットンホールが小さいわりにジュースホールはデカい。
yiloong-fogger-16-rta-08_000725

■真上から見るとこんな感じ。
yiloong-fogger-16-rta-08_000751

■おしり。
yiloong-fogger-16-rta-08_000805

■ポジピンめっちゃ出っ張ってます。iPicoとかARCUSとかちょっと浮いちゃう感じでした。
yiloong-fogger-16-rta-08_000824

■サイズ合わなくてプリメイドコイル使えないっていうね。
yiloong-fogger-16-rta-08_001633

■で、26ゲージカンタルで普通に組みました。内径2.5で0.9Ωでした。
yiloong-fogger-16-rta-08_021229

■コットン通すとこんな感じ。
yiloong-fogger-16-rta-08_022711

iPicoに。
yiloong-fogger-16-rta-08_022939

■刺さりきらないんですよ。これ無理にねじ込むとMOD壊しますからね。怖いすね。
yiloong-fogger-16-rta-08_022951

Babyに。
yiloong-fogger-16-rta-08_023049

■17ミリのARCUSに。
yiloong-fogger-16-rta-08_023356

■めっちゃ隙間あくやん?
yiloong-fogger-16-rta-08_023413

スレッドはけっこうギザギザだったり、切削カスや変な汚れが付いてたり。
古い中華マスプロはこういうの普通なので、使う前のチェック&洗浄が大事です。
あと、プリメイドコイルがサイズ的に使えないのは笑いました。

外径16ミリ、高さ44ミリ(コンタクト除く)。
ドリチ&コンタクト抜いた高さは34ミリ。
エアホール出口は2ミリぐらい。
ドリチ内径4.5ミリ。先っちょの部分だけテーパーで拡がってるタイプ。
チムニー内径3ミリ。
チャンバー内径は10.2ミリ。
ポスト間3.8ミリ。

ポジピンがめっちゃ飛び出てて、iPicoには収まりきらなかった。

あとPico Babyも微妙にポジピン突出しすぎて通電できなかったり。
マグネットの締め込み具合を緩めてポジピンの突出を抑え気味に調整すればOK。ワッシャーみたいなものをカマしたりすれば、なおよしって感じですかね。そこはまぁ人それぞれのやり方で。

ARCUSなんかめっちゃ浮いちゃいました。
もはやポジピンを少し削ったほうが良いのかと思うぐらい。
古い中華マスプロはそういうDIY的なところありますよね。

エアフローコントロールは無し。
ドロー感は軽めのMTLって感じでしょうか。
味は普通に美味しいです。
ドリチはたぶん変えたほうがいいと思う。

PEEKとはいえ樹脂素材のスレッド接続ってちょっと抵抗感あるんすよねー。
耐久性的な意味で。
あとネジの頭でワイヤー固定する構造かつネジ頭が大きくないので、使えるワイヤーはある程度限られてきます。
っていうか単線26ゲージが限界だと思う。
28ゲージスペースドぐらいで組むのがちょうどいいと思います。

そんな感じでーす!

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!