キャップの内側にガラス。
yosta_igvi_rdta_005

Healthcabin様よりご提供いただきました。
ありがとうございます!

■開けまーす。
yosta_igvi_rdta_001

■中身こんな感じ。
yosta_igvi_rdta_002

■付属品袋。ふつうに六角、Oリング、イモネジ、あと謎のワッシャー。
yosta_igvi_rdta_003

■謎のワッシャー。たぶんポジピン抜いてバラすと謎が解けるんだろうと思う。
yosta_igvi_rdta_004

■付属のプリメイドコイル。フラットクラプトンです。
yosta_igvi_rdta_006

■はい本体どん!けっこう背が高い!
yosta_igvi_rdta_005

■バラすとこんなかんじ。ドリチとタンクチューブが白なので見づらいですね。すみませぬ。
yosta_igvi_rdta_008

■ドリチ。トップキャップを覆うタイプです。
yosta_igvi_rdta_009

■裏。
yosta_igvi_rdta_010

■トップキャップ。普通にハーフインチの背の低いドリチが似合いそう。
yosta_igvi_rdta_011

■スピットバック軽減のやつ、付いてます。
yosta_igvi_rdta_012

■エアホールがすごい。
yosta_igvi_rdta_013

■裏。外径25ミリですが、ここの内径は20ミリ。
yosta_igvi_rdta_014

■見えますかね。内側にガラスが付いてるんです。
3連の三角の真ん中だけ、丸い穴が開いてるんですね。
△▽△←この真ん中の△です。
yosta_igvi_rdta_015

■デッキ。
yosta_igvi_rdta_016

■ワイヤーホールはデカすぎず小さすぎず。
yosta_igvi_rdta_017

■真ん中の穴からリキチャできる構造です。4つの丸い穴がウィックホール、台形っぽいのがボトムエアホールです。
yosta_igvi_rdta_018

■裏側。
yosta_igvi_rdta_019

■トップからチャージしたリキッドは、ポールに開いてる穴から出てきます。
yosta_igvi_rdta_020

■コンタクト。
yosta_igvi_rdta_021

■突出してないです。テクに乗せましょう。
yosta_igvi_rdta_022

■ベースパーツ。スレッドの精度はけっこう良い感じです。
yosta_igvi_rdta_023

■YOSTA。ハットの紳士ここに居ました。
yosta_igvi_rdta_024

■付属のコイルをひとまき増やして内径ひろげてのっけてみました。これで0.29Ω。
ただ、内径ひろげたせいでトップキャップ閉まりませんでした。
yosta_igvi_rdta_026

■単線で巻き直し。0.37Ω。
yosta_igvi_rdta_029

外径25ミリ。
タンク容量は4ml
コンタクト抜いた高さは46ミリとデカめ。

キャップの内側にガラスが付いてるんですね。で、そのガラスにエアホールが開いてるんですね。
ここガラスにしてる意味が全く分からないです。
キャップの内側、コイルを設置する部分の内径が20ミリ。
デカいコイルは積みにくいと思います。

スピットバック防止機能は良いですが、トレードオフとしてミスト量はロスってる気がする。
サイドエアフローは調整不可だし位置固定なので、ボトムのエアホールを調整するとサイドエアホールが変な位置に来ちゃうんですね。

センターポールからリキチャできるのはたしかに便利。

味はうーん、普通。普通に美味しいです。
爆煙機かっていうとそうでもない気がする。
ドリチがアトマ上部を覆う形なので熱対策としてはこのスタイルいいと思います。

キャップのガラスパーツが意味不明なんですよねー……。
正直これを選ぶ理由ってのが、あんま見つからないです。

個人的にLivepor160がすごい気に入ってるのでYostaは応援したいんですがうーん、って感じ。


そんな感じでーす!
ショップ提供なのでリンクはります→コチラ
にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!