3種のエアフロー。

Healthcabin様よりご提供いただきました。
ありがとうございます!

■あけまーす!
zq-trio-mtl-rta-01

■コピー防止スクラッチ。
zq-trio-mtl-rta-02

■じゃじゃん。
zq-trio-mtl-rta-03

■マニュアル。日本語非対応です。
zq-trio-mtl-rta-04

■付属品BOXの中身はこんな感じ。
zq-trio-mtl-rta-05

■付属品BOXに入ってたドリチ。デフォより太め。
zq-trio-mtl-rta-06

■内径は5mmぐらいでストレート。
zq-trio-mtl-rta-07

■ドリチはスレッドで樹脂とSSのあわせ技一本。
zq-trio-mtl-rta-08

■袋の中身。Oリングとコイル固定ネジの予備とプリメイドコイル2種類、マイナスドライバー。
zq-trio-mtl-rta-09

■プリメイドコイルひとつめ。ツイスト。
zq-trio-mtl-rta-11

■プリメイドコイル2つめ、ヒューズドっすね。
zq-trio-mtl-rta-10

■あと靴紐コットンも入ってました。
zq-trio-mtl-rta-12

■さてRTA本体。ちょっと高級感あるデザインですね。そんな高くないけど。
zq-trio-mtl-rta-13

■ちょっと上から見るとこんな感じ。
zq-trio-mtl-rta-16

■トップには3つ穴のエアホール。デフォで細いドリチが付いてます。
zq-trio-mtl-rta-14

■バラしました。
zq-trio-mtl-rta-17

■デフォのドリチ。細い。キャップとの接続は普通に510です。
zq-trio-mtl-rta-18

■内径は3.7mmぐらい。こちらもストレート。
zq-trio-mtl-rta-19

■で、SSと樹脂に分解できる。
zq-trio-mtl-rta-20

■トップキャップ。
zq-trio-mtl-rta-21

■裏側。
zq-trio-mtl-rta-22

■真ん中のやつ。チムニーでキャップと接続するタイプ。
zq-trio-mtl-rta-23

■裏返すとこんな感じ。チャンバーの天井はドームになってます。
zq-trio-mtl-rta-24

■エアフローコントロールリングも外せるのでメンテ性もバッチリ。
zq-trio-mtl-rta-25

■タンク部分。
zq-trio-mtl-rta-26

■これも樹脂とSSの合体ですね。
zq-trio-mtl-rta-27

■さてデッキ。
zq-trio-mtl-rta-28

■真上から撮るとこんな感じ。
zq-trio-mtl-rta-29

■ボトムエアのところがちょっと高くなってて伝い漏れしにくくなってます。ジュースホールは小さいのが3つ。コットンを落とし込む所は内径2.5mm内径で組んで丁度良い感じ。
zq-trio-mtl-rta-30

■サイドエアホール。逆側にもあいてます。
zq-trio-mtl-rta-31

■ワイヤー固定ネジを外すとこんな感じ。
zq-trio-mtl-rta-32

■上がサイドエアの調整、下がボトムのそれ。どっちも全開だとこんな感じで、
zq-trio-mtl-rta-33

■どっちも最小にするとこんな感じ。全閉にもできます。
zq-trio-mtl-rta-34

■おしり。ポジピンがねじ式じゃないんですね。うーん、ねじ式のほうが好き。
zq-trio-mtl-rta-35

■付属のツイスト、0.4Ω。
zq-trio-mtl-rta-37

■コットンワークはすごい楽だった。
zq-trio-mtl-rta-38

■リキをチャーします。
zq-trio-mtl-rta-39

■付属のヒューズド。これが案外低抵抗すぎなくて0.5Ωでした。
zq-trio-mtl-rta-41

■手持ちの28ゲージカンタルで。1.0Ω。これが合うかっていうとそうでもなかった。
zq-trio-mtl-rta-43

■WYE-2と。
zq-trio-mtl-rta-45

KIZOKUのテクニカル。そこそこ高さのあるRTAなのでステルスMODに合いますね。
zq-trio-mtl-rta-46

タクテクに。合うけどちょっと全長が出過ぎ感ある。
zq-trio-mtl-rta-47

■22mmなのでPicoに乗ります。
zq-trio-mtl-rta-48

■うむ。
zq-trio-mtl-rta-49


[ZQ Trio MTL RTA の仕様]
外径:22mm
高さ:49.3mm(コンタクト除く)
チムニー内径:3.7mm
ポスト間:5.9mm
チャンバー内径:14.6mm
ボトムエアホール径:1mmちょい
サイドエアホール幅:2.5mmぐらい
サイドエアホール高さ:見た感じ1mmぐらい
デフォのドリチ内径:3.7mm
パーツ袋のドリチ内径:5mm
(全て実測値)

カラバリはブラック、ガンメタ、SSの3色。
リキッド容量は2mlとのこと。 

付属のツイストのコイル。
MOD計測値で0.5Ωでした。
ボトムサイド全開。
トップを1つか2つ開けてようやくDLできるかなっていうぐらいの重さなので、トップ1/3ぐらいで。
ドリチは太い方が合ってました。
なるほど美味しい。
普通に美味しいっすね。うん。
ドロー重くしたほうがソレっぽいんだけどこの抵抗値だとこのぐらいで丁度良いと思う。
ワッテージ下げりゃいいっちゃいいんですけど、だったら高抵抗ヒューズドとか28ゲージ単線とかいろいろ手があるよねっていう。
このアトマに0.5Ωのツイストが付いてる意義は「MTLだけどDL寄りの使い方をしても美味しいよ」っていう主張かなと一瞬思ったんですが、もう一つのプリメイドもヒューズドだった。
ともあれ、実際ダラダラ吸うには丁度良い感じでしたよ。
ドリチは太い方が合ってた。

付属のヒューズド。
ああうん、美味しいよ。美味しい。
けどMTLっていう運用じゃないような。
サペミニとかゴブミニみたいっていう印象なんだけど例えが古いスよね。
0.5Ωぐらいの抵抗値が好きならこれや!っていうステキさがあるわけです。ボトムを5段階中の3、サイドを2ぐらい開けると丁度良いです。
こちらもドリチは太い方が良さげ。
ドローはスカスカでなくて、ミスト量もきっちり出しながら味も飛ばないっていう初期サブオームの味わい。
USの甘々なリキッドだとちょっと合わないけど、たいていのリキッドが美味しく吸えるぐらいのセッティング。
たぶんこれ、そういうやつ。

自前のカンタル28ゲージ、ドリチは細い方で。
うん、そうでもない。いや、普通に美味しいんですけどね。
トップとボトム全閉にしてサイドは一番小さい穴の半分ぐらい。
これぐらいの閉じ具合でようやくMTL的なドロー感になります。
つまるところ、ドローのレンジはMTLチューンじゃないって事。
でも0.3〜0.5Ωぐらいで運用するならドンピシャだと思います。
トップエアフローもあるしもうちょい下でもいけると思いますが、爆煙ドバー!みたいな所までは手が届かない感じ。

ビルドが簡単で、エアフローの組み合わせが多彩だし面白いですね。
あと見た目がかっこいいし。

そんな感じでーす!


にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします!